アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        





島の大使館をはじめてみて


こんにちは、信岡です。

東京でいろいろと動きながら、

島の大使館という企画を月2日、オープンしています。

 

http://megurinowa.jp/news/2014/07/post-90.html

https://www.facebook.com/shimanotaishikan

 

さて、始めてみるとですね、

一番感じているのは、

「ああ、この感覚懐かしいな」という感覚です。

 

どんな景色に懐かしさを感じるかというと、

僕は12時から22時までそこのカフェに

ただいる、のですが、そうすると

「今日は遊びに行きますね」

と言ってくれていた友人や、久しぶりの人が

ふらりとやってきてくれます。

同じタイミングで2組来て下さったときには、相席にして

一緒に話したり。

 

 

それは昔、大学の時に友人と

町家コミュニティを作っていたときの感覚にすごく似ていて、

 

自分が外側に向かって心が開かれている時間に

すごく低い敷居で人と話が出来る、

目的がなくても、話すことがなくても、

ふと、「元気そうか顔を見に来た」

という世界の中で、人と人が話し始めて繋がる。

 

偶然の幸せというのを、セレンディピティというらしいですが

とても、セレンディピティにあいやすい時間。

 

それは、ハードとしての「縁側」である場所でありつつ

そこにいくことそのものは、

ソフトとしてもやはり「心が縁側の状態」で居れるという意味でも

心地が良くて、

 

そういう時間をまた過ごせていることに

とても嬉しい気分がしております。

 

そういう事を思うと、島のおばあちゃんと畑で立ち話していると

「まぁ、あがってお茶でも飲みんさい」と言われてる風景が

浮かんで来て、9月の稲刈に島に帰れるのが、楽しみ♪


2014年8月29日 12:46