アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        






こんにちは、巡の環さんでインターンとしてお世話になっている本田です!

 

広島からバスとフェリーに乗り片道8時間、辿り着いた海士町は緑と稲の黄金色がとってもきれいな場所です!

 

海士町の料理名人みっちゃんのご飯も、ハンバーグが名物のかめ乃も、民宿兼食事処のなかむらも、海士町はどこもどこもご飯がおいしい!

 

そんなご飯のおいしさの秘密を知るべく(?)、9月13日・14日の2日間で巡の環の田んぼツアーに参加させていただきました。

 

田んぼツアーの内容も紹介しつつ、参加する中で感じたことをみなさんにお伝えできたらいいなぁと思います。

 

 

今回収穫するのは、巡の環webデパートで販売されている『ひとつむぎ米』。海士のお米が食べたいと注文していただいた方に届くお米。

初日は11人、2日目は30人が朝8時30分に田んぼへ集合。おいしいお米が穫れるといいな。皆の掛け声にも力が入ります。

 

田んぼの四隅を手分けして鎌で刈り、巡の環スタッフ兼田んぼ隊長の川嶋さんがバインダーでどんどん刈って行きます。

 

 

ウィーーーーン。

 

刈った稲はそのまましばらく乾燥させ、運ぶときのために重さを減らします。

いい具合になったところで、皆で力を合わせて運び、“えいそ”で束ねていきます。

 

 

 

お手伝いの11人は海士町の役場や教育委員会、稲刈りを聞きつけて「ほいだら私も行くだわい」と駆けつけてきてくれた人たち。

手の空いた人が、人手の必要な他の田んぼに手伝いへ行く素敵な習慣です。

 

田舎だから当たり前でなく、人として真似したい海士の人たちの気持ちだなあとしみじみ。

 

 

 

“えいそ”とは稲を束ねるためのひもであり、藁でつくってあります。

このえいそももちろん手作りで、“えいそ隊”と“束ね隊”に分かれ作業をどんどん進めて参ります。

 

お昼は巡の環スタッフ・ハイジさん作のウインナーや卵焼き、お漬物。そして同じくスタッフ兼田んぼ副隊長の角さんと私、本田が作ったおむすびを皆で食べてエネルギーチャージです。

 

田んぼの側で皆で食べるご飯はおいしい。

 

力もつけたところで作業再開。

午後は日差しが強いので、効率的にやっていかなければなりません。

 

ここからが本番、“ハデ”作りです。

 

 

“ハデ”とは稲を乾燥させるための土台。

今の時代、刈り取りから乾燥、束ねるところまで一つの機械で終えることも可能ですが

 

この“ハデ”で乾燥させたお米は味がぜーーーーんぜん違うんです。

 

そのおいしさを実現するためには、まずはハデの支えとなる重たい木を運んでいきます。

 

 

大黒柱となるのは太くてずっしりした木。

 

男性陣は一人でたくましく、女性人は二人で一本を運び

裸になった田んぼの地面に大きな穴を開け、その木をさした後は地面が支えてくれます。

 

 

 

稲を置けるように、竹を木に対して横に並べていき、重なる部分を頑丈に縄で縛るのですが、

稲をしっかり支えてくれるようにするためにも、この作業がとっても責任重大です。

 

 

 

目標は脱穀までの稲を乾燥させることなのですが

そのための作業は重労働。

 

 

若い世代はやり方も分からず、その重労働に足は重くなっていきますが

長年海士に住み、お米のこともハデも熟知した師匠達(農業歴数十年)は手元が早い早い。

 

簡単に結んでいるように見えるのに、縄だってしっかり縛られています。

 

島前高校のひとつなぎ部の皆や、巡の環プロジェクトの五感塾の方々も皆自己紹介をしながら作業を進めていきます。

 

参加する皆、目的は違います。

 

 

島前高校の皆と話すと、ひとつなぎ部や、島前高校の島留学のことについて本当に楽しそうに話してくれ

こんな風に生徒が楽しそうに話す島前高校は、すごく素敵な学校なんだと思いました。

 

プリクラもカラオケもない島ですが、島前高校の子どもたちはすごく楽しそうな顔をしていました。

 

 

彼女たちはきっと、空いた時間はつぶすのではなく、海士や島前高校がもっと面白くなるようにいろんなことを考えているのだと思います。

 

 

 

五感塾の方々は、今回お話する機会はあまりなかったものの

海士町と巡の環が人を引き付ける理由は何なのか、ツアー中考えさせられました。

 

 

 

そんな中無事に完成したハデ。

 

じゃーーーーーん。

IMG_2103[1].JPG

 

 

このハデに皆で束ねた稲をどんどんさし、すべてにさし終えた風景は圧巻でした!

