TOP > 巡の環とは > スタッフ紹介




スタッフ紹介


■スタッフ紹介

■阿部 裕志(あべ ひろし)
代表取締役/地域づくり・教育事業プロデューサー

愛媛県生まれ愛知県育ち。京都大学大学院(工学研究科)修了後、トヨタ自動車入社。生産技術エンジニアとして新車種の立ち上げ業務に携わる。しかし現代社会の在り方に疑問を抱き、新しい生き方の確立を目指して入社4年目で退社。2008年1月、「持続可能な未来へ向けて行動する人づくり」を目的に株式会社巡の環を仲間と共に設立。2011年4月より海士町教育委員に就任。大学在学中から自給自足できるようになることを目指し、アウトドアや農業を通して大自然の雄大さ、命のありがたみを学ぶ。海士に来てからは素潜りにハマる。
■信岡 良亮(のぶおか りょうすけ)
取締役/メディア事業プロデューサー

株式会社 巡の環 の取締役。関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら大きすぎる経済の成長の先に幸せな未来があるイメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。
小さな経済でこそ持続可能な未来が見えるのではないかと、島根県隠岐諸島の中ノ島・海士町という人口2400人弱の島に移住し、2008年に株式会社巡の環を仲間と共に企業。6年半の島生活を経て、地域活性というワードではなく、過疎を地方側だけの問題ではなく全ての繋がりの関係性を良くしていくという次のステップに進むため、2014年5月より東京に活動拠点を移し、都市と農村の新しい関係を模索中。
■川島 稔(かわしま みのる)
メディア事業コーディネーター

埼玉県熊谷市出身。専門学校卒業後、2006年海士へ移住。フリーランスとしてWEB関係の仕事を手がけた後、2009年巡の環に参画。WEB制作に加え、地域の要望に合わせて動画やチラシなどの制作をする。みんなから「かわちゃん」と呼ばれ親しんでもらえている。
目指すは地域のマルチデザイナー。事務所内のものづくり・修理・機器まわり担当。
■銭谷 亜沙美(ぜにたに あさみ)
メディア事業(物販)/総務・経理

大阪府吹田市出身。立命館大学政策科学部卒業。京都市内のまちづくりNPOスタッフを経て、2010年7月に巡の環のインターン生として海士へ。夏場のカフェ運営では、短期間で地域の憩いの場を作ってしまうしっかり者。アートが好きで、描くイラストは評判がいい。島暮らしをもっと味わいたいと、期待に胸が躍る。2011年3月より社員に。
子育て中につき、現在週一で勤務中。
■吉村 史子(よしむら あやこ)
総務・経理/村上家資料館業務サポート

東京出身、茨城県つくば市育ち。先祖代々のルーツは佐渡が島。東京外国語大学中国語学科卒業。島暮らしがしたいと2011年9月にインターン生として海士へ。
その後島の住職と結婚し、めでたくY(嫁)ターン。2012年5月から巡の環で働き始める。日本酒をこよなく愛し、居酒屋通いを子育て後の人生の楽しみに据えている。
2015年12月より育児休暇を経て復職、一児の母。
■角 真理子(すみ まりこ)
物販事業/
村上家資料館業務
島根県出雲市出身。島根大学教育学部卒業後、2年間島根県立青少年の家にて体験活動の支援員として勤務。勤務するなかで地域に関わる仕事に興味をもち、2013年4月より巡の環にて働きはじめる。
海士にきて初めての畑に挑戦。仕事も生活も全てが日々勉強で修行中。
■岡部 有美子(おかべ ゆみこ)
地域づくり・教育事業コーディネーター/広報

埼玉県熊谷市出身。中央大学総合政策学部卒業後、IT企業に勤務。エンジニア、技術営業、マーケティング、新規サービス企画とマルチなキャリアを歩む。東京で新しい働き方を模索する中、阿部と出会い、2014年3月に海士五感塾の参加者として初めての海士へ。

2015年1月に、人が行動するキッカケづくりと未来の仕事づくりの新たなステージとして、巡の環に入社。
島の人たちと飲みながら、島の素材を使った新しいおつまみのレパートリーを増やす日々。
■大野 祥子(おおの しょうこ)
物販事業

静岡県出身。高校卒業後、上京。広告営業、インテリア雑貨メーカーでプロモーション、PRを経験後、結婚を機に海士町に移住。

巡の環では海士webデパート担当、お昼のまかない当番としてめぐりのくいしんぼうたちの胃袋を満たしている。
趣味は、旅行と料理。特に島の素材を生かしたグラノーラ作りに力を注いでおり、 島内外での認知度アップ、販路獲得を目論んでいる。
■浅井 峰光(あさいたかみつ)
地域づくり・教育事業

愛知県長久手市出身。明治大学商学部卒、同大学院中退。
マーケティングコンサルティング企業での1年半のインターンを経て、起業&地域人材育成事業立ち上げに参画するも挫折。

