2011年
  • 3月 [2]
  • 4月 [3]
  • 5月 [4]
  • 6月 [3]
  • 7月 [6]
  • 8月 [2]
  • 9月 [4]
  • 10月 [1]
  • 11月 [1]
  • 12月 [2]
  • 2012年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 4月 [3]
  • 5月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [18]
  • 8月 [7]
  • 9月 [6]
  • 11月 [1]
  • 2013年
  • 3月 [4]
  • 4月 [1]
  • 5月 [1]
  • 6月 [6]
  • 7月 [1]
  • 9月 [3]
  • 11月 [1]
  • 2014年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [2]
  • 8月 [2]
  • 9月 [2]
  • 10月 [1]
  • 2015年
  • 2月 [3]
  • 3月 [2]
  • 4月 [2]
  • 7月 [1]
  • 8月 [3]
  • 9月 [1]
  • 2016年
  • 4月 [1]
  • 9月 [1]
  • 10月 [2]






  • 巡の環での25日間のインターンシップと、
    海士での27日間の生活が終わりました。
     
    海士に着て2日目から何回かフェリーの見送りをしてきましたが、
    自分が見送られる時が来てしまいました…
    たくさんの方がきてくれて…;;
    本当に本当に本当に本当にうれしかったです!!!
    うれしくてうれしくて泣いてしまいました…笑
    P1110206.JPG
    この1ヶ月弱、とにかく早かったです。
    そして、和歌山でみんなが何をやっているか、どうしているかなんて気にならないくらい
    毎日がすごく充実していて、早かったです。
    振り返るとそういう環境にいることができたこともすごく良かったです。
     
    インターンシップの最初に設定した私のこの1ヶ月の目標は
    「いろんな人を見る。そして、それに必要な聞く力を身につける」
    でした。
     
    この1ヶ月はとにかくたくさんの人に出会いました、
    海士に住んでいる色んな方たち
    漁師さんや農家さんなどの地元の方や、
    いろんな想い、いろんな考えを持ったIターンで住んでいる方など
    そして、海士の外からやってくる色んな方たち
    和歌山で学生生活を過ごしているだけでは絶対に出会うことのないような方にたくさん会いました、
    様々な企業、様々な場所で働いている方や、
    普段は全く関わることのない、他分野の研究そしている先生や都会の学生さんたち
    たくさんの人に出会い、たくさんの人の話を聞くことができました。
     
    学びに対して本気の大人がたくさんいること
    人の話を本気で聞くことがとても難しいこと
    自分のフィルターのしつこさ
    今までやってきたことと全く違うことをするときに
    どうしようもなく不安になったこと(今も不安は解消されないままです)
    たくさんの人で一つのものを作り上げることの気持ちよさ
    などなど、
    ツアーや研修を通して、私自身もたくさんのことに気付き、感じることが出来ました、
     
     
    そして巡の環を通してひしひしと感じたことは、
    「人のつながりの大切さ」です。
    事務所には毎日誰かが「こんにちはー」とやってきたり、
    田んぼツアーをするには地元の農家の方の助けなしでは成り立たなくって…
    でも、農家の方からすると、自分の仕事が増えて面倒なことなに、
    一生懸命に良い方法を考えてくれたり、
    ききがきの挨拶回りでは、どのお家に行っても
    歓迎されて、すぐに家にあげてくれて、お茶やお菓子をご馳走になったり、
    仕事以外でも地元の方たちと付き合いがあるようでした。
    こういう気風なのかもしれませんが、そういう関係を築くことができていることがすごいと感じました。
    でもこういう風に普段から地元の方とのつながりができていないと、
    ツアーや研修もできなくなってしまいます。
    自分を偽ってもすぐに分かってしまうようないわゆる田舎の人間関係。
    きっと面倒な面もあるだろうし、素の自分で毎日を勝負しないといけませんが、
    でも、だからこそできる深い関係があるんだと思います。
     
    私が地元の方にすぐに良く接してもらえたのも「巡の環」のインターン生という、
    「巡の環ブランド」があったおかげだろうとすごく感じました。
    「あー、めぐりのー!」とよく言っていただけました。
    そこである程度変な人じゃないと思ってもらえていた気がします。
    しかも。「もうすぐ稲刈りやね」と話が続いたり…
    根付いているってこういうことなんだなと思いました。
     