 

IMG_2108[1].JPG

 

 

今回の田んぼツアーでは、自分のいる環境を目一杯楽しんでいる高校生から元気をもらい、農業の師匠たち、海士町役場のみなさんからは、たくさんの温かい気持ちをもらいました。

 

 

私だったら、広島での生活の中で、稲刈りやハデ作りのように、終わった後はへとへとになってしまうような大変な作業を

 

「ええだわい」

 

の一言で手伝えるかなあ・・・なんて反省。

 

 

 

 

稲刈りの作業中でも、会社の連絡を取ったり、食事や飲み物の手配、ハデ作りの工程のメモ(のちにテキストとなる)を忙しくする巡の環スタッフさん達を見て

 

海士町をよくするために、いろんな人が関わって、本当に巡ってるんだなあと思いました。

 

 

皆で穫ったおいしいお米が、たくさんの人に届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2014年9月19日 16:01


初夏に田植えをして、秋に刈り取りをした私たちのハデ干し米。
それが先日脱穀を終えてついに新米として食べられるようになりました!
私(スタッフ・角)は今年入社ですべて初めての経験、感動もひとしおです♪

 

脱穀作業は思っていたよりハード。
お米を稲から取り外されるとき、モクモクと塵が飛び交ってました。

MK041565.JPG

はじめスタッフだけでやっていたときはなかなか進まなかったのですが
プロ(お世話になっている農家さん)が来て下さってからのスピード。はやすぎるぅぅぅ!!!

 

想像以上に早く終わってほっとひといき。

MK041570.JPG



脱穀、精米を終えたお米。
田んぼツアーに参加してくださった方に明日お送りします♪

CIMG2041.JPG


この田んぼをさせていただいてる地区で先日収穫祭が行われまして、
そこで新米のハデ干し米を試食いただきましたー。
好評につき、3升炊いたのですが売り切れ!!!

嬉しくて、今から来年のコメ作りにむけて情報収集に励んでおります♪
こちらのハデ干し米は「ひとつむぎ米」として販売もしています。
http://www.ama-webdepart.com/fs/amadep/kome/gd100


 


2013年11月18日 09:37


 

巡インターン生 佐藤

 

稲作が盛んな宇受賀地区に、巡の環の田んぼがあります。

そこで9月14~16日までの3日間、田んぼツアーが開催されました。

 

AMAカフェに参加してくださった社会人の方、過去に何度も参加されている常連の方、大学生の方と

様々な立場の参加者の皆さんと稲刈りをし、ハデを組み、稲穂を干し、ゴハンを共にさせていただきました。

 

気まぐれな島の天気はよくあたる農家さんの読みも裏切り、

ハデを組み立てた2日目はザーザー降りの雨。

 

地元の師匠の仕事を見よう見まねで真似してみるものの、

稲わらを束ねる手つき、ロープの扱いひとつとってもスピードも出来もぜんぜんちがう!

 

バインダー(稲を刈る手押しの機会)に挑戦していた男子学生の方も扱いに四苦八苦。

ポーカーフェイスでさくさく働く師匠は何馬力なんだ、、、と皆で感嘆。笑

 

さてさて、全身どろまみれのへとへとになりながら立てた

ハデの出来はと申しますと、、、、、

 

 

たおれました。

 

 

(自分も倒れるかとおもいました。)

 

元気を振りしぼり無事な稲を救出し一時休戦。

 

ホテルに戻ると、倒れたハデを見かけた宇受賀の方々が心配して

即座に「倒れとるぞ!!」という連絡が。

 

師匠をしてくれた方々も、普段のお勤めの外に近所の農作業の手伝いをしたり、

休みの日には1日草刈りをしていたり、大変多忙なのです。

そしてこうして巡のために一緒に作業をしてくれます。

 

ハデが倒れても、

「いい経験だわい」

 

がはは、と笑ってまた一緒に組みなおしてくれる。

かなわんなーーーー。

MK161455.JPG

都会の仕事では、(まだ働いたことがないのでアルバイトレベルの想像ですが)

自分の仕事の成果がどこにどんな影響を与えているのかがわかりにくい気がします

だから、しごとのいろいろなパーツを組み合わせて考えたり、

全体に責任をもつという感覚がつきにくい。

 

わたしはインターンに入った直後、田んぼツアーの3週間前くらいからずっと

「えいそ」をつくっておりました。

 

「えいそ」とは、ハデ干しするときに稲を束ねるもので、

去年の稲わらを結んでつくります。

小学4年生くらいの子がちょうど両腕をまわした程度に稲の束をまとめてしばります。

これが結構重い。

 

MK161519.JPG

(えいそとインターン生加藤)

 

 

この束を一つずつハデ木にかけていくのですが、

3メートルくらいのハデの上にのって、稲束を引き上げていく作業はめちゃくちゃしんどい。

(私はむりなのでせっせと下で稲を運んでいました)

 

ここでえいそがゆるかったり、ダメえいそが混ざっていると、

 

皆が汗を流し、へとへとになりながら運んだ稲束の結びが

 

「ブチッッッッ。」

 

、、、、、、、、。

 

たかが数本の稲わら。されど重要な稲わら。

あなどるなかれです、「えいそ」

 

 

えいそをせっせかせっせかつくって、

数を達成することはその場では効率が良いように見えるけれど、

 

作る意味は数をこなすことではなく、

きちんと縛って、その先に乾燥があって、精米されるところまできっちり行われる事だよな、

と当たり前の事ながら反省。

 

仕事の全体像をしらなければ、本当に必要なものは

作れないということらしいです。

 

(今自分がしていることが、どういうことなのか考えながら動いてみよう。)

 

MK161515.JPG

 

 

とてもいろいろ感じた中のそのいち。終了


2013年9月19日 14:44


 
これまでの田んぼツアー参加者から届いたツアーの感想をご紹介します!
 
