アーカイブ

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





M9.0地震が実家を襲った:自分にできることは?


皆さん

こんにちは。海士歴10ヶ月の松島です。
実は私、2011年3月11日よりずっと島外におります。

088.jpg

(3月19日、宮城県石巻市にて物資届けボランティアをしたときの様子:松島撮影)

■ M9.0 地震の衝撃

2011年3月11日、M9.0 の地震が日本を襲いました。
3月30日午前10時点で、死者11,232名、行方不明者16,361名、計27,593名。

私の実家は宮城県白石市、
大学入学までの18年間私が育った地です。
幸い津波の被害はありませんでしたが、
震度6弱の地震に襲われた市です。

高校の同級生や親戚には、
宮城県の沿岸部で暮らしていた方もたくさんいます。

だから、身近に今回の地震によって影響を受けた人々がたくさんいます。

幸い家族は無事だったのですが、
・ 警察官として働いていた高校の同級生が津波で殉職したり
・ 実家が津波でまるまる流された友人や
・ いちご農家として生計をたててきたが、いちご畑がすでて津波で駄目になった親戚
 ...etc 

今回の震災、
決して人ごとに捉えられません。

■ 自分にできることは何か?

そんな中、今私は実家のある宮城県白石市にいます。
ここを拠点として、今回の被災者に対して自分にできることはないか?
と考え動き続ける日々です。

今後、最低週2回、私の震災への取組みレポートを
巡の環ブログにアップしていこうと思っております。

この記事は、簡単に3月11日から今までの動きを共有して
終りにしようと思います。

・宮城県石巻市、仙台市へ:富山県の有志の方による物資届けボランティア
・宮城県白石市: メディアに出ない情報を個人ブログに流す
・福島県相馬市: 白石市にあるNPOの方々と、物資届け手伝い+情報収集

また、現在は宮城県亘理郡山元町で活動しております。
こちら複数プロジェクトが同時進行中でして、
詳細はまた別のブログにてお知らせ致します。

皆様の無事を祈って。

松島宏佑


2011年3月30日 11:38