    そして、今後、出来るようになりたい課題ができました。
    ・人の話をちゃんと聞くこと
    ・何事にも想像力、気付くということをどこかで考えながら取り組む
    ということです。
    ただ、人の話を聞いたり、物事をとらえたり、表面的なことだけじゃなく、
    深いところに気付いたり、想像することを自然にできるようになりたいです。
    何事に対しても色んな「なんで?」を思えるようになりたいです。
     
     
    個人的にすごく嬉しかったことは、1ヶ月、1つの地区に浸れたことです。
    海士に来て3日目から始まったえいそ作りも宇受賀の方に教えてもらい、
    サンライズうづかの定例会に参加したり、
    上智大学のききがきのフィールドは宇受賀で、
    前後の挨拶回りで、他の方にも顔をなんとなく覚えてもらえて…
    実際に私もききがきをし、仲良くなった方ができました。
    巡の環の田んぼも宇受賀にあり、稲刈りではたくさんの方が手伝ってくださり、
    様子を見に来てくれる方もいました。
    そして、ききがきでお話を聞かせていただいた方に
    漁に連れて行ってもらったり、グラウンドゴルフに連れて行ってもらったり…
    そこから宇受賀のみなさんにも名前を覚えてもらえるようになったと思います。
    最後には1人でグラウンドゴルフに行くことが出来るようになったし、
    見送りにも宇受賀の方がたくさんきてくれて、本当に本当に本当にうれしかったです。
     
    私は昨年、卒業論文で、少しですが、地域に入って調査をしていました。
    なるべく地域の人と仲良くなることを目標にしていましたが、
    こんなつながりはできませんでした。
    地元の方からすると完全に「調査をしにきた大学生達」でした。
    せっかく地域に入る機会があったのに、すごくもったいないことをしたなと思います。
    次の修士論文(どうなるかは分かりませんが)では「調査をする」という目的だけではなく、
    もっとその地域、地元の方とのつながりを大切にして行動したいです。
     
    と、長くなりましたが、以上が私のインターンシップの振り返りです。
    今回海士で1ヶ月過ごして、すっかり海士の大ファンになりました!
    また会いたいと思える人がたくさんできました。
    なので絶対に絶対にまた海士に来ます!
    (下手したら産業文化祭にいるかもしれません…笑)
     
    最後になりましたが、巡の環の皆様へ
    よく分からない、何ができるのか、何をしたいのかもはっきりしないような私を
    インターンシップとして受け入れて頂き、本当にありがとうございました。
    いろんな人と出会い、自分の考え方に幅ができたと思います。
    まだまだいろいろ悩みながら、これからの学生生活を送って行きます!
    本当にありがとうございました。
     
     
    和歌山大学大学院 天津 

    2012年9月28日 18:39


    インターン生の天津です。
     
    9月16日_2日目スケジュール
    まずは神社にお参りをしました!
    DSC_8423.JPG
    1日目作業することばっかりでお参りしていなかったんですよね…
    だから天気が悪かったのか…?笑
     
    1日目の頑張りのおかげで終わる目処がたち、
    今日はゆるゆるおしゃべりしながら作業に
     
    DSC_8466.JPG
    あれだけたくさん作ったえいそが足りない!という事態に陥ったため、
    まずはみんなでえいそを作りました
     
    そこからは1日目と同じ作業
    けど途中、宇受賀の方がのぞきにきてくれたり、
    「初めてやるんやけどー」と言いながら一緒に作業をしてくれました
    DSC_8480.JPG
     
    DSC_8481.JPG
     
    DSC_8485.JPG
     
    DSC_8518.JPG
     
    DSC_8561.JPG
     
    そしてそして、ついにはで干し完成!!!!!
    みんなで汗をかきながらはでを組んで、稲を刈って、縛って、運んで、はでに乗せて完成したはで干し
    自分たちで作ったからこそ感じることができる嬉しさでした!
    すごく迫力があって、すごく愛着が湧いて、すごくきれいでした。
    DSC_8590.JPG
     
    DSC_8566.JPG
     
    そして稲を刈りきった田んぼとその田んぼに出来上がったはで干しを見ながら神社の参道でお弁当を食べました
    なんとか天気ももって、気持ちの良い風も吹いて、すごく気持ちよかったです
     
    お風呂に入り、昼からはグループに分かれて行動しました
    地元の方のお家にお邪魔してお話を聞いたり、
    海士町の取り組みや巡の環の取り組みと観光したり、
    それぞれ全然違う半日を過ごしました。
     
    そして晩ご飯の時にみんな再開
    お互いに昼からどんなことをしたのか共有しました。
    全員で一つの話題でずーっとお話したり、
    1日目とはまた違うとても楽しい会でした
    DSC_8648.JPG
     
    そして二次会へ!
    参加者もスタッフも誰1人欠けること無く全員で行きました
    お酒を飲みながら話をしたり、途中からはカラオケが始まり、
    全員が立って踊るほどの盛り上がりでした!
     