田んぼツアーとは…
年に4回実施しているツアーで、お米作りの流れを体験できるツアーです。
地元の方に教えてもらいながら、ものすごくお世話になりながら
その時期ごとに応じた田んぼの作業をします。
一つの田んぼで田植えから始まり、9月のツアーでは稲刈り、はで干しまで終わりました!
 
あとは脱穀と新米試食会を残すのみです!
10月ツアー参加はこちら!
 
 
 
■7月田んぼツアー
テーマ「草抜きと海遊び」
 
DSC00481.JPG
 
大阪から参加して下さった方です。
海士町に来て感じたこと
他の参加者の方とお話してとても勉強になったと思ったり、
「人の為に何かしよう」と立ち上がる人の姿を見て感銘を受けたそうです
当たり前だけど、なかなか出来ないこと…
自分の中で起こっていた変化に気付かれたそうです
 
 
 
■9月田んぼツアー
テーマ「稲刈りとはで干し」
 
DSC_8260.JPG
 
沖縄県 伊平屋島から参加して下さった、巡の環の卒業生の方です。
いろいろな目的を持って今回のツアーに参加してくれました。
第二のふるさとである海士に帰ってきて感じたこと
今回、参加者としてツアーに参加して感じたこと
このツアーで初めて会った参加者と「また逢いたい」と思える出会いが出来たり、
自分が元気で楽しく過ごしていることが
お世話になった方への恩返しになることを実感されたそうです。

2012年11月29日 09:02


インターン生の天津です。
 
9月16日_2日目スケジュール
まずは神社にお参りをしました!
DSC_8423.JPG
1日目作業することばっかりでお参りしていなかったんですよね…
だから天気が悪かったのか…?笑
 
1日目の頑張りのおかげで終わる目処がたち、
今日はゆるゆるおしゃべりしながら作業に
 
DSC_8466.JPG
あれだけたくさん作ったえいそが足りない!という事態に陥ったため、
まずはみんなでえいそを作りました
 
そこからは1日目と同じ作業
けど途中、宇受賀の方がのぞきにきてくれたり、
「初めてやるんやけどー」と言いながら一緒に作業をしてくれました
DSC_8480.JPG
 
DSC_8481.JPG
 
DSC_8485.JPG
 
DSC_8518.JPG
 
DSC_8561.JPG
 
そしてそして、ついにはで干し完成!!!!!
みんなで汗をかきながらはでを組んで、稲を刈って、縛って、運んで、はでに乗せて完成したはで干し
自分たちで作ったからこそ感じることができる嬉しさでした!
すごく迫力があって、すごく愛着が湧いて、すごくきれいでした。
DSC_8590.JPG
 
DSC_8566.JPG
 
そして稲を刈りきった田んぼとその田んぼに出来上がったはで干しを見ながら神社の参道でお弁当を食べました
なんとか天気ももって、気持ちの良い風も吹いて、すごく気持ちよかったです
 
お風呂に入り、昼からはグループに分かれて行動しました
地元の方のお家にお邪魔してお話を聞いたり、
海士町の取り組みや巡の環の取り組みと観光したり、
それぞれ全然違う半日を過ごしました。
 
そして晩ご飯の時にみんな再開
お互いに昼からどんなことをしたのか共有しました。
全員で一つの話題でずーっとお話したり、
1日目とはまた違うとても楽しい会でした
DSC_8648.JPG
 
そして二次会へ!
参加者もスタッフも誰1人欠けること無く全員で行きました
お酒を飲みながら話をしたり、途中からはカラオケが始まり、
全員が立って踊るほどの盛り上がりでした!
 
9月17日_3日目スケジュール
台風が近づいていて、
午後のフェリーが欠航した場合を考えて朝の便で皆さん帰ることに…
あまり時間がなかったのですが、振り返りをし、
全員でこの3日間(2日間?)のことを振り返り、
感じたことや、気づいたことを1人ずつ発表していきました。
昨日の盛り上がりは、全員で作業した後、分かれて行動して、合流したのが「戻ってくる」という感覚で、
そしてそれぞれ何をしたか共有したことが良かったのではと感じる方
はでは効率のわるいものだが、それをみんなで協力して作ったということが大切
便利さと豊かさは違うと、はでを作って感じた方
肩書き関係なくみんながクリーンな状態で作業できて、みんな感覚が素直で、受け入れることができた
それはこんな2日でできるものじゃないと感じた方
 
 
フェリーが出航する20分前に急いで宿をでて、菱浦へ向かいお見送りしました。
風が強くて、フェリーがなかなか回れないようでした!
 
