2011年
  • 3月 [2]
  • 4月 [3]
  • 5月 [4]
  • 6月 [3]
  • 7月 [6]
  • 8月 [2]
  • 9月 [4]
  • 10月 [1]
  • 11月 [1]
  • 12月 [2]
  • 2012年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 4月 [3]
  • 5月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [18]
  • 8月 [7]
  • 9月 [6]
  • 11月 [1]
  • 2013年
  • 3月 [4]
  • 4月 [1]
  • 5月 [1]
  • 6月 [6]
  • 7月 [1]
  • 9月 [3]
  • 11月 [1]
  • 2014年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [2]
  • 8月 [2]
  • 9月 [2]
  • 10月 [1]
  • 2015年
  • 2月 [3]
  • 3月 [2]
  • 4月 [2]
  • 7月 [1]
  • 8月 [3]
  • 9月 [1]
  • 2016年
  • 4月 [1]
  • 9月 [1]
  • 10月 [2]






  • miniP1050183.jpg

    はで干し完了です。

    稲の種まきにひたすら通った4月。
    5月にみんなで田植えをし、途中機械が故障したのも記憶に新しく、
    それから毎日「田んぼ当番」を順番で回して
    水がなくならないかを管理して、
    田んぼの周りの草刈に、田んぼの中の草抜きを行いました。

    そして稲刈り準備で、えいそ(縄)づくりに、はで木組みをやって
    ようやくたどり着いた稲刈り。

    miniP1050158.jpg

    この日は天気に恵まれて、朝から総出で頑張りました。
    またまた役場の方と、地域の方のお手を借りながら2時間程で刈り終わり。

    miniP1050166.jpg

    バインダーで刈ったものを大きな束にしてえいそ(縄)でしばります。

    隠岐自然村に新しく入ったインターン生の方も力仕事頑張ってます!
    「昨日東京から隠岐に引っ越してきて、さっそく自然や地域の人と触れ合う機会があって嬉しい」
    と喜んでいました。

    miniP1050167.jpg

    さいごに「うらすけ」をします。
    干した稲の後ろからもはで木で支えて倒れないように補強です。

    miniP1050182.jpg

    阿部も信岡も地域の方に習って縄できつく縛っていきます。

    そしてなんと
    さいごのさいごに軽トラが田んぼの泥にはまってしまいました。

    男たちが力の限り押してます。

    あまりの勢いで前に倒れてしまったK氏。
    田んぼの勲章をあげます。

    miniP1050177.jpg

    皆様お疲れ様でした。
    そしてお手伝いいただいた隠岐自然村の皆様と地域、役場の方々に御礼申し上げます。

    新米が出来上がったら、ぜひ収穫祭(試食会)やりましょう~~^^

    2011年9月27日 13:49


    先週の三連休に稲を干すための「はで」をたてました。

    地域の方に教わりながら(というかほとんどやってもらった・・)
    木と竹を組んでいきます。

    最初に穴を掘って、木をさしていい具合にななめに倒します。




    mini110918_142142.jpg

    そのあと竹を横にして、木に結び付けて 
    ズリ落ちないようにします。

    ロープを使って縛っていくのですが、
    このロープでの結び方に知恵がありますね。
    地域の方はこれを一人で組んでいたそうで、関心しました。

    通りがかった役場の方の応援もあって、なんともスピーディにできあがりました。
    本当にありがとうございました。

    できあがったはでに刈った稲をのせていきます。

    miniP1050149.jpg

    このはで組みのやり方は地域特有の珍しいものだそうです。

    稲を二股にしてかけるタイプではなく、
    わら束をそのまま竹の間にのせるタイプです。

    ここから約一ヶ月間天日干しにします。

    なので、はで干し新米の味レポートはもうしばらくお待ちください^^

    2011年9月21日 11:04


    こんにちは。

    お久しぶりです。叶です^^


    今日は朝から「えいそ」作りというものを行いました。
    「えいそ」とは何ぞや?と思われた方も多いかと思います。
    私も始めて聞きました。
    「えーそ」という風にも聞こえます。


    それを作っている風景がこちら↓

    ①まず藁をキレイにそろえて、余分なものをそいでいきます。

    P9131738.JPG


    ②次にその「えいそ」とやらを作ります。
    藁を一握りくらい取り、それを二つに分けて、
    ねじったり、縛ったりしながら紐を作るのです。

    P9131741.JPG


    最初のうちは「えっ、どうやって作ったの?」と
    作り方がわからずちょっと頭を抱えてしまいますが、
    慣れてくるとどんどん作れちゃいます♪
    午前中のうちで200本ほど作りました。

    P9131737.JPG



    今日の先生は私たちの田んぼがある地区に住んでいる
    おじいちゃん。

    「昔はよう、やったけど、今やるもんはおらんよ」といいながら
    作り方を教えてくださいました。

    さて、この紐、何をするためのものか分かりましたか?

    正解は...


    刈った稲を縛るための紐」

    でした^^


    巡の環田んぼも収穫の時季です。
    今月末には稲刈りを行う予定です。
    その前の事前準備ということなのです。
    ハデ干しをする予定なので、この紐は絶対に欠かせないのだとか...。
    ビニールなどの紐で縛るとツルツル滑ってしまってダメなんですって。

    次の年のために藁をとっておくことも
    刈った稲を縛るための「えいそ」をとっておいた藁で作ることも
    ハデを作るために木や竹を用意しておくことも
    稲を刈る前にハデを作っておくことも
    段取り上手にならないと仕事ってできないんだなと感じました。

    いろんなことが勉強になります^^





    2011年9月13日 15:10


    miniP1040918.jpg

    こんにちは。萩原です。

    今日田んぼ当番なので宇受賀の巡の環の田んぼにいってきました~。

    たわわに実ったお米たち。
    そろそろ稲刈りが来週くらいから始まる見込み。
    一斉に稲刈りがされていく風景も
    秋の風物詩ですね^^

    ただ台風が近づいていて稲が倒れないか心配です。
    稲が倒れると機械での作業が難しくなるので、
    農家さんは困ると聞きました。


    miniP1040917.jpg

    黄金に輝く稲たち。

    青い服をきて田んぼの中に入って「ナウシカごっこ」をするとかしないとか・・。(^^;)




    2011年9月 2日 14:31