2011年
  • 3月 [2]
  • 4月 [3]
  • 5月 [4]
  • 6月 [3]
  • 7月 [6]
  • 8月 [2]
  • 9月 [4]
  • 10月 [1]
  • 11月 [1]
  • 12月 [2]
  • 2012年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 4月 [3]
  • 5月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [18]
  • 8月 [7]
  • 9月 [6]
  • 11月 [1]
  • 2013年
  • 3月 [4]
  • 4月 [1]
  • 5月 [1]
  • 6月 [6]
  • 7月 [1]
  • 9月 [3]
  • 11月 [1]
  • 2014年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [2]
  • 8月 [2]
  • 9月 [2]
  • 10月 [1]
  • 2015年
  • 2月 [3]
  • 3月 [2]
  • 4月 [2]
  • 7月 [1]
  • 8月 [3]
  • 9月 [1]
  • 2016年
  • 4月 [1]
  • 9月 [1]
  • 10月 [2]






  • 阿部です。

    今日は3.11。東日本大震災からはや1年。

    1年前のあの日を忘れないために思い出しながら振り返ってみることにします。

     

    2011.3.11
    午後3時過ぎのフェリーで帰る五感塾関係のお客さんを見送って、

    そのときに港で人から聞いて地震のことを知り、事務所で緊急体制をつくって

    みんなで手分けしてtwitterつかったりして仲間たちの安否確認を行いました。

    宮城出身のスタッフの松島を現地派遣する決断をして、

    夕暮れギリギリにテントやバーナーなどを詰めたザックを渡して

    チャーター船で本土にわたして現地派遣を1呼吸。

     

     20110312.jpgのサムネール画像

     

     

     

    夕食を食べてから仲間たちと、気になる地域の無事情報を集めるサイト、buji.meの制作に加わり、仲間たち50名近くでskypeを使い同時に作業を分担しながらいろんなプロジェクトが進んでいきました。ケータイメールのアンケート形式で、現場のライフラインなどに関する生の情報を集めて支援を円滑にするためのサイト、genba.inを企画して制作。途中から、別の活動団体に仕組みを渡して活用してもらうことになりました。また、海士町への避難者の受入も表明して町内調整に奔走。

     

    平穏な海士町にいるけれども、ネットから現場情報が入ってくるので事務所内は異様に緊張感が高まり、寝ずに作業をする々が続きました。

     

    次に活かせられることをまとめてみます。

     

    ■チーム内の情報共有の仕組み

    震災関連の情報(地震、原発、政府の動き、避難者受け入れ情報、支援団体)を手の空いている仲間にネットで調べて収集してもらい、googleドキュメントで共有しました。作業に没頭しても、仮眠をとっても、その間に起きた震災関連の情報をすぐにできるので、ほかのメンバーの情報に追いつけます。こんなドキュメントでした。

    https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0ArU6C_s_yLscdHZXVFg4cDJPbmh1UVdJd0wyN2ZFNWc#gid=4

     

    genba.in

    企画してから

     

    2012.3.11
    海士町のキンニャモニャセンター創業祭にあわせて灯篭を作り、
    夜8時~8時半はキャンドルナイトを行います。


    3.11キャンドルナイト(イメージ).jpg




    2012年3月11日 08:31