アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        






こんにちは。巡の環でインターンシップをさせて頂いております松本です。

海士に来てあっという間に2週間が過ぎ、私のインターン生活も折り返しです。とりとめのない文章になりそうですが、この2週間で感じたことを自由に書かせていただこうと思います。

 

海士に来た感想は、都会と田舎の両方の側面を持っているな…と。

Iターンが多く、その多くは都会で生活していた方です。考え方や仕事の仕方、話の仕方、顔の広さなどに驚き、地方都市でしか生活したことのない私には本当に刺激的な毎日で、「田舎者だから…」と恐れ多くなってしまいます。

その一方で、夜になると真っ暗。田舎が好きで、よく田舎を訪れている私でも、ちょっとギョッとするくらい暗い場所があります。暗すぎて、「闇に吸い込まれていく」ような、今まで味わったことのない感覚がして、昔の人は、夜外に出るとなるとこういう世界だったのだろうな…なんていろいろなことに思いをはせていました。そんな通勤路も、最近ではだいぶ慣れてきて、真っ暗には見えなくなっています。もしかしたら、ちょっと目がよくなったかも…なんて思っています。坂があるので、近くて短いですが、いい運動になっていて、毎朝田んぼが広がる道を自転車でかけています。私の夢の一つに、「田舎で、自転車通勤をしたい!」というものがあります。ドクターコトーのドラマを見て、幼いながらあこがれました。最近気づいたのですが、この思いは、きっと「地に足をつけて生活したい。自分の手で、自分の足で。生きている実感がほしい」というものであるような気がしています。田舎での生活は、意外と忙しくて、「生きている」感覚でいっぱいです。そして人の顔が見える分、いろいろな人の「想い」でいっぱいな気がします。想いがひしひしと伝わってきて、様々な瞬間に愛おしさを感じます。やっぱり田舎が好きだなと思います。

 

毎日のように、興味深いお話を伺い、こんな世界もあるのか…と勉強になり、刺激的です。しかしながら、私の方の理解が追いついておらず、ちょっと消化不良で、新たな価値観に「私は何を選ぶのかな…」とよくわからなくもなってきます。私は一体、どういう生き方をするのでしょうか。ただ田舎で暮らすにしても、いろいろな暮らし方・生き方ができるのだなということもここにきて改めて感じています。

 

残りの2週間は、私の未来の選択肢を増やすか減らすか、どちらでもいいので何か感覚がつかめれば…と思います。その為に、もっともっともっと、いろいろな場所に出ていこうと思います。そして人見知りで自信もないですが、どんどんお話をしようと思います。ここでの生活はいろいろありすぎて、1か月あっても全然足りないと思いますが、残りの2週間、1日1日を大切に過ごします。


2016年3月22日 14:28


siki01.jpg

 

海士の人、海士を訪れたことのある人ならわかると思いますが、
海士を楽しむ醍醐味は、夜のスナック♪ 
海士のスナックは、健全なカラオケのできる居酒屋というイメージです。


海士に遊びに来た人が、
地元の人と美味しいものを食べた後、お酒を飲んで、気分よく一緒にカラオケをして、
たくさん笑って、お互いをさらけ出して心を通わせる。

地元の人たちも、たとえばお祭りの後の直会(なおらい:打ち上げ)で盛り上がった後にスナックにいって、
さらに盛り上がる。仕事帰りにちょっと気心の知れた友人たちとスナックへ行って一杯やろう。


堅い場ではシャイな海士の人たちも、スナックではたくさんの本音を語ってくれます。


そんな島内外の交流の拠点として、たくさんの思い出を生み出し、
島の暮らしを楽しませてくれる海士のスナックの1つ、スナック四季から求人がでました。

オーナーの田村さんから、
「いまのママが体調不良で近いうちに辞めなければいけないので人を探している」と相談をもらい、
写真の撮影と記事の作成をお手伝いさせてもらいました。

代表の阿部や社員の川島もよくお世話になっているお店で、
ここがなくなると、本当に困る人がたくさんいます。
ぜひ、周りの方にお声掛けください!

最後に掲載していますが、とっても太っ腹な紹介者特典もあります。



<勤務条件>

■対象 30~40代の女性
■勤務時間 4~6時間
※お店の営業は夜8~12時、日曜日定休が基本ですが日によって異なります
■業務内容 楽しくお客さんとおしゃべりしながらの接客業で、2つのタイプの求人があります
①ママとして、週6日勤務
②日替わりママとして、週2日程度勤務
■収入
①ママの場合、売り上げの20%
②日替わりママの場合、時給制。(平日と土曜日で異なります)
※①の場合、1人で島暮らしをするには問題ない金額になります
具体的な金額は、オーナーの田村さんにご確認ください
■住宅
オーナーが住宅の手配等、島での生活に必要な準備も手伝ってくれます


siki03.jpg
<こんな人にきてほしい>

・お店の名前の通り、春夏秋冬を素直に感じられる人
・人とのおしゃべりが好きな人
・ハングリー精神をもって、いずれは自分の店を持つくらいやる気のある人


<オーナーの田村さんは、こんな店にしたい!と思っています>

・海士町民全員に愛される店
・ウソのない信用のある店
・老若男女が気軽に立ち寄れる店
・スナックというより居酒屋風の店
・島内のいろんなイベントに積極的に参加する店


siki04.jpg
<応募方法>

ご興味のある方はこちらまでご連絡ください。
スナック四季
田村武士(たむら たけし)
090-3639-1664
shikiama855@gmail.com


<ご紹介特典>

ご紹介いだけた方がママに決まった場合、紹介していただけた方に以下の特典をプレゼント!
ぜひ、飲みに来てくださいね!!

