アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        





【職場体験】NPO法人だんだん さくらの家


巡の環の植田聡明です。

先日、一日さくらの家で体験した事をご報告いたします。

 

ふくぎ工房 さくらの家は正式には『NPOだんだん さくらの家(就労継続支援B型事業所)』と言います。ふくぎ茶という隠岐の島海士町に自生しているクロモジのお茶を2004年より作っています。一杯のふくぎ茶から島の香りとひとときをお届けしたいという想いで日々取り組んでいます。

● クロモジ(黒文字)はクスノキ科の落葉低木樹。枝を高級な爪楊枝の原料として使われる。クロモジの樹皮は生薬として烏樟(うしょう)と呼ばれます。

毎年4月この時期に咲く、ふくぎ(クロモジ)の花で春が来たことを感じます。山でもひと際目立つ黄色い花が満開となり、花摘みも始まりました。今年も花茶がお届けできるよう頑張っています。

●海士町では、6月この時期にしてはちょっと暑すぎるんじゃと思うような気温が続いております。でもその陽気にも助けられ、ふくぎの木も新しい枝をグングン伸ばしてきており、今年も新緑の綺麗な緑とふくぎの香りに癒されながら収穫作業を行っています。枝と葉の収穫は9月くらいまでがメインで10月末くらいまで続きます。

以上、『NPOだんだん さくらの家』ブログより参照

 

今回、お伺いした8月下旬は、枝と葉の質も良く、葉の仕分けをやらせて頂きました。

それぞれの得意分野を生かして「いきいき」と活気のある職場で

働いていることに感銘を受けました。ふくぎ茶製造の大変な工程である検品作業では、冗談を言い、笑が絶えないながらも虫喰いや枯葉がないか一つ一つ丁寧にかつ迅速にチェックしています。

生産者・作り手の思いを私自身体験し、生産者・作り手の「想い」を物販を通じてお客様に伝えていきたい。想いをちゃんと聞ける力を高めていきたい。


2015年8月27日 14:16