アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        





また海士町に戻ってきます!


こんにちは。
2016年8月から9月までの1ヶ月間、
巡の環でインターンシップをさせていただいた中央大学法学部政治学科1年の吉本侑加です。
 
今回のインターンシップについて全てを書くととっても長くなるので、
ほんの一部をここに記したいと思います。
 
私は高校3年生のときに地域活性化・まちづくりというものに興味を持ち、
将来は行政の立場から地域活性化に関わることを夢みていました。
実際に自治体へ行って、自分の目で地域というものを見たい―――。
どうにか行けないか、日々方法を模索していました。
 
そんなときに大学の授業で出会ったのが、
「僕たちは島で、未来を見ることにした」でした。
これを読みすっかり海士町や巡の環の虜になりました。
「実際に行ってみたい!」「お話しを聞いてみたい!」その思いが強くなり、
1ヶ月のインターンシップに行くことを決意しました。
 
インターンシップ中は、
・名刺作成
・対談の文字起こし
・視察の同席
・大学研修に参加
・勉強会に参加
・農作業(えいそ作り、稲刈り)
・お祭りの手伝い
 
他に沢山のことをさせていただいたのですが、
主に上記のことをしました。
また、時間が空いたときは海士町内を巡ったり、
隣にある西ノ島へ出かけたりしました。
 
過ごした1ヶ月は書ききれない位毎日沢山のことがあって、
同じ日本でも、海を越えた先にこんな面白い離島があるんだ!
何より、「僕たちは島で、未来を見ることにした」の世界にいることが嬉しくてたまらなかったです。
過ごせば過ごすほど、もっと滞在したい思いが強くなっていきました。
 
私は正直「まちづくり=役場しかできない」という考えを持っていました。
でも巡の環の活動であったり沢山の方と話して気づいたのが、
一口にまちづくりと言っても色々な関わり方があること。
それを知れたのがとても大きかったです。
 
お話しを聞いたり話していく中で、これからの海士町にものすごい興味が湧きました。
もっと色々な方とお話しをしてみたい!
海士という土地をもっと知りたい!
 
将来は海士町への移住を本気で考えています(笑)
 
私は地域活性化やまちづくりについて完璧に考えられたわけではなく、
日々模索中です。
でも今回のインターンシップで得られた気付きを大切にし、
東京という土地でしっかり学び・考え・伝え・行動し、また海士に来ようと思っています。
 
幸運なことに海士にいたとき、
巡の環の取締役で今は東京で活動されている信岡良亮さんと出会いました。
巡の環のインターンは終えましたが次なるステージとして、
信岡さんの会社でインターンシップをすることになりました。
 
今回のインターンシップで大きく人生が変わりました。
心から海士町・巡の環に行って良かったと思っています。
 
1ヶ月お世話になった巡の環・海士町の皆様、
本当にありがとうございました。
 
また戻ってきます!!!!!!
 

2016年10月 4日 13:53