アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        





「未来を変えた島の学校」


島前高校魅力化プロジェクトについての取組が、
本になりました。
 
「未来を変えた島の学校」
 
10914394_403245789860495_1991505299_n.jpg
 
島前とよばれる海士町、西ノ島町、知夫村という3つの島。
その3つの島の中にたった一つある高校が島前高校です。
 
この高校はかつて廃校の危機にありました。
 
成り行きの未来。
 
この高校がなくなれば。
子供たちを持つ家族世代が島を次々と離れ。
フェリーの便数は激減し。
高齢化もますます進み。
町の伝統文化も次々と衰退する。
 
そんな未来は目前でした。
 
その成り行きの未来を変えたのが、この魅力化プロジェクトです。
公立塾を作り、島留学を取り入れ、ヒトツナギという部活にチャレンジし・・・
 
キラキラとした側面だけではなく、
ここに至るまでのそれぞれの物語がここにはつまっています。

これは、私たちと共に海士町に暮らし、働く仲間たちの物語です。

もはや、ひとごとではなく、自分ごと。
 
一緒にこの島で未来を創る仲間たちが、
どうやってここまで来たのか、
それが手に取るようにわかります。
 
私たちは、日々の暮らしの中で、当たり前のように、
高校生たちと触れ合います。
 
夢ゼミというプロジェクト学習に顔をださせてもらったり、
地域の活動を一緒にしたり、
時には共にお茶をしたり。
卒業生たちが作るSHIMA探究という大学生向けの交流イベントに参加させてもらったり。
 
お誕生日には「ゆみこさん、お誕生日おめでとうー」と高校生にいってもらえる。
 
東京時代には考えられないことでした。
 
この島にきて、私の時間軸もとてもとても長くなりました。
この島が続くために、自分達の子供たち世代、孫世代が、
輝く未来を感じながら生きられるように。
 
そんなことを感じながら、働くようになりました。
 
私はまだ移住3か月ちょっとですが。
海士をふるさとといえるようにして。
子供たちに帰って来てねと堂々といえる大人でありたい。
 
子供たちと共に、輝き続ける海士町がつくれるように、
今、ここでがんばりたい。
 
この物語はまだまだ続きます。
 
私たちの仲間の物語。
ぜひ、ご一読ください。
 
★ご購入はコチラから★
 

2015年4月14日 18:56