①ママの場合
海士町民は生涯50%割引
島外の方は生涯無料

②日替わりママの場合
海士町民は生涯30%割引
島外の方は生涯50%割引

<掲載情報>
■海士町について
http://www.huffingtonpost.jp/
2013/11/07/ama_n_4232760.html
■海士町ホームページにスナック四季が掲載されています
http://www.town.ama.shimane.jp/kankoh/shop/0403/post-53.html
■「海士人」という本にもスナック四季が掲載されています
http://www.amazon.co.jp/dp/4862761429



siki02.jpg
2016年3月18日 09:39


 

 

約1か月のインターン生として、ここ巡りの環にお世話になっている

立命館アジア太平洋大学3回生の宮崎 頌子です。

大分からご縁があってここ海士町にやってきました。

 

 

私が海士町に来てはや2週間程がたち、残りのインターン期間もあと2週間ほどとなりました。

時間が流れていく早さにとても驚いています。

そこで今回はもう半分を過ぎた私のインターン生活がどのようなものかについて、

お話ししていきたいと思います。

主に業務内容と気づいたことや感じたことを綴っていきたいと思います。

 

 

今回のインターンの業務内容

・研修のお手伝い

 巡りの環の研修の補佐としてお茶出しの準備や買い出し等を社員の方と一緒に行いました。全体を予測しどういうことが起こっていくのかを考えながら準備をしていくので、準備の仕方を学んだことでひとつの自分の社会経験としてとても良い経験が出来ました。また、準備やお手伝いをしながら研修に参加していろいろな方のお話を伺うことが出来たので、自分も参加者の方々と一緒に学び、自分自身の考え方も研修に参加したことで変化していきました。

 

・電話対応

 

・えいそ作り

 

・さくらの家のお手伝い

 しまのハーブティーとしてふくぎ茶を販売しているさくらの家で働いている方たちと一緒にふくぎ茶のお手伝いをしました。

 

・村上家周辺の清掃

 

 

これらの業務内容や海士町での生活を通して気づいたことは、海士町には働くことを生きがいとしているとても魅力的な方がたくさんいらっしゃるということでした。

 

 

これからの2週間は今までお会いした素敵な方たちとの交流を深めながら、自分の人生について深く考え過ごしていきたいと考えています。

 

 


2015年9月11日 16:38


海士町 巡の環での10日間のインターンが終了しました。

このインターンを行うにあたって、私は地域ごとの魅力を多くの人に伝えるためにはどのような手法やプロセスがあり、行われているのかを学びたいと思ってきました。

巡の環での活動は海士町に暮らす様々な方の話を聞き、その内容や思いまたは人と人とをつなぐ活動を行っていて、私は今回「昔と今の写真展」の準備や「明日の海士をつくる会」の事務局会議への参加をさせていただきました。

この10日間で感じたことが2つありました。

1つ目は、地域の人1人1人が発信者、受信者であることです。

期間中様々な人とお話をさせていただく機会がありました。その中で自然と出てくるのが「海士らしさってなんだろう」「海士のここをこのようにしたい」といった海士町のことでした。他の地域では訪れたこちら側から聞くことはあっても、住んでいる人がそのような会議の場ではない食事中やふとした瞬間に自身の暮らす地域の魅力や未来についてなかなか話すことはなかったので最初は驚きました。しかし自然と海士について話すほど海士のことが好きで、1人1人が海士に対する思いを常に持ち続けているのだと感じました。

また、私のようなインターン生やIターンの方が多い海士町は、島外から来た人から見える海士町についての意見にも熱心に耳を傾けられていて、その客観的意見を通して吸収し、さらに海士について考えている印象を持ちました。

日常生活において自然に海士町のことを考え続けていることこそが海士町が魅力的であり続ける理由なのではないかと思いました。

2つ目は、人のつながりによって行われているということです。

世の中多くの物事は1人ではできず、多くの人の支えや協力によって成り立っているといわれますが、海士町での活動はそのことを強く感じました。

「昔と今の写真展」や盆踊りなどイベントを行う際に、人手が不足していると聞けば仕事の合間に駆けつけ、自身の仕事内容を生かした手伝いを行ったりと自身の利益によって動くのではなく、「○○さんのお願いなら」「困っているのなら」「私にできることがあるなら」といった人と人との強い信頼関係のもとに行われているのがとても印象的でした。

信頼関係とともに、1人1人が海士町を良くしたいと思っているからこその協力や応援であるのかなとも思いました。

 

海士町は食事も文化も自然も素敵なところでしたが、

なによりも海士町に住んでいる人こそが海士町の最大の魅力なのではないかと思います。

10日間あっという間でしたが、様々な人と海士町についてお話をすることができて多くのことを考えた充実した毎日でした。

私を受け入れてくださった巡の環、海士町のみなさんありがとうございました。

 

久米由佳


2015年8月31日 15:34

前の10件  1  2  3