最後はばたばたでしたが、なんとか無事に終わりました。
はでも無事台風を乗り越えることができました。
DSC_8599.JPG
 
えいそ作りからはでが出来上がるまでを体験できて良かったです。
全員がほぼ初めての体験で、地元の方から教えてもらいながらの作業でした。
肩書きや上下関係に関係なく全員が生徒のような立場で汗をかきながら作業をするという体験し、
だからこそ、このはでが出来た時の迫力はすごかったです
また、作業を通して生まれる信頼関係というものを感じることができました。
たくさんのことを考えるというより、
たくさんのことを感じた2泊3日でした。

2012年9月20日 11:47


インターン生の天津です。
 
9月15日から17日まで田んぼツアーでした。
台風がどうなるか心配でしたが、なんとか稲を刈って、はで干しできましたー!!
 
 
9月15日_1日目スケジュール
DSC_7893.JPG
午後から作業の予定でしたが、天候がどうなるか分からないので、
8時から前日入りした参加者の方とスタッフで稲を刈って、はでも1つ組んでしまいました。
バインダーが入るためのスペースを手刈りしたりしたり
田んぼの中に生えている雑草や豆を刈ったり…
稲を手で刈るとざくざく切れてちょっと気持ちよいです!笑
田んぼの中に入って雑草を刈るのは、田んぼの中に入っていくことが難くて…
稲を踏んじゃったり、雑草の根元になかなかたどり着けなかったり…笑
DSC_7935.JPG
 
DSC_7871.JPG
 
稲って、触れるとすごくかゆくなるので、作業は基本的に長袖長ズボンで、すんごく暑いんです;;
かんかん照りじゃなくて良かったー
 
そしてお昼のフェリーで参加者全員が揃いました
前回の田植えに来てくれた方や、海士町に住んでいた方など、8人の方が今回の稲刈りに参加してくれました
しかも今回は専属のカメラマンさんがついてくれました!!
 
みなさん合流して隠岐牛店へ
DSC_8011.JPG
これからの稲刈りに備えてお腹いっぱいおいしいご飯を食べ、
参加者とスタッフの自己紹介を行いました。
 
ご飯が終わって、ツアーのメイン、農作業!
宿に荷物を置いて、着替えて準備万端で田んぼへ出発
DSC_8019.JPG
はでを組む班と、稲を刈る班と、稲をえいそで縛る班とで分かれて作業しました。
天候がどうなるのか分からないので、ひたすら黙々とがっつり作業でした
 
はでって木と竹とロープだけの簡単な作りですが、頑丈なんです!
簡単な結び方でもぜんぜん動かなくて、ロープワークに感動しました笑
DSC_8148.JPG
 
バインダーで稲を刈るのも、ターンしたり、曲がるのって難しいんです!
 
DSC_8027.JPG
バインダーで刈った稲を集めてえいそで縛るんですが、
稲がぱらぱら落ちてきたり途中で解けないように
きつく体全体を使って縛るので一番しんどい作業だと思いました
またその稲の束が結構重くて大きくて…いっぺんに二つ運ぶので精一杯でした。
 
DSC_8217.JPG
最後の方は雨が少し降ってきて、大急ぎで作業…
なんとか終わる目処がたち、1日目の作業は終了しました。
 
たくさん汗をかいた後は温泉へ
 
その後宇受賀公民館で、稲刈りの先生をしてくれた方やサンライズうづかの方も来てくれて
地元の方と参加者の方、みんなでわいわい楽しくご飯を食べました。
参加者の方も地元の方のお話を聞くことができて良かったようです!
DSC_8347.JPG
 
DSC_8352.JPG
 
田んぼツアー2日目に続く・・

2012年9月19日 11:38


 

今日は田んぼツアー三日目。そろそろ疲れも出てきたところです。自分はなぜか5時半に起きて、参加者の方が寝ている中ごそごそと動き回っていました。

7時半から皆で但馬屋で朝食。但馬屋は料理をいろいろ手作りされているらしく、朝から自家製納豆などをいただきました。但馬屋と聞くと、なまこのイメージしかなかったので、民宿に加え、いろいろされているんだなぁと思いました。女将さんがとても元気のいい人で、こっちも朝から元気になりました。

朝食の後は、1時間程度で町内めぐり。明屋海岸→いわがき養殖所→天川の水→隠岐神社 の順番で行きました。それぞれの場所をしっかり見る時間がなかったのが残念でしたが、基本的なスポットは訪れる事が出来たと思います。

DSC00878.JPG  DSC00932.JPG

DSC00891.JPG  DSC00916.JPG

↑それにしても、岩ガキがこうしてなっているとは、興味深い。。。ここからサイズ分けされるそうです。イカが干してあるのも見られたのは、ラッキーでした。くるくる回っています。

