2011年
  • 3月 [2]
  • 4月 [3]
  • 5月 [4]
  • 6月 [3]
  • 7月 [6]
  • 8月 [2]
  • 9月 [4]
  • 10月 [1]
  • 11月 [1]
  • 12月 [2]
  • 2012年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 4月 [3]
  • 5月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [18]
  • 8月 [7]
  • 9月 [6]
  • 11月 [1]
  • 2013年
  • 3月 [4]
  • 4月 [1]
  • 5月 [1]
  • 6月 [6]
  • 7月 [1]
  • 9月 [3]
  • 11月 [1]
  • 2014年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [2]
  • 8月 [2]
  • 9月 [2]
  • 10月 [1]
  • 2015年
  • 2月 [3]
  • 3月 [2]
  • 4月 [2]
  • 7月 [1]
  • 8月 [3]
  • 9月 [1]
  • 2016年
  • 4月 [1]
  • 9月 [1]
  • 10月 [2]






  • 巡の環の石坂です。
    本日は夏至ですね。
    風の吹きぬける村上家の事務所で今これを書いています。

    IMG_1506.JPG

    ちょっとしたつぶやきです。

    7/27(日)に東京、渋谷に出向き、AMAカフェというイベントを開きます。
    いつもは代表が行っているのですが、今回は僕がお邪魔することになりました。

    代表の阿部からは「好きにやっていい」と言われています。
    その通り好きなことをやって、阿部を後悔させてやろうと思います(笑)

    一番嬉しいことは、海士五感塾に参加してくれた
    Oさんと一緒に企画、準備を進められていることです。

    どうしたらもっとAMAカフェが面白くなるか一緒に悩んでくれたり、
    当日スタッフとしてお手伝いしてくれる人や料理してくれる人を紹介してくれたり、
    イベント告知や広報をどんどんやってくれたり・・・
    足の遅い僕をぐいぐいひっぱってくれる感じです(笑)
    前のめりで、一緒に進めている感じがします。

    弊社は持続可能な島づくりに貢献し、そのモデルを島外へ配信することで
    日本、世界をちょっとでも昨日よりもよくしていきたいと思っております。
    そのうえで、大切にしたいのが「同じ方向を向いてくれる仲間」です。
    島内外関わらず、同じベクトルに向かい、足を進めることができる、信頼できる仲間をつくり、
    一緒に歩んでいく。
    だから、今Oさんと一緒にAMAカフェづくりができていることは、本当にうれしく思います。


    アフリカのことわざには、次のような言葉があるようで、
    弊社でもよく使ったりしています。

    早く行きたいなら、一人で行け。遠くに行きたいなら、みんなで行け

    「持続可能な世界」「続く未来」という、遠くに行くためには、
    みんなで行かざるをえないと思っています。
    AMAカフェは参加定員40名ほどの小さなイベントですが、
    仲間と呼べる関係の人達とプロセスを共有しながら、
    一緒につくりあげていくことで、一歩一歩、ゆっくりとではありますが、
    「続く未来」に近づけているんじゃないかと思っています。


    まあ、でもそんな複雑なことを考えずに、
    来たら元気になるような、ワクワクするような楽しいイベントであればいいかな、とも思っています。

    おかげさまでもうちょっとで定員に達しますが、
    もしお時間ある方は、渋谷まで足を運んでくださると嬉しいです。

     

    7/27 AMAカフェ vol24「都会の若者は島で何を見たのか?」
    http://megurinowa.jp/news/2014/06/727-amavol24.html


    2014年6月21日 12:57