2011年
  • 3月 [2]
  • 4月 [3]
  • 5月 [4]
  • 6月 [3]
  • 7月 [6]
  • 8月 [2]
  • 9月 [4]
  • 10月 [1]
  • 11月 [1]
  • 12月 [2]
  • 2012年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 4月 [3]
  • 5月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [18]
  • 8月 [7]
  • 9月 [6]
  • 11月 [1]
  • 2013年
  • 3月 [4]
  • 4月 [1]
  • 5月 [1]
  • 6月 [6]
  • 7月 [1]
  • 9月 [3]
  • 11月 [1]
  • 2014年
  • 2月 [1]
  • 3月 [1]
  • 6月 [1]
  • 7月 [2]
  • 8月 [2]
  • 9月 [2]
  • 10月 [1]
  • 2015年
  • 2月 [3]
  • 3月 [2]
  • 4月 [2]
  • 7月 [1]
  • 8月 [3]
  • 9月 [1]
  • 2016年
  • 4月 [1]
  • 9月 [1]
  • 10月 [2]






  • お仕事で呼んでいただき、徳島県上勝町、そして神山町へ。

    僕は上勝町は2回目の訪問でしたが、
    今回も地域の色んな現場で働く魅力的な方々と出会うことができました。

    素敵な農家民宿さんで、阿波尾鶏の鍋をつつき、お酒を飲みながら
    仕事をする上で考えていることを忌憚なくぶつけあったり、
    夕陽や星空を眺めたり。

    今後もつながっていきたいな、と思う方々と出会えました。
    今回お声掛けを下さったOさんに感謝。

    IMG_20140928_060006.jpg

      上勝で見た朝陽。綺麗でした。



    翌日は、やはりOさんの会社のスタッフのWさんにご案内頂き、こちらは初の神山町へ。

    えんがわオフィスや、劇場「寄井座」、シェアオフィスやアーティストインレジデンス等、
    短時間ではありましたがさまざまな場所の空気感を感じることができました。
    (Wさんのお蔭です。本当にありがとうございました)。

    どこも印象的な場所だったのですが、特に寄井座の持つパワーには圧倒されました。



    IMG_20140928_085123.jpg

    IMG_20140928_085730.jpg

    IMG_20140928_090852.jpgIMG_20140928_102726.jpg

     

    地域の現場で働きながら思っているのは、
    やはり都会には人を惹きつける磁力があるなあ、と。
    下の図にもその結果は顕著に表れているなあ、と思います。

    05k25-4.gif( 総務省統計局 「人口推計(平成25年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐」より http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2013np/ )



    その磁力に抗うためには、別の磁力が必要なんだと考えています。
    それが地域の魅力であったり、誇りであったり、縁であったり。
    「ここに住みたい」「ここに居たい」と人を思わせ続ける何かです。
     

    その磁力はどのように生まれ、どのように発生し続けることができるのでしょうか。
    それこそが、地域での移住や定住に関わる人にとっての重要な問いなのではないでしょうか。

    そんなことを、改めて思った旅でした。


    2014年9月30日 21:46


    こんにちは、巡の環さんでインターンとしてお世話になっている本田です!

     

    広島からバスとフェリーに乗り片道8時間、辿り着いた海士町は緑と稲の黄金色がとってもきれいな場所です!

     

    海士町の料理名人みっちゃんのご飯も、ハンバーグが名物のかめ乃も、民宿兼食事処のなかむらも、海士町はどこもどこもご飯がおいしい!

     

    そんなご飯のおいしさの秘密を知るべく(?)、9月13日・14日の2日間で巡の環の田んぼツアーに参加させていただきました。

     

    田んぼツアーの内容も紹介しつつ、参加する中で感じたことをみなさんにお伝えできたらいいなぁと思います。

     

     

    今回収穫するのは、巡の環webデパートで販売されている『ひとつむぎ米』。海士のお米が食べたいと注文していただいた方に届くお米。

    初日は11人、2日目は30人が朝8時30分に田んぼへ集合。おいしいお米が穫れるといいな。皆の掛け声にも力が入ります。

     

    田んぼの四隅を手分けして鎌で刈り、巡の環スタッフ兼田んぼ隊長の川嶋さんがバインダーでどんどん刈って行きます。

     

     

    ウィーーーーン。

     

    刈った稲はそのまましばらく乾燥させ、運ぶときのために重さを減らします。

    いい具合になったところで、皆で力を合わせて運び、“えいそ”で束ねていきます。

     