日系PCサプライ企業にてマーケティング&商品企画に従事後、NPO法人G-netにて地域中小企業の人材活用力向上と、大学生のキャリア教育に携わる。

その後、自動車系機械メーカーの事業継承に携わりながら、長久手市地域づくり団体「なでラボ」に参加。地域づくり先進地として海士町に視察訪問した際に、より多くの人が「イキイキ」を感じられる日本に向けて、まずは自らがライフスタイル変革を体感しようと思い海士に移住を決意。田んぼのとなりの一軒家にて「ていねいな暮らしを実践中。
■佐藤 秋佳(さとう しゅうか)
総務・経理

宮城県南三陸町出身。日本女子大学英文学科卒業後、IT企業にて広報業務を担当。3年間の勤務後、2016年より巡の環に入社。
大学在学中に巡の環にてインターンをしており、海士のエネルギーや島民の人となりに惚れ込みめでたくカムバックを果たす。
地元に近い環境の中で、日々地域の面白さ、恩恵を受けて活動中。 おすそ分けスキルもめきめき伸びているこの頃。

 

■卒業メンバー

■高野 清華 地域アーカイブ制作/研修コーディネート/事務担当
熊本県生まれ。学生の頃から様々なNPO活動に携わる。米国留学を経て県内の大学を卒業。東京で会社勤務をしながら市民メディア活動に従事し、通訳の勉強をする。持続可能な地域づくりを目指して、2007年に海士へ移住。巡の環立ち上げメンバー。地域アーカイブを担当し、お年寄りから知恵や技について聞き書きをする。2012年3月、巡の環を卒業し鳥取県米子市に居を移して山陰地域でフリーランスのライターとして活動後、現在は熊本県山都町に移り活動を続けている。
■叶 雅美 物販/イベントコーディネート担当
奄美大島出身。高校卒業後は「島から出たい」の一心で茨城大学へ進学するが、いつしか故郷に帰って恩返しがしたいという夢を抱き始める。琉球大学大学院修了。沖縄の民間企業に勤めた後、2009年巡の環に参画。故郷での島おこしを視野に入れ、主に島の物品販売とイベントコーディネートに奔走した。2012年3月、巡の環を卒業し現在は沖縄県伊平屋島にて更なる修行を積む。
■松島 宏佑 企画開発/漁業流通コーディネート担当
宮城県白石市出身。宇宙物理学者を目指し、東京工業大学理学部卒業。国家Ⅰ種試験に合格し、一時は国家公務員を目指すも、縁あって2010年6月に巡の環入社。地域×教育のコンテンツ開発や漁業の流通に挑む。2011年3月、東日本大震災直後に被災地入りし、現在は宮城県亘理町にて一般社団法人ふらっとーほくを立ち上げ、わたりグリーンベルトプロジェクトを推進中。
■細谷 恭一郎 短期インターンシップ
東京都出身。早稲田大学卒業後、2009年9月に巡の環のインターン生として海士へ。名水サミットin海士を中心としたイベントの補助や、写真撮影の技術を生かしカメラ講座を開いた。2010年3月、インターンを終了し、現在は東京都で大手メーカーの営業として国内外を奔走中。
■森田 朱音(もりた あかね)
メディア事業(物販)/総務・経理

福岡市出身。立命館大学政策科学部、九州大学大学院農業経済学科修了。修了後、全国各地の地域づくり、観光地の活性化に取り組むマーケティング会社で地域づくりのコーディネートに携わる。2013年8月に同社を退社後、創業メンバーとの縁で巡の環に合流。趣味は地域のおじいちゃんとお酒を飲むこと、地域の特色に触れる旅、狩猟。2014年5月現在、島根県美郷町へ移住し、念願(?)の狩猟生活を始める。
■高橋 亜紗子(たかはし あさこ)
教育・メディア事業(物販)

青森県八戸生まれ、北海道札幌育ち。現代アートや、視覚障害の方のための映画音声ガイドの活動に触れる中で、人が元々もっている五感を大切にする事や、それぞれの感性の違いを大事にする生活に興味を持つ。2013年4月より巡の環で働き始める。まずは、自分の生活から丁寧に手作りの物を取り入れていこうと、化粧水作りなど勉強中。自然、森、海、動物、のんびりすることが大好き。極度の方向音痴なので、道を覚えるべく、毎日海士町を巡る毎日。
■石坂 達(いしざか とおる)
地域づくり・教育事業コーディネーター

埼玉県朝霞市出身。東京農工大学農学部卒業後、東京のERPパッケージメーカーでコンサルタントとして勤務。 既に海士町に移住していた同期からの紹介で巡の環を知り、新たなチャレンジの場として転職を決意。 2012年10月から働き始める。 巡の環入社後は、企業や自治体の研修、公募型プログラム、大学フィールドワークのコーディネートやファシリテーション、地域づくり事業の企画、運営、実行を行う。2015年12月退職、独立。
■植田 聡明(うえた としあき)
経営・財務・マネジメント
徳島県生まれ徳島県育ち。東京で大手外食チェーンに就職しマネジメント業務に携わる。 徳島県に帰省後も大手コンビニエンス会社で、お客様・現場目線で、企画運営を担当する。 東京一極集中、少子化高齢化が進み地域資源を活用し都市と地域の繋がりを良くするため 巡の環に入社。2016年2月末退職。