    9月17日_3日目スケジュール
    台風が近づいていて、
    午後のフェリーが欠航した場合を考えて朝の便で皆さん帰ることに…
    あまり時間がなかったのですが、振り返りをし、
    全員でこの3日間(2日間?)のことを振り返り、
    感じたことや、気づいたことを1人ずつ発表していきました。
    昨日の盛り上がりは、全員で作業した後、分かれて行動して、合流したのが「戻ってくる」という感覚で、
    そしてそれぞれ何をしたか共有したことが良かったのではと感じる方
    はでは効率のわるいものだが、それをみんなで協力して作ったということが大切
    便利さと豊かさは違うと、はでを作って感じた方
    肩書き関係なくみんながクリーンな状態で作業できて、みんな感覚が素直で、受け入れることができた
    それはこんな2日でできるものじゃないと感じた方
     
     
    フェリーが出航する20分前に急いで宿をでて、菱浦へ向かいお見送りしました。
    風が強くて、フェリーがなかなか回れないようでした!
     
    最後はばたばたでしたが、なんとか無事に終わりました。
    はでも無事台風を乗り越えることができました。
    DSC_8599.JPG
     
    えいそ作りからはでが出来上がるまでを体験できて良かったです。
    全員がほぼ初めての体験で、地元の方から教えてもらいながらの作業でした。
    肩書きや上下関係に関係なく全員が生徒のような立場で汗をかきながら作業をするという体験し、
    だからこそ、このはでが出来た時の迫力はすごかったです
    また、作業を通して生まれる信頼関係というものを感じることができました。
    たくさんのことを考えるというより、
    たくさんのことを感じた2泊3日でした。

    2012年9月20日 11:47


    インターン生の天津です。
     
    9月15日から17日まで田んぼツアーでした。
    台風がどうなるか心配でしたが、なんとか稲を刈って、はで干しできましたー!!
     
     
    9月15日_1日目スケジュール
    DSC_7893.JPG
    午後から作業の予定でしたが、天候がどうなるか分からないので、
    8時から前日入りした参加者の方とスタッフで稲を刈って、はでも1つ組んでしまいました。
    バインダーが入るためのスペースを手刈りしたりしたり
    田んぼの中に生えている雑草や豆を刈ったり…
    稲を手で刈るとざくざく切れてちょっと気持ちよいです!笑
    田んぼの中に入って雑草を刈るのは、田んぼの中に入っていくことが難くて…
    稲を踏んじゃったり、雑草の根元になかなかたどり着けなかったり…笑
    DSC_7935.JPG
     
    DSC_7871.JPG
     
    稲って、触れるとすごくかゆくなるので、作業は基本的に長袖長ズボンで、すんごく暑いんです;;
    かんかん照りじゃなくて良かったー
     
    そしてお昼のフェリーで参加者全員が揃いました
    前回の田植えに来てくれた方や、海士町に住んでいた方など、8人の方が今回の稲刈りに参加してくれました
    しかも今回は専属のカメラマンさんがついてくれました!!
     
    みなさん合流して隠岐牛店へ
    DSC_8011.JPG
    これからの稲刈りに備えてお腹いっぱいおいしいご飯を食べ、
    参加者とスタッフの自己紹介を行いました。
     
    ご飯が終わって、ツアーのメイン、農作業!
    宿に荷物を置いて、着替えて準備万端で田んぼへ出発
    DSC_8019.JPG
    はでを組む班と、稲を刈る班と、稲をえいそで縛る班とで分かれて作業しました。
    天候がどうなるのか分からないので、ひたすら黙々とがっつり作業でした
     
    はでって木と竹とロープだけの簡単な作りですが、頑丈なんです!
    簡単な結び方でもぜんぜん動かなくて、ロープワークに感動しました笑
    DSC_8148.JPG
     
    バインダーで稲を刈るのも、ターンしたり、曲がるのって難しいんです!
     