町内巡りを早足で終えたあと、うづかの公民館に戻って、巡りの環のプレゼンを。実は、巡りの環がどういう会社か説明していなかったので、会社の指針、取り組み、現状などについて阿部さんがしました。少しでも興味を持っていただいて、今回の田んぼツアーの振り返りにもつなげていただけたら幸いだと思います。

DSC00976.JPG

プレゼンの後は、2人ひと組みになってのワークショップ。自分がインターン初日の振り返りワークショップのときと同じ質問です。(インターン一日目参照)

なかなか話が深まって、15分という短い時間ですが、有意義な時間を過ごせました。

自分は、こういった田んぼツアーや、海士町に学ぶということを、どうやって普段あまりそういったことに関心のない人々に広めていくかということについて話していました。(途中でワークショップの質問から逸れていってました)

DSC00995.JPG

その後は全体振り返りで、一人一人今回のツアーを振り返っていただきました。途中で、昼食として味蔵のお弁当を皆で食べながら、振り返りを続けました。

DSC00998.JPG

ご飯のあとは最後のお楽しみタイムということで、船チーム、キンセンチーム、ドライブチームと分かれて行動しました。自分はドライブチームに入り、金光寺→木路ヶ崎海岸の灯台という感じでドライブしました。外は半端なく暑かったですが、いい写真が取れました♪

DSC01037.JPG  DSC01057.JPG

↑AMAP!

3日間は本当にあっという間でした。こうして、キンセンで出発を待っているのが信じられないくらいです。皆さんは明日から、それぞれの日常に戻っていくのかぁと、少し寂しい感じがしましたが、この3日間、海士町で過ごしたことが参加者一人一人にとって意味のあるものになったことを願います。自分は海士町の人間ではないですが、なぜか「参加者の方が、また海士町に帰ってきてくれたらいいな~」と思ったりしてしまっていました。(私はその頃、海士町にいないと思うんですけどね。。。><)

最後に、全員で記念撮影↓

DSC01059.JPG

田んぼツアーに参加された皆様、サンライズうづかの方々、このツアーでお世話になった方々、本当にありがとうございました。

 

また9月の田んぼツアーもよろしくお願いします!(^-^)

DSC01076.JPG  DSC01105.JPG  

DSC01073.JPG

 


2012年7月29日 12:48


 

さて、今日は田んぼツアー2日目です。

朝7時半にみんなで朝ごはん。野菜の差し入れもあって、健康的でおいしい朝ごはんになりました。今日はいよいよ田んぼの草抜きに行くので、皆の体調と天気が気になるところです。

DSC00427.JPG

ラッキーな事に、今日は天気が曇りがちで、そこまで暑くなかったので、最高の田んぼ作業日和になりました。サンライズうづかの農家の方たちと、男性陣は草刈り機に挑戦。草が恐ろしいほど簡単に切れていきます。。。

DSC00448.JPG  DSC00449.JPG

女性陣は、を持って草を刈ってました。皆さん泥だらけになりながら、一生懸命草を刈っていらっしゃったので、田んぼがみるみる綺麗になっていきました。(*^_^*)

DSC00465.JPG  DSC00496.JPG

作業のあとには、きゅうりとこじょうゆみそで一服。

DSC00524.JPG

田んぼ作業のあとには、サンライズうづかのハウス見学に行きました。そこで農家の大変さ、挑戦していることなどを聞いて、実際にハウスの中へ。新鮮なトマトがとてもおいしかったです。

こんなに美味しいのに、新鮮なものを新鮮なまま、島外に届けるのはなかなか難しくて、消費しきれないそうです。すごくもったいないな~って感じがします。

DSC00580.JPG  DSC00601.JPG

ハウス見学の後は、公民館へ戻って、農家の方達と自由に懇談会。それぞれ普段はなかなか聞くことができない質問をしたりして、有意義な時間を過ごしました。

DSC00615.JPG  DSC00617.JPG

途中でもう2人の参加者の方も合流して、亀乃のお弁当でお昼ご飯。

 

次はいよいよお楽しみタイムということで、うづかの海へ海水浴。

参加者の方の動きがとても良くなっていて、皆バンバン潜っていました。(自分も潜れるようになりました!(^-^)

DSC00641.JPG

泳いだ後はひまわりにいって、帰って来た人からバーベキューの用意。今回のバーベキューはサンライズうづかの方と一緒に、豪華な海鮮バーベキュー!

アワビが踊っていました。

DSC00656.JPG  DSC00685.JPG

DSC00663.JPG DSC00725.JPG

団欒で食べる食材はどれも美味しく、お箸が止まらずにずっと食べていました。(^_^;)

夜は但馬屋に泊まりました。12時か1時くらいまで参加者の方と飲んだりして、歓談していました。とても賑やかで、楽しい時間をすごせました。(*^_^*)

DSC00740.JPG

明日はいよいよ最終日。無事故で頑張りたいと思います。

 


2012年7月28日 23:41


 

本日は7月27日(金)、ついに、田んぼツアー当日!!

