アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        






信岡です。東京で暮らし始めて6ヶ月が経とうとしております。

ふと、島でたくさんのことを学んだあと、

東京で仕事をしてみて思うことがあるので、

ちょっと文章にしてみようと思います。

 

東京で、以前働いていた時と今を比べて、

ずいぶんと、「やりたいこと」と「しなければいけないこと」とを

マッチングさせるのがうまくなったなという感覚があります。

 

というのも、

自分がやりたいこと、それは「ひとつの形」ではなくて

「複数の要素の集まり」なのだなと思うようになってました。

 

よく、キャリアパスという言葉があり、

自分が最終的に行きたいキャリアに向けて、

まっすぐに進むというのがありますが、

 

実際に未来を想像する力、リアリティをもって空想しようと思うと、

「ひとつのやりたいこと」が出来るようになるために

「複数の出来ること」を身につけないとそれは出来ない。

そうだとすると、

「やりたいことに向かって他のものを削ぎ落としていく」というよりも

「やりたいことのAの部分は、この仕事でレベルアップして

 Bの部分は、この集まりでレベルアップして」という感じで

むしろ、「やりたいことを膨らませていく」ことで

日々の色んな物が全部、やりたいことに繋がっていくような

そんな感覚があります。

 

 

それは例えば、どこかとの新しい仕事の打ち合わせをしていて

先方のやりたいことが一つ、自分のやりたいことが一つだと、

マッチングするためには、

完全にやりたいことが一致する必要がある。

 

しかしながら、向こうのやりたいことが10個

こっちのやりたいことが10個あれば、

一緒にやりたいことは、3つくらいあるので、

そこが落としどころになる。

 

実際は、やりたいこと3つと、やりたくなくてもやること3つくらいの

仕事になると思うのですが、

ちゃんとそれはやりたいことに繋がっていく必要条件になっていく。

 

 

そんなことを考えていると、もしかすると、

いまに不満があるときというのは

「やりたくないことで日常がいっぱい」なのではなく

「やりたいことが足りてない」のかもしれませんね。

 

カレンダーが、やりたいことと、

やりたいことのために必要になるやらないといけないこと

ばかりで埋まってくる毎日です。

 

 


2014年10月30日 16:38


こんにちは、信岡です。

東京でいろいろと動きながら、

島の大使館という企画を月2日、オープンしています。

 

http://megurinowa.jp/news/2014/07/post-90.html

https://www.facebook.com/shimanotaishikan

 

さて、始めてみるとですね、

一番感じているのは、

「ああ、この感覚懐かしいな」という感覚です。

 

どんな景色に懐かしさを感じるかというと、

僕は12時から22時までそこのカフェに

ただいる、のですが、そうすると

「今日は遊びに行きますね」

と言ってくれていた友人や、久しぶりの人が

ふらりとやってきてくれます。

同じタイミングで2組来て下さったときには、相席にして

一緒に話したり。

 

 

それは昔、大学の時に友人と

町家コミュニティを作っていたときの感覚にすごく似ていて、

 

自分が外側に向かって心が開かれている時間に

すごく低い敷居で人と話が出来る、

目的がなくても、話すことがなくても、

ふと、「元気そうか顔を見に来た」

という世界の中で、人と人が話し始めて繋がる。

 

偶然の幸せというのを、セレンディピティというらしいですが

とても、セレンディピティにあいやすい時間。

 

それは、ハードとしての「縁側」である場所でありつつ

そこにいくことそのものは、

ソフトとしてもやはり「心が縁側の状態」で居れるという意味でも

心地が良くて、

 

そういう時間をまた過ごせていることに

とても嬉しい気分がしております。

 

そういう事を思うと、島のおばあちゃんと畑で立ち話していると

「まぁ、あがってお茶でも飲みんさい」と言われてる風景が

浮かんで来て、9月の稲刈に島に帰れるのが、楽しみ♪


2014年8月29日 12:46


久しぶりにブログを書きます。信岡です。

この5月から東京にきて感じることは、たくさんあって、

海士で生活をした後と、する前にいた東京では

ずいぶん見え方が違うなと思います。

 

