2011年
  • 3月 [2]
  • 4月 [3]
  • 5月 [4]
  • 6月 [3]
  • 7月 [6]
  • 8月 [2]
  • 9月 [4]
  • 10月 [1]
  • 11月 [1]
  • 12月 [2]
  • 2012年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 4月 [3]
  • 5月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [18]
  • 8月 [7]
  • 9月 [6]
  • 11月 [1]
  • 2013年
  • 3月 [4]
  • 4月 [1]
  • 5月 [1]
  • 6月 [6]
  • 7月 [1]
  • 9月 [3]
  • 11月 [1]
  • 2014年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [2]
  • 8月 [2]
  • 9月 [2]
  • 10月 [1]
  • 2015年
  • 2月 [3]
  • 3月 [2]
  • 4月 [2]
  • 7月 [1]
  • 8月 [3]
  • 9月 [1]
  • 2016年
  • 4月 [1]
  • 9月 [1]
  • 10月 [2]







  • こんにちは。巡の環の萩原です。
    怒涛の3月が終わって、ぼちぼち振り返りながら3月のことを書いています。

    かわちゃん(川島)がありがとうの会のことを書いてくれたので、
    私は夕食交流会について書こうと思います。

    とその前に少しだけありがとうの会の感想。
    私自身海士で初めて司会をさせてもらいました。
    一人じゃなくて、かわちゃんと一緒だったのでまだ安心感がありました。
    笑いをつくりだせない司会ですみません><
    今後の課題ですね。

    あとあの場はとっても楽しかったです。
    手伝ってくれたメンバー含めて、楽しみながら、柔らかく、温かい空間にしたいね
    と話していたので、場の雰囲気にあらわれていたかなぁと思います。
    もちろん地域の人があれだけたくさん来てくれて、内心緊張していましたが・・。

    さてさて夕食交流会はどうだったかというと、
    食事はいつもお世話になっている桑本千鶴さんのイタリアンのごちそうが並びました。
    卒業メンバーも大喜びでした。

    P1070058.JPG

    本当にたくさんの方とお食事をさせてもらいました。
    信岡の名司会で途中で席替えをしたり、おもしろアナウンスが入ったりと
    場を盛り上げてくれました。

    P1070075.JPG

    盛り上がりのピークはやはり民謡。
    三味線、歌は生演奏。(ありがとうございました^^)

    日々練習に励むヤングつば喜のメンバーで躍らせてもらいました。
    P1070092.JPG


    舞台での民謡のあとは、みんなで「キンニャモニャ」!!
    しゃもじの代わりにみんなおはし持ってます(無礼講で(笑))

    P1070108.JPG

    生演奏に合わせてみんなで踊って。
    飲んで騒いで歌って・・と楽しい時間は流れていきます。

    最後に卒業生それぞれからコメントをもらって、
    「う~さ~ぎ~お~いし♪」の歌の大合唱でしめました。

    P1070100.JPG

    阿部さんもすごい楽しそう^^

    このあと二次会に流れて、夜は更けていきました・・


    2012年4月13日 17:27


    川島です。

    綱引き大会も無事終了し、
    桜も満開になりました。

    3月に開催した「ありがとうの会」ですが、
    巡の環として海士で会社を立ち上げて4年が経ちました。
    5年目に突入したことで地域の皆さまへの「感謝の気持ち」を込めて
    この会を開催させて頂きました。


    P1060976.JPG


    まずは取締役の信岡から挨拶があり、
    弊社代表の阿部から活動内容についてプレゼンしました。
    P1060987.JPG


    この後はお楽しみとして、スタッフの叶が琉球舞踊を披露しました。
    P1070002.JPG

    休憩を置いて、
    卒業するメンバー3人から海士で学んだ事などをひとりずつ発表しました。

    まずは叶から。
    P1070013.JPG

    続いて高野の発表。
    P1070021.JPG

    最後に東北で活動している松島。
    P1070038.JPG


    3人の発表が終わり、
    海士町長からお言葉を頂いて無事に閉会することができました。

    川島と萩原はどうしたかというと、
    この会の司会をさせていただきました。
    楽観はしていたのですが、
    たくさんの人の前に立ってしゃべるのは
    とても緊張しました。

    また、
    休憩中などに会場の後ろにイベントや制作物の実績として
    写真やチラシ等を張り出していました。
    こうしてみると沢山あることに気付かされます。
    P1060970.JPGP1060969.JPGP1060968.JPG


    ※ustreamで「ありがとうの会」の様子がご覧になれます。

    (動画のリンクhttp://ustre.am/:1qSXh

    ===================================================
    最後に、ありがとうの会に来ていただいた方々から感想をいただきました。
    中から幾つか抜粋いたします。