今日から3日間、島外の参加者とサンライズうづかの農家の方々が一緒に田んぼ作業をしていきます。

7月のテーマは草抜きと海遊びです!

どんな3日間になるのか、とてもわくわくしています。

今回の参加者は6人で(2人は明日から合流)で、リピーターの方もいらっしゃるようです。(o^―^o)

DSC00297.JPG

ということで、早速4人の参加者を迎えにいって、味蔵で昼食。食事の際は、まだ緊張がほぐれていない感があったので、今日の海遊びと夜に期待。

DSC00303.JPG

昼食の後は、開発センターにて教育委員会の方からの「海士町の取り組みについて」のプレゼンを受けました。参加者の方々も、真剣に聞いている様子。

DSC00318.JPG

その後は、レインボービーチに直行!ダイバーの方からシュノーケルの使い方の講習をうけて、いざ海へ!初心者の方もいましたが、みなそれぞれで潜りに挑戦してみたりしていて、シュノーケルを使いこなしていました!

自分も潜ろうとしたのですが、なぜか回転するという自体に陥っていました。

明日にはちゃんと潜れるようになりたい!(泣

DSC00328.JPG

レインボービーチのあと、マリンポートホテルの温泉にはいって、今日から始まったキンニャモニャセンターでのビアガーデンへ。屋台などがそろっていて、地元の夏祭りを思い出させる光景でした。焼きそば、さざえごはん、その他もろもろのアイデア商品が売り出されていました。

サンライズうづかの農家の方も合流して、皆で乾杯 (o’ω’)o□☆□o(‘ω’o)

楽しいひと時になりました。

DSC00335.JPG DSC00369.JPG

ビアガーデンの後は、公民館で2次会。すごく盛り上がりましたが、やはり初日で疲れているのか、11時には解散になりました。

DSC00395.JPG DSC00397.JPG

明日はいよいよ田んぼ作業。天気が暑くなりすぎないか心配ですが、とても楽しみです。(@^▽^@)

 

平 


2012年7月27日 14:09


いい天気に恵まれた田んぼツアー第1弾。
島外から7名の方がきてくれました。

今回のツアーは年4回を予定しており、
日本の原風景を守りたいという想いと、
日本の食や、文化の原点であるお米づくりについて
もっと知ってもらいたいという思いで開催しています。

ツアー一日目はお昼のフェリーで到着した後、
島のブランド、隠岐牛を味わってもらい、
役場の課長さんから町の取り組みについて話を伺いました。
その後は、最近NHKのテレビ放送で爆発的に注文が入った、
「いわがき春香」の生産場所を見学に行きました。
巨大ないわがきに感動しつつ、試食をさせてもらいました。

盛りだくさんの一日ですが、ここから釣りに出かけて、約2時間。
10人いて、1匹しか釣れなかった・・(このおかげで2日間毎朝釣りに出かけることになる)

最後は夕食交流会で初日を終えました。

前おきが長くなりましたが、ここからがツアーの本番。

【田植え】

朝8:30に集合して、宇受賀地区へ。
まずは神社にご挨拶。(「上手に稲が育ちますように・・」)

a2.jpg

田植えメンバーは(島外ツアー参加者 7名、地元高校生 2名、 商品開発研修生1名と友人1名、スタッフ4名)
総勢15名の初心者に加えて、地元のベテランの助っ人3名がきてくれました。

a6.jpg

植える前のポイントをご紹介。

地元で「ばば」と呼ばれているこの道具。

ぱっとみただけでは何に使うのかわかりません。

a3.jpg

実は手植え専用の線引き。
これをまっすぐに引いて、この線の上に苗を植えていきます。

a4.jpg

さぁ~て やるぞ!!
と全員 田靴(田んぼ専用の長靴)を履いて泥の中へ。
去年はだしでやったときに比べて断然足が動かしやすい。
田靴の効果バツグンです。


a7.jpg

神社の神様が見守るすぐそばでできるなんて光栄です。
スタッフもみんな田植えに夢中でほとんど写真がないのが残念><
だって田植えが楽し~い。

a8.jpg

10時になったのでお茶の時間にしました。
冷たいお茶にビスケットでほっと一息。
a9.jpg

通りかかった地元のじっちゃんも苗を投げてくれたりと手助けしてくれました。

a11.jpg

休憩の後は文明の利器を体験。

二畳の苗植えの機械に挑戦。
「はや~い」の歓声が上がるも、まっすぐ進むのは難しいです。
a12.jpg

地元の高校生も初体験。

a10.jpg

最後に登場したのが、6畳用の田植え機。これは車と同じで乗ったまま作業できます。
泥に一切足をつかないので、スーツ姿のままでも田植えが可能に・・。

a13.jpg

やってみて思ったのは、やはり手植えが一番丁寧でいいなぁと感じたこと。
でも人手がなくて、大変なのも事実。

2畳用の機械くらいがちょうどいいのではないかとみんなと議論してました。
もちろん植え方でそんなに味に差は出ないと思いますが、
気持ちの問題かな。

文明の進歩を体感できた田植えでした。

ツアーの続きはまた次回に書きます。

次回のツアーは【草刈とえいそづくり】
7月27日~29日を予定しています。
興味のある方は詳細をお伝えしますので、ご連絡ください。
定員10名です。
info@megurinowa.jp


2012年5月 8日 11:47


お久しぶりです。
巡の環の叶です!