    DSC_8027.JPG
    バインダーで刈った稲を集めてえいそで縛るんですが、
    稲がぱらぱら落ちてきたり途中で解けないように
    きつく体全体を使って縛るので一番しんどい作業だと思いました
    またその稲の束が結構重くて大きくて…いっぺんに二つ運ぶので精一杯でした。
     
    DSC_8217.JPG
    最後の方は雨が少し降ってきて、大急ぎで作業…
    なんとか終わる目処がたち、1日目の作業は終了しました。
     
    たくさん汗をかいた後は温泉へ
     
    その後宇受賀公民館で、稲刈りの先生をしてくれた方やサンライズうづかの方も来てくれて
    地元の方と参加者の方、みんなでわいわい楽しくご飯を食べました。
    参加者の方も地元の方のお話を聞くことができて良かったようです!
    DSC_8347.JPG
     
    DSC_8352.JPG
     
    田んぼツアー2日目に続く・・

    2012年9月19日 11:38


    インターン生の天津です。
     
    9月10日から12日まで、
    上智大学総合人間学部社会学科の田渕六郎先生と田渕研究室の学生さん10人で海士に聞き書きに実習に来られました。
     
    田渕研究室の海士での聞き書きは今回で3回目です!
     
     
    9月10日_1日目スケジュール
    上智大学のみなさんがはるばる東京から菱浦港に到着!
    お昼を食べてから、オリエンテーション
    スタッフも含め自己紹介と、聞き書きとは何かを学び、
    グループに分かれて今回期待することを話し、共有しました。
     
    その後は、フィールドである宇受賀地区へ!
    宇受賀公民館で水先案内人として地域の方に集まって頂き、
    宇受賀がどんな地域であるのか、全体像を把握しました。
    昔の遊びの話(20年に渡って同じ場所で戦争ごっこをしていたり!)や
    地区の好きな場所や行事のことなどを聞きました。
    聞いたことを付せんに書いて地図に貼っていったんですが、
    最後はどこが何やら分からないほど地図が付せんだらけになりました
    P1100735.JPG
    そして隠岐自然村へ移動し、ご飯を食べて、明日へ向けてのテーマや、これからの時間の使い方について確認しました。
    そしてそして長い1日になるであろう2日目に向けて早めに寝ました。
    そうそう、都会の大学生と田舎の大学生ってやっぱり環境が全然違うし、何か違うもんですね!
     
     
    9月11日_2日目スケジュール
    朝から宇受賀公民館でグループに分かれ、水先案内人の方のお話を聞きました。
    宇受賀フィールドへ出て、宇受賀の方のお家へお邪魔したり、海を一緒に見に行ったり、神社に一緒に行ったり、
    地域の方の話しやすいそれぞれのフィールドでお話を聞きました。
    漁業や農業など仕事の話や生活の話、お祭りの話など様々な話を1日掛けてお聞きしました。
    船乗りとして海外での経験や、捕鯨船の話など、実際に写真も見せて頂いたり
    ほんとびっくりするようなことだらけでした!
    P1100750.JPG
     
    P1100810.JPG
     
    P1100818.JPG
    そして夕方からまとめを開始!
    聞き足りないことはもう一度その方にお話を聞きに行ったり、どう発表するか考えたり…
    私ももう一度お話を聞きに行くと、ちょうどアジ釣りから帰ってきたそうで
    アジのお刺身とサザエの味噌焼きとなぜかビールもでてきておいしく頂きましたー!
     
    夜は自然村に戻り、晩ご飯はバーベキューでした
    P1100832.JPG
    びっくりするくらいたくさんのサザエや、聞き書き中にピーマン、パプリカ、するめやこじょうゆみそを頂き
    こじょうゆみそをおにぎりやお肉につけて食べたり、
    みんなでわいわいしながらバーベキューしました。本当においしかったですー!
     
    そしてご飯が終わり、お風呂に入ったら、長い長い夜の始まりです。
    どんどん模造紙に書いていく子や、すごく悩む子、みんな真剣で
    あっという間に時間が過ぎていき、気付けば朝方になっていました。
    どうしてもきれいにまとめようとしてしまい、
    自分の感動をそのまま表現することは難しいと痛感しました
    P1100841.JPG
     
     
    9月12日_3日目スケジュール
    朝はみんな睡眠時間が短いけど早めに起きて宇受賀公民館へ
    寝ていないので頭が全然回りませんー!!!
    発表資料作りのラストスパートです!
    確認のためにもう一度住民の方にお話を聞きにいったり、必死に作業を続けたり…
    そうこうしている間にあっという間に時間が来て会場設営
    たくさんの宇受賀の方が集まってくれて発表スタート
    途中途中、宇受賀の方のコメントをもらいながら、発表していきました。
    皆さん1時間半という長い時間でしたがすごく面白そうに学生の発表を聞いていました。
    時々笑いが起こったり、楽しい雰囲気の発表でした。
    P1100848.JPG
    P1100866.JPG
    発表が終わり、そのまま宇受賀の方と一緒にお昼ご飯を食べました。
    P1100869.JPG
    会場中話し声と笑い声でいっぱいになるくらい楽しいお昼ご飯でした。
    宇受賀の方も学生さんも、みんなすごく楽しそうでした。
     