     

     

    お手伝いの11人は海士町の役場や教育委員会、稲刈りを聞きつけて「ほいだら私も行くだわい」と駆けつけてきてくれた人たち。

    手の空いた人が、人手の必要な他の田んぼに手伝いへ行く素敵な習慣です。

     

    田舎だから当たり前でなく、人として真似したい海士の人たちの気持ちだなあとしみじみ。

     

     

     

    “えいそ”とは稲を束ねるためのひもであり、藁でつくってあります。

    このえいそももちろん手作りで、“えいそ隊”と“束ね隊”に分かれ作業をどんどん進めて参ります。

     

    お昼は巡の環スタッフ・ハイジさん作のウインナーや卵焼き、お漬物。そして同じくスタッフ兼田んぼ副隊長の角さんと私、本田が作ったおむすびを皆で食べてエネルギーチャージです。

     

    田んぼの側で皆で食べるご飯はおいしい。

     

    力もつけたところで作業再開。

    午後は日差しが強いので、効率的にやっていかなければなりません。

     

    ここからが本番、“ハデ”作りです。

     

     

    “ハデ”とは稲を乾燥させるための土台。

    今の時代、刈り取りから乾燥、束ねるところまで一つの機械で終えることも可能ですが

     

    この“ハデ”で乾燥させたお米は味がぜーーーーんぜん違うんです。

     

    そのおいしさを実現するためには、まずはハデの支えとなる重たい木を運んでいきます。

     

     

    大黒柱となるのは太くてずっしりした木。

     

    男性陣は一人でたくましく、女性人は二人で一本を運び

    裸になった田んぼの地面に大きな穴を開け、その木をさした後は地面が支えてくれます。

     

     

     

    稲を置けるように、竹を木に対して横に並べていき、重なる部分を頑丈に縄で縛るのですが、

    稲をしっかり支えてくれるようにするためにも、この作業がとっても責任重大です。

     

     

     

    目標は脱穀までの稲を乾燥させることなのですが

    そのための作業は重労働。

     

     

    若い世代はやり方も分からず、その重労働に足は重くなっていきますが

    長年海士に住み、お米のこともハデも熟知した師匠達(農業歴数十年)は手元が早い早い。

     

    簡単に結んでいるように見えるのに、縄だってしっかり縛られています。

     

    島前高校のひとつなぎ部の皆や、巡の環プロジェクトの五感塾の方々も皆自己紹介をしながら作業を進めていきます。

     

    参加する皆、目的は違います。

     

     

    島前高校の皆と話すと、ひとつなぎ部や、島前高校の島留学のことについて本当に楽しそうに話してくれ

    こんな風に生徒が楽しそうに話す島前高校は、すごく素敵な学校なんだと思いました。

     

    プリクラもカラオケもない島ですが、島前高校の子どもたちはすごく楽しそうな顔をしていました。

     

     

    彼女たちはきっと、空いた時間はつぶすのではなく、海士や島前高校がもっと面白くなるようにいろんなことを考えているのだと思います。

     

     

     

    五感塾の方々は、今回お話する機会はあまりなかったものの

    海士町と巡の環が人を引き付ける理由は何なのか、ツアー中考えさせられました。

     

     

     

    そんな中無事に完成したハデ。

     

    じゃーーーーーん。

    IMG_2103[1].JPG

     

     

    このハデに皆で束ねた稲をどんどんさし、すべてにさし終えた風景は圧巻でした!

     

    IMG_2108[1].JPG

     

     

    今回の田んぼツアーでは、自分のいる環境を目一杯楽しんでいる高校生から元気をもらい、農業の師匠たち、海士町役場のみなさんからは、たくさんの温かい気持ちをもらいました。

     

     

    私だったら、広島での生活の中で、稲刈りやハデ作りのように、終わった後はへとへとになってしまうような大変な作業を

     

    「ええだわい」

     

    の一言で手伝えるかなあ・・・なんて反省。

     

     

     

     

    稲刈りの作業中でも、会社の連絡を取ったり、食事や飲み物の手配、ハデ作りの工程のメモ(のちにテキストとなる)を忙しくする巡の環スタッフさん達を見て

     

    海士町をよくするために、いろんな人が関わって、本当に巡ってるんだなあと思いました。

     

     

    皆で穫ったおいしいお米が、たくさんの人に届きますように。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    2014年9月19日 16:01