アーカイブ

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





上智大学のフィールドワーク実習を行いました。


インターン生の天津です。
 
9月10日から12日まで、
上智大学総合人間学部社会学科の田渕六郎先生と田渕研究室の学生さん10人で海士に聞き書きに実習に来られました。
 
田渕研究室の海士での聞き書きは今回で3回目です!
 
 
9月10日_1日目スケジュール
上智大学のみなさんがはるばる東京から菱浦港に到着!
お昼を食べてから、オリエンテーション
スタッフも含め自己紹介と、聞き書きとは何かを学び、
グループに分かれて今回期待することを話し、共有しました。
 
その後は、フィールドである宇受賀地区へ!
宇受賀公民館で水先案内人として地域の方に集まって頂き、
宇受賀がどんな地域であるのか、全体像を把握しました。
昔の遊びの話(20年に渡って同じ場所で戦争ごっこをしていたり!)や
地区の好きな場所や行事のことなどを聞きました。
聞いたことを付せんに書いて地図に貼っていったんですが、
最後はどこが何やら分からないほど地図が付せんだらけになりました
P1100735.JPG
そして隠岐自然村へ移動し、ご飯を食べて、明日へ向けてのテーマや、これからの時間の使い方について確認しました。
そしてそして長い1日になるであろう2日目に向けて早めに寝ました。
そうそう、都会の大学生と田舎の大学生ってやっぱり環境が全然違うし、何か違うもんですね!
 
 
9月11日_2日目スケジュール
朝から宇受賀公民館でグループに分かれ、水先案内人の方のお話を聞きました。
宇受賀フィールドへ出て、宇受賀の方のお家へお邪魔したり、海を一緒に見に行ったり、神社に一緒に行ったり、
地域の方の話しやすいそれぞれのフィールドでお話を聞きました。
漁業や農業など仕事の話や生活の話、お祭りの話など様々な話を1日掛けてお聞きしました。
船乗りとして海外での経験や、捕鯨船の話など、実際に写真も見せて頂いたり
ほんとびっくりするようなことだらけでした!
P1100750.JPG
 
P1100810.JPG
 
P1100818.JPG
そして夕方からまとめを開始!
聞き足りないことはもう一度その方にお話を聞きに行ったり、どう発表するか考えたり…
私ももう一度お話を聞きに行くと、ちょうどアジ釣りから帰ってきたそうで
アジのお刺身とサザエの味噌焼きとなぜかビールもでてきておいしく頂きましたー!
 
夜は自然村に戻り、晩ご飯はバーベキューでした
P1100832.JPG
びっくりするくらいたくさんのサザエや、聞き書き中にピーマン、パプリカ、するめやこじょうゆみそを頂き
こじょうゆみそをおにぎりやお肉につけて食べたり、
みんなでわいわいしながらバーベキューしました。本当においしかったですー!
 
そしてご飯が終わり、お風呂に入ったら、長い長い夜の始まりです。
どんどん模造紙に書いていく子や、すごく悩む子、みんな真剣で
あっという間に時間が過ぎていき、気付けば朝方になっていました。
どうしてもきれいにまとめようとしてしまい、
自分の感動をそのまま表現することは難しいと痛感しました
P1100841.JPG
 
 
9月12日_3日目スケジュール
朝はみんな睡眠時間が短いけど早めに起きて宇受賀公民館へ
寝ていないので頭が全然回りませんー!!!
発表資料作りのラストスパートです!
確認のためにもう一度住民の方にお話を聞きにいったり、必死に作業を続けたり…
そうこうしている間にあっという間に時間が来て会場設営
たくさんの宇受賀の方が集まってくれて発表スタート
途中途中、宇受賀の方のコメントをもらいながら、発表していきました。
皆さん1時間半という長い時間でしたがすごく面白そうに学生の発表を聞いていました。
時々笑いが起こったり、楽しい雰囲気の発表でした。
P1100848.JPG
P1100866.JPG
発表が終わり、そのまま宇受賀の方と一緒にお昼ご飯を食べました。
P1100869.JPG
会場中話し声と笑い声でいっぱいになるくらい楽しいお昼ご飯でした。
宇受賀の方も学生さんも、みんなすごく楽しそうでした。
 
 
 
ご飯が終わり、宇受賀の方をお見送りし、後片付けが終わり
この3日間どうだったか振り返りをしました。
テーマは「自分の中で起きた、この2泊3日の変化について」
自分で一度書き出して、2人1組でペアインタビューを行いました。
この2泊3日はハードスケジュールでしたが学生皆さん本当に得るものや気づいたことが多かったみたいでした。
人の話を真剣に聞くのが大変、普段人の話を相当受け流していたな…と感じる子、
身近に居る人の大切さを感じる子、
最後の地元の方とのご飯で、一番大切なことに気づいたと感じる子、
自分の感動を表現するということを頭で分かっていてもできなくて、自分が本気にならないと!と感じた子
同じ2泊3日を過ごしていましたが、感じたこと、得たものは様々でした。
 
 
そして3日間天気があまり良くなくて残念だったのですが、
そのおかげで農家の方も漁師の方もお家にいたため、
じっくり話を聞くにはもってこいの天気でした!笑
 
P1100862.JPG
 
 
「ききがき」ってとらわれるけどとらわれてはいけない…本当に難しいものですねー。
今までやってきたことと全く違うことなので、
この研修が始まる前からどうしようもなく不安で、終わった今でもその不安は残ったままです。
今回は自分の聞きたいことを聞くんじゃなくて、
相手の話を深められるような質問をしようと決めていました(器用じゃないんですが…)
でもやっぱり「あー今のだめやん」って感じることもありました
今回の唯一の成功点は「テーマを決めずに話を聞いた」というところですかねー?
そしてそして、違う研究室の方と交流ができたこともすごく良かったです
全然違う研究室の先生と話をしたり、その研究室のゼミ合宿なんて普段は経験できないことですから!
2泊3日という短い時間でしたが、田渕研究室の学生さんとも仲良くなれました!
グループで動いたし、一緒にみんなで徹夜したからですかね?
ほんと、刺激しかない、気持ち的にも体力的にも疲れた3日間でした(良い意味で!)
 
 

2012年9月13日 16:19