先日、ついに新米を食べました!

と、その前にちゃんと脱穀も行いましたよ。

ハデから稲をおろして、
コンバインで脱穀していきます。

PA162827.JPG

この作業、マスクが必須アイテム。
細かい稲の欠片(?)が風に舞うので
なかなかきついです><
ゴーグルがあるならなお良し。
そして終わったあとはチクチクするので
すぐにシャワーを浴びることをお薦めします。

脱穀をしている横では火をおこして
焼き芋と竹飯盒の準備♪

PA162834.JPG

焼き芋の芋はアイガモ米生産者の向山さんの
育てた薩摩芋を掘らせていただきました^^
さて、メインのお米はどんな感じかな?

111016_1543~0001.jpgのサムネール画像


竹飯盒でもなかなか上手に炊けるものです^^
もちろん美味しかったですよ♪

さてさて、日を改めまして、
今回のお米作りでお世話になった
宇受賀地区の方々をお招きして
ちょっとした感謝祭を行いました!

会場は宇受賀地区公民館。
自分たちで新米を炊き、豚汁などを作りました。
その他、漁師の方がサザエを持ってきてくださったりと
お昼から豪勢な食卓♪


PA253089.JPG


みんなでわいわい楽しみながら囲む食卓は
本当に幸せです☆
まるで大きな家族みたいです。

実は私、この日にちょうど東京出張から帰ってまいりまして、
ご飯のあまりの美味しさに全てのお料理を2人分食べました(^^;)
体中の細胞が喜ぶような、そんな美味しさでした。
まさに食欲の秋!

お米を作るにあたり、ご協力してくださった地域のみなさま、
本当にありがとうございました!
これからもご指導のほどよろしくお願いいたします!!(^^)/




2011年10月31日 14:49


miniP1050183.jpg

はで干し完了です。

稲の種まきにひたすら通った4月。
5月にみんなで田植えをし、途中機械が故障したのも記憶に新しく、
それから毎日「田んぼ当番」を順番で回して
水がなくならないかを管理して、
田んぼの周りの草刈に、田んぼの中の草抜きを行いました。

そして稲刈り準備で、えいそ(縄)づくりに、はで木組みをやって
ようやくたどり着いた稲刈り。

miniP1050158.jpg

この日は天気に恵まれて、朝から総出で頑張りました。
またまた役場の方と、地域の方のお手を借りながら2時間程で刈り終わり。

miniP1050166.jpg

バインダーで刈ったものを大きな束にしてえいそ(縄)でしばります。

隠岐自然村に新しく入ったインターン生の方も力仕事頑張ってます!
「昨日東京から隠岐に引っ越してきて、さっそく自然や地域の人と触れ合う機会があって嬉しい」
と喜んでいました。

miniP1050167.jpg

さいごに「うらすけ」をします。
干した稲の後ろからもはで木で支えて倒れないように補強です。

miniP1050182.jpg

阿部も信岡も地域の方に習って縄できつく縛っていきます。

そしてなんと
さいごのさいごに軽トラが田んぼの泥にはまってしまいました。

男たちが力の限り押してます。

あまりの勢いで前に倒れてしまったK氏。
田んぼの勲章をあげます。

miniP1050177.jpg

皆様お疲れ様でした。
そしてお手伝いいただいた隠岐自然村の皆様と地域、役場の方々に御礼申し上げます。

新米が出来上がったら、ぜひ収穫祭(試食会)やりましょう~~^^

2011年9月27日 13:49


先週の三連休に稲を干すための「はで」をたてました。

地域の方に教わりながら(というかほとんどやってもらった・・)
木と竹を組んでいきます。

最初に穴を掘って、木をさしていい具合にななめに倒します。




mini110918_142142.jpg

そのあと竹を横にして、木に結び付けて 
ズリ落ちないようにします。

ロープを使って縛っていくのですが、
このロープでの結び方に知恵がありますね。
地域の方はこれを一人で組んでいたそうで、関心しました。

通りがかった役場の方の応援もあって、なんともスピーディにできあがりました。
本当にありがとうございました。

できあがったはでに刈った稲をのせていきます。

miniP1050149.jpg

このはで組みのやり方は地域特有の珍しいものだそうです。

稲を二股にしてかけるタイプではなく、
わら束をそのまま竹の間にのせるタイプです。

ここから約一ヶ月間天日干しにします。

なので、はで干し新米の味レポートはもうしばらくお待ちください^^

2011年9月21日 11:04


こんにちは。

お久しぶりです。叶です^^


今日は朝から「えいそ」作りというものを行いました。
「えいそ」とは何ぞや?と思われた方も多いかと思います。
私も始めて聞きました。
「えーそ」という風にも聞こえます。


