2011年
  • 3月 [2]
  • 4月 [3]
  • 5月 [4]
  • 6月 [3]
  • 7月 [6]
  • 8月 [2]
  • 9月 [4]
  • 10月 [1]
  • 11月 [1]
  • 12月 [2]
  • 2012年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 4月 [3]
  • 5月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [18]
  • 8月 [7]
  • 9月 [6]
  • 11月 [1]
  • 2013年
  • 3月 [4]
  • 4月 [1]
  • 5月 [1]
  • 6月 [6]
  • 7月 [1]
  • 9月 [3]
  • 11月 [1]
  • 2014年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [2]
  • 8月 [2]
  • 9月 [2]
  • 10月 [1]
  • 2015年
  • 2月 [3]
  • 3月 [2]
  • 4月 [2]
  • 7月 [1]
  • 8月 [3]
  • 9月 [1]
  • 2016年
  • 4月 [1]
  • 9月 [1]
  • 10月 [2]






  •  

    事務所にて

     

    農家のお父さん『』

    巡スタッフ「」

     

    『うちのかあちゃんは何も口うるさく言ったりせんけん~

    でも言わない方がこわいんだ

    何を考えてるか今でもわからん』

     

    「おくさん年下ですかー?」

     

    『上だ』

     

    「あーやっぱり」

     

    「おいくつですかー?」

     

    『65』

     

    「え?お父さんは?」

     

    『65』

     

    一同「???」

     

    『同い年だと女の方がうえにみえっけんな』

     

     

     

    事務所に遊びにいらっしゃっていたお父さんとの会話でした。

    ちょっとしたものごとの捉え方に自分とは違うものさしを感じておもしろいなあと思う毎日です。

     

     

    インターン生 佐藤


    2013年9月20日 09:48


     

    巡インターン生 佐藤

     

    稲作が盛んな宇受賀地区に、巡の環の田んぼがあります。

    そこで9月14~16日までの3日間、田んぼツアーが開催されました。

     

    AMAカフェに参加してくださった社会人の方、過去に何度も参加されている常連の方、大学生の方と

    様々な立場の参加者の皆さんと稲刈りをし、ハデを組み、稲穂を干し、ゴハンを共にさせていただきました。

     

    気まぐれな島の天気はよくあたる農家さんの読みも裏切り、

    ハデを組み立てた2日目はザーザー降りの雨。

     

    地元の師匠の仕事を見よう見まねで真似してみるものの、

    稲わらを束ねる手つき、ロープの扱いひとつとってもスピードも出来もぜんぜんちがう!

     

    バインダー(稲を刈る手押しの機会)に挑戦していた男子学生の方も扱いに四苦八苦。

    ポーカーフェイスでさくさく働く師匠は何馬力なんだ、、、と皆で感嘆。笑

     

    さてさて、全身どろまみれのへとへとになりながら立てた

    ハデの出来はと申しますと、、、、、

     

     

    たおれました。

     

     

    (自分も倒れるかとおもいました。)

     

    元気を振りしぼり無事な稲を救出し一時休戦。

     

    ホテルに戻ると、倒れたハデを見かけた宇受賀の方々が心配して

    即座に「倒れとるぞ!!」という連絡が。

     

    師匠をしてくれた方々も、普段のお勤めの外に近所の農作業の手伝いをしたり、

    休みの日には1日草刈りをしていたり、大変多忙なのです。

    そしてこうして巡のために一緒に作業をしてくれます。

     

    ハデが倒れても、

    「いい経験だわい」

     

    がはは、と笑ってまた一緒に組みなおしてくれる。

    かなわんなーーーー。

    MK161455.JPG

    都会の仕事では、(まだ働いたことがないのでアルバイトレベルの想像ですが)

    自分の仕事の成果がどこにどんな影響を与えているのかがわかりにくい気がします

    だから、しごとのいろいろなパーツを組み合わせて考えたり、

    全体に責任をもつという感覚がつきにくい。

     

    わたしはインターンに入った直後、田んぼツアーの3週間前くらいからずっと

    「えいそ」をつくっておりました。

     

    「えいそ」とは、ハデ干しするときに稲を束ねるもので、

    去年の稲わらを結んでつくります。

    小学4年生くらいの子がちょうど両腕をまわした程度に稲の束をまとめてしばります。

    これが結構重い。

     

    MK161519.JPG

    (えいそとインターン生加藤)

     

     

    この束を一つずつハデ木にかけていくのですが、

    3メートルくらいのハデの上にのって、稲束を引き上げていく作業はめちゃくちゃしんどい。

    (私はむりなのでせっせと下で稲を運んでいました)

     

    ここでえいそがゆるかったり、ダメえいそが混ざっていると、

     

    皆が汗を流し、へとへとになりながら運んだ稲束の結びが

     

    「ブチッッッッ。」

     

    、、、、、、、、。

     

    たかが数本の稲わら。されど重要な稲わら。

    あなどるなかれです、「えいそ」

     

     

    えいそをせっせかせっせかつくって、

    数を達成することはその場では効率が良いように見えるけれど、

     

    作る意味は数をこなすことではなく、

    きちんと縛って、その先に乾燥があって、精米されるところまできっちり行われる事だよな、

    と当たり前の事ながら反省。

     

    仕事の全体像をしらなければ、本当に必要なものは

    作れないということらしいです。

     

    (今自分がしていることが、どういうことなのか考えながら動いてみよう。)

     

    MK161515.JPG

     

     

    とてもいろいろ感じた中のそのいち。終了


    2013年9月19日 14:44


    【インターンリレー 2013夏~秋】

     

    はじめまして。 巡の環インターン生の佐藤秋佳です。

    大学4年、出身は宮城県の南三陸町です。

     

    歴代インターンの方が執筆しておられるこのブログをみると、

    直接おあいしていなくてもなんだかつながりを感じますね。

     

    まさにです。

    というわけで、このさきもめぐっていってほしいなという

    おもいを込めて、勝手に イ ン タ ー ン リ レ ー 開 催。

     

    だれか続いてくれるでしょうか。

     

     

     

    さてはて。

     

    海士町にきてから早いもので2週間が経ちました。

     

    きんにゃもにゃ祭という島の一大イベントに商工会の

    お手伝いとして参加するところからインターン生活がスタートし、

    一日いちにちを新たな発見と共に過ごしております。

     

     

    わたしのインターン生活はとにかく

    人に始まり人に終わる そしてまたはじまる

     

    ということかと思います。

     

     

    すこしでも感じたことを共有できるよう

    ちまちまと更新して参ります。

     

    よろしくおねがいします。

    田んぼ当番0906.jpg

     

    2013.09.06


    2013年9月 6日 21:37