     
     
    ご飯が終わり、宇受賀の方をお見送りし、後片付けが終わり
    この3日間どうだったか振り返りをしました。
    テーマは「自分の中で起きた、この2泊3日の変化について」
    自分で一度書き出して、2人1組でペアインタビューを行いました。
    この2泊3日はハードスケジュールでしたが学生皆さん本当に得るものや気づいたことが多かったみたいでした。
    人の話を真剣に聞くのが大変、普段人の話を相当受け流していたな…と感じる子、
    身近に居る人の大切さを感じる子、
    最後の地元の方とのご飯で、一番大切なことに気づいたと感じる子、
    自分の感動を表現するということを頭で分かっていてもできなくて、自分が本気にならないと!と感じた子
    同じ2泊3日を過ごしていましたが、感じたこと、得たものは様々でした。
     
     
    そして3日間天気があまり良くなくて残念だったのですが、
    そのおかげで農家の方も漁師の方もお家にいたため、
    じっくり話を聞くにはもってこいの天気でした!笑
     
    P1100862.JPG
     
     
    「ききがき」ってとらわれるけどとらわれてはいけない…本当に難しいものですねー。
    今までやってきたことと全く違うことなので、
    この研修が始まる前からどうしようもなく不安で、終わった今でもその不安は残ったままです。
    今回は自分の聞きたいことを聞くんじゃなくて、
    相手の話を深められるような質問をしようと決めていました(器用じゃないんですが…)
    でもやっぱり「あー今のだめやん」って感じることもありました
    今回の唯一の成功点は「テーマを決めずに話を聞いた」というところですかねー?
    そしてそして、違う研究室の方と交流ができたこともすごく良かったです
    全然違う研究室の先生と話をしたり、その研究室のゼミ合宿なんて普段は経験できないことですから!
    2泊3日という短い時間でしたが、田渕研究室の学生さんとも仲良くなれました!
    グループで動いたし、一緒にみんなで徹夜したからですかね?
    ほんと、刺激しかない、気持ち的にも体力的にも疲れた3日間でした(良い意味で!)
     
     

    2012年9月13日 16:19


     

     

    こんにちは、9月1日から約1ヶ月間、

    インターンシップとしてお世話になります。

    和歌山大学の天津です!

    よろしくお願いします。

    駄文ですが、暖かく見守って下さいね…。

     

     

     

    さてさて、今日はインターン5日目です・v・

     

     

    1日目、2日目は海士五感塾

    3日目は道行く人に挨拶しながら草刈りをし、畑に収穫に行ったり、

    えいそなる物を作ったりしていました。

    4日目は今度上智大学のききがきでお世話になる方達に挨拶をしに行き、

    またまたえいそを作りました。

     

    ちなみに、えいそとは、刈った稲を縛るための藁でできた縄です。

    稲を縛るのには稲が一番良いそうです!

    (ほんとよくできてる…!)

     

     

    そして今日は、

    ・上智大学ききがきに向けての準備

    ・地元の方のお家でお昼ご飯

    ・えいそ作り

    をしました・v・

     

     

     

    お昼ご飯を食べに地元の方のお家に行ったのですが、

    ごまを作ってました!!!!

    ごまができるところ(作るところ?)を初めて見ました!

    P1100646.JPG

     

     

    そしておひるごはん!!

    P1100648.JPG

    すんごくたくさん作って頂きました!

    海士で採れるもの盛りだくさんでした^^

    帰りにはプルーンまでもらいました

    そういえば人生初プルーンでした・v・

    全部おいしかったですー!!!

     

     

    そしてそして、昼過ぎからは、えいそ作りです

    えいそ作り三日目です・×・

    Iターンの方が事務所に遊びに来てくれて、一緒にひたすら作りまた!

    P1100634.JPG

    ↑こんな感じです(写真は今日ではありませんが…)

    藁って触ってると腕とかすごくかゆくなってくるんです;;

    でもでも単純作業で、話をしながら作るので楽しいです!

    目標の600個まであと120個…!

    頑張りますー!

     

     

     

    と、こんな感じの1日でした・v・

     

     

     


    2012年9月 5日 17:38