それを作っている風景がこちら↓

①まず藁をキレイにそろえて、余分なものをそいでいきます。

P9131738.JPG


②次にその「えいそ」とやらを作ります。
藁を一握りくらい取り、それを二つに分けて、
ねじったり、縛ったりしながら紐を作るのです。

P9131741.JPG


最初のうちは「えっ、どうやって作ったの?」と
作り方がわからずちょっと頭を抱えてしまいますが、
慣れてくるとどんどん作れちゃいます♪
午前中のうちで200本ほど作りました。

P9131737.JPG



今日の先生は私たちの田んぼがある地区に住んでいる
おじいちゃん。

「昔はよう、やったけど、今やるもんはおらんよ」といいながら
作り方を教えてくださいました。

さて、この紐、何をするためのものか分かりましたか?

正解は...


刈った稲を縛るための紐」

でした^^


巡の環田んぼも収穫の時季です。
今月末には稲刈りを行う予定です。
その前の事前準備ということなのです。
ハデ干しをする予定なので、この紐は絶対に欠かせないのだとか...。
ビニールなどの紐で縛るとツルツル滑ってしまってダメなんですって。

次の年のために藁をとっておくことも
刈った稲を縛るための「えいそ」をとっておいた藁で作ることも
ハデを作るために木や竹を用意しておくことも
稲を刈る前にハデを作っておくことも
段取り上手にならないと仕事ってできないんだなと感じました。

いろんなことが勉強になります^^





2011年9月13日 15:10


miniP1040918.jpg

こんにちは。萩原です。

今日田んぼ当番なので宇受賀の巡の環の田んぼにいってきました~。

たわわに実ったお米たち。
そろそろ稲刈りが来週くらいから始まる見込み。
一斉に稲刈りがされていく風景も
秋の風物詩ですね^^

ただ台風が近づいていて稲が倒れないか心配です。
稲が倒れると機械での作業が難しくなるので、
農家さんは困ると聞きました。


miniP1040917.jpg

黄金に輝く稲たち。

青い服をきて田んぼの中に入って「ナウシカごっこ」をするとかしないとか・・。(^^;)




2011年9月 2日 14:31


先週の土曜日の午後。

巡の環のスタッフは
自分たちの田んぼの草抜きに
出かけました。


かねてからずーっと気になっていた
「藻」もとるために。。。

P1030417.JPG


ご覧の通り、田んぼ全体に広がっています><


最初は簡単に考えていた草抜き。


でも実は結構ハード(^^;)


P1030421.JPG


泥の中なので動きにくいし、ずーっとこんな感じで中腰状態。


取った「藻」と草たちは田んぼのまわりにとりあえず投げてと。。。


P1030424.JPG


4人で約2時間頑張ったけど、半分までしかできませんでした。


P1030437.JPG


作業をしている間、田んぼの近くを通る地域の方たちが
声をかけてくれました。
実は、毎日のように私たちの田んぼを見てくれている
方もいます。

「昔は田ぐるまってものがあってねぇ」とか

「早く肥やしも入れにゃいかんよ」とか

いろんなことを教えてくれます。


たくさんの方たちに見守られている巡の環田んぼ。

収穫の秋が楽しみです♪







2011年7月 6日 15:00


こんにちは。萩原です。

昨日田植えをしました。
今年は生産者がどのように作業して、お米がつくられるのかを
自分たちで体験して売りたいという気持ちから米づくりに挑戦します。

天気は良好。
絶好の田植え日和です。

miniP1010346.jpg

田植え機を地元の方にお借りしてスタート。

miniP1010360.jpg

普段なにげなく通っている景色ですが、中に入っていざ作業しようと思うと広く感じました。

miniP1010374.jpg

お世話になっている生産者の方に使い方を教わって、いざっ!

miniP1010379.jpg

なかなか機械を扱うのが難しいようで。

まっすぐにいかない。

miniP1010382.jpg

う~ん。曲がっています。

初心者なのでご愛嬌です。

このあと順調に進めていき、まっすぐになってきて慣れたところで
なんと機械が故障。

miniP1010383.jpg

トラクターでひっぱりあげてもらいました。

miniP1010384.jpg

なかなかはじめからそう上手くはいかないものですね。

miniP1010402.jpg

機械でできない、隅のほうは手植えを丁寧にしていきました。

 

miniP1010407.jpg 

小さめの機械をお借りして、手植えとでなんとか一日で終了しました。

これから毎日水の管理をして大切に育てていきます。

****************************

海士WebデパートへGO
今回お世話になった生産者はサンライズうづかの皆さんです。
有機米研究会をひらいたり、化学肥料を使わずにアイガモによるお米の生産をされています。

海士町の味をお試しください。(海士Webデパートのお米のページに飛びます)

http://www.ama-webdepart.com/fs/amadep/c/kome

*******************************

 


2011年5月16日 10:06