アーカイブ

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





田んぼツアー第1弾*田植え


いい天気に恵まれた田んぼツアー第1弾。
島外から7名の方がきてくれました。

今回のツアーは年4回を予定しており、
日本の原風景を守りたいという想いと、
日本の食や、文化の原点であるお米づくりについて
もっと知ってもらいたいという思いで開催しています。

ツアー一日目はお昼のフェリーで到着した後、
島のブランド、隠岐牛を味わってもらい、
役場の課長さんから町の取り組みについて話を伺いました。
その後は、最近NHKのテレビ放送で爆発的に注文が入った、
「いわがき春香」の生産場所を見学に行きました。
巨大ないわがきに感動しつつ、試食をさせてもらいました。

盛りだくさんの一日ですが、ここから釣りに出かけて、約2時間。
10人いて、1匹しか釣れなかった・・(このおかげで2日間毎朝釣りに出かけることになる)

最後は夕食交流会で初日を終えました。

前おきが長くなりましたが、ここからがツアーの本番。

【田植え】

朝8:30に集合して、宇受賀地区へ。
まずは神社にご挨拶。(「上手に稲が育ちますように・・」)

a2.jpg

田植えメンバーは(島外ツアー参加者 7名、地元高校生 2名、 商品開発研修生1名と友人1名、スタッフ4名)
総勢15名の初心者に加えて、地元のベテランの助っ人3名がきてくれました。

a6.jpg

植える前のポイントをご紹介。

地元で「ばば」と呼ばれているこの道具。

ぱっとみただけでは何に使うのかわかりません。

a3.jpg

実は手植え専用の線引き。
これをまっすぐに引いて、この線の上に苗を植えていきます。

a4.jpg

さぁ~て やるぞ!!
と全員 田靴(田んぼ専用の長靴)を履いて泥の中へ。
去年はだしでやったときに比べて断然足が動かしやすい。
田靴の効果バツグンです。


a7.jpg

神社の神様が見守るすぐそばでできるなんて光栄です。
スタッフもみんな田植えに夢中でほとんど写真がないのが残念><
だって田植えが楽し~い。

a8.jpg

10時になったのでお茶の時間にしました。
冷たいお茶にビスケットでほっと一息。
a9.jpg

通りかかった地元のじっちゃんも苗を投げてくれたりと手助けしてくれました。

a11.jpg

休憩の後は文明の利器を体験。

二畳の苗植えの機械に挑戦。
「はや~い」の歓声が上がるも、まっすぐ進むのは難しいです。
a12.jpg

地元の高校生も初体験。

a10.jpg

最後に登場したのが、6畳用の田植え機。これは車と同じで乗ったまま作業できます。
泥に一切足をつかないので、スーツ姿のままでも田植えが可能に・・。

a13.jpg

やってみて思ったのは、やはり手植えが一番丁寧でいいなぁと感じたこと。
でも人手がなくて、大変なのも事実。

2畳用の機械くらいがちょうどいいのではないかとみんなと議論してました。
もちろん植え方でそんなに味に差は出ないと思いますが、
気持ちの問題かな。

文明の進歩を体感できた田植えでした。

ツアーの続きはまた次回に書きます。

次回のツアーは【草刈とえいそづくり】
7月27日~29日を予定しています。
興味のある方は詳細をお伝えしますので、ご連絡ください。
定員10名です。
info@megurinowa.jp


2012年5月 8日 11:47