    たくさんのご感想を頂きましたこと、
    この場を借りてお礼を申し上げます。
    ありがとうございました。


    ーーーーーー 以下 皆さまからの感想 ーーーーーー

    巡の環のメンバーを見ていると、こちらにも元気が伝わってくる感じがします。
    いつも楽しそうにいきいきと働いておられる姿がとても素敵だと思いました。
    (中略)
    卒業される方も新転地で力を発揮されることでしょう。
    ご活躍をお祈りいたします。本日はありがとうございました。


    4年間の取り組みを見させていただき、改めてそのご活躍ぶりに感動させて頂きました。
    地元の私達以上に地域の中に入り、地域の生の声を形にし、「すばらしい」の一言です。
    そしてありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。
    私達にできることなんでもお手伝いしたいと思います。


    どうしようかなぁ~と思ってたけど、来てみて良かったです。
    巡の環がますます充実し、皆さんから見放されないまち(海士)が続きますよう
    その中の一コマでありたいと思いました。


    3名共、各々の中に積み重ねたものがあるから、今結果を出せていると思います。
    胸を張ってこれからも頑張ってください。


    「くらし」と「かせぎ」と「しごと」という言葉に
    なにか私もヒントを得たように感じました。
    ありがとうございました。


    お三方が揃って「島の人から学ばせてもらった」という言葉を
    使っておられたのが印象的でした。
    私も同じようにこれから感じるのだと思うと楽しみです。


    巡の環が地域に愛されていることを相互に確認するような場だったと思います。
    素直に「うらやましい」し、素敵だなと感じました。
    これからもずっと巡の環が海士と良い関係を保ちながら、
    もっといい海士の地域づくりに関わっていって欲しいと心から願います。


    色んな思い出があって、それを共有しようと考えられたことや、
    海士町の人々に感謝の気持を伝えたいという思いが痛いほど伝わって来ました。
    (中略)
    巡の環の皆さんの感じたことを知れて、
    少しでも海士のみなさんに近づいた気になりました。


    2012年4月12日 15:32


    おはようございます、阿部です。

    いよいよ新年度がスタートしましたね。
    巡の環を卒業してそれぞれの道へ巣立っていった3名(高野・叶・松島)を見送り、
    スタッフが4名(阿部・信岡・川島・萩原)の新体制になりました。
    盛大な見送りをしてくださった皆様、どうもありがとうございました。

    今朝も、よく来てくれる漁師のおじいちゃんが事務所に
    びに来てくれて、いろいろな昔の話を聞かせてもらいました。
    海の話、祭りや神楽の話、胴打ちの名人の話。
    自分たちの住んでいる土地の歴史を知ることは、
    なんだかとても楽しいし、大切なことだなぁ、
    と改めて思う海士5年目です。

    下の写真は、昨年11月に上智大学の授業で、
    海士町崎地区の方々に話を伺っていたときのものです。
    この時の様子はこちら
    IMG_0354.JPG


    最近読んだ、内山節さんの「里という思想」という本にも
    歴史について書かれていてすごく勉強になりました。
    僕の記憶によると、たしかこんなことが書かれていました。

    ----------------------------------------------------------------------
    私たちは正しい事実は1つであるという思想に基づき、
    より正しいと思われる過去を調べ、それらを蓄積して
    歴史と呼び、学んできた。

    では、はたして歴史とは1つだけなのだろうか。

    たとえば、おじいちゃんやおばあちゃんから聞く昔話。
    実際にあったかどうかは分からないけれども、
    その物語がおじいちゃんやおばあちゃんの意識の中では
    ちゃんと存在していたことは事実。
    その物語を事実と違ったからといって否定していいのだろうか。

    山でキツネにだまされたという話も
    今では昔話を語り継ぐだけになっているが
    戦後すぐのころまでは、つい昨日あった話のように
    自ら語る人がたくさんいたようだ。

    この頃までは、キツネは同じ地域に住む「隣人」として
    親しみを持って語られていたのに、今では動物園にいる
    人間とは違う種としての「動物」になってしまった。

    事実と違うかもしれない物語に潜んでいる
    先人たちからのメッセージは何なのか。

    私たちは近代化の発展の中に
    なにか大切なものを置き忘れてしまってはいないか。

    ----------------------------------------------------------------------

    海士に住んでいると、歴史について話を聞く機会がたくさんあります。
    この話をどう受け取るかで、未来にどう活かしていくのかが変わります。
    んー、奥が深い。


    話はかわりますが、下の写真は
    今週末に行われる町内綱引き大会の数年前のものです。
    IMG_1134.JPG

    各地区対抗で、綱引きだけで1日中町内が盛り上がり、
    夜は祝勝会か反省会と称して、大いに酒盛りです。
    そのおいしいお酒を飲むために、毎晩練習があります。

    こんな元気な海士で私たち巡の環は
    人の歴史の重みを学び、
    「なにを後世に残していくのか」
    を考えながら、丁寧な暮らしを楽しみ、
    様々な活動を展開していきます。

    今年度もどうぞよろしくお願いします!

    2012年4月 2日 10:11