そんな中で、ふと出て来たものがこちら

 

class_matrix1.png

 

これは縦軸に自分のいる世界の経済的ゆとりを

横軸に隣りの世界への関心をとって、4つの象限に分けたものです。

 

経済的にゆとりあり、自分が生き残るが優先 →資産家
経済的にゆとりあり、他者と共に生きるが優先 →騎士
経済的ゆとりなく、自分が生き残るが優先 →貧者
経済的ゆとりなく、他者と共に生きるが優先 →僧侶

というようなクラス分けをしてみてます
(もうちょっと言葉選びたい)

で、これを使って浮かんで来た問いは

1:資産家はなにがあれば騎士になるのか
2:騎士は、自分の経済的ゆとりがなくなると
  貧者になるのか、僧侶になるのか
3:貧者は経済的ゆとりが出来ると、騎士になるのか資産家に 
  なるのか
4:僧侶は、なにがあると、貧者になるのか

などです。

すると人と話していて出てきた意見として

 

「周りの自然や人に生かされている感覚があるかどうかが

 けっこうキーかもね。」

とか

「貨幣経済への依存度が高いと資産家や貧者になりやすいかも」

という意見がありました。

 

ふとそこでイメージしたのは、

 

高度経済成長によって、この階級のマトリックスは

こう移動したんじゃないかという仮説。

class_matrix2.png

 

貨幣経済だけで生きている人をたくさん増やして、

一億総中流というみんなが資産家になれる状態をつくった。

その結果、資産家(貨幣経済だけで生きている人)は増えたけど、

その副作用として、騎士や僧侶も減った。

 

それが経済が失われた20年と言われながら衰退してしまうと

class_matrix3.png

 

資産家でいられる層が減って、でも社会関係資本や自然資本などが

回復しないために、貧者が増える。

 

結果、全体としての生きづらさが増えていく。

 

そんなイメージ。

 

自然資本も社会関係資本も、一朝一夕には創れないので、

どうしても一度失われてしまうと、

もう一度、騎士や僧侶として生きる%を増やしたいと思っても

ハードルが高くなりすぎる。

(現実世界で、隣の人に手を差し伸べようとすると、

 トラブルが大きくなる確率が高くて

 怖くて手が出せない)

 

しかしながら、これだと貧者になるか資産家になるかしか

選択肢がなくなってしまうので、

ますます競争社会からの脱落=悲しいだけの世界

になってしまう為、隣りの世界への関心が

持ち得なくなっていく。

 

たぶん、この全体としての支える力というか、

競争脱落への恐さを減らすために、

 

騎士や僧侶としての割合を増やしていく方法

そんなものを探しているんじゃないかなと

そんなことを感じる東京暮らしであります。

 

そしてそれは誰かのためにというよりも、

自分や自分の子どもに対して

競争以外の選択肢を残していきたいと思ったときに、

必要になる活動なのだろうなと、

そんなことを感じました。

 

海士ではずいぶんと、騎士や僧侶的な

優しさに触れていた気がします。

 

みんなでその感覚が共有できると、

未来が生きやすくなっていくんじゃないかなと

そんなことにワクワクします。


2014年7月22日 07:28


巡の環でお世話になっているみなさまへ

 

巡の環の阿部と信岡です。

 

早いもので海士町で起業して6年の月日がたち、

会社として7度目の春を迎えております。

 

これまで無事活動を続けて来られたのは

ひとえに皆様のご支援のおかげと

深く感謝しております。

 

この度、創業メンバーでもある信岡が

2014年4月1日をもって常勤の取締役から

非常勤の取締役へと勤務形態を変更し、

5月中旬に、海士を離れることとなります。

信岡の次の活動拠点は東京になります。

 

年末より信岡からの相談に阿部が応える形で話し合いがあり

熟慮したうえで二人の同意をもってこの決断となりました。

 

信岡は、巡の環および海士でどうやって

よりよい未来への小さな成功モデルが作っていけるのかを

この6年間考え続け、多くのことに挑戦してきました。

しかし、海士側からだけの働きかけとして、過疎化していく

島の課題を解決していこうという問題意識では

興味関心のある人も集められる力も限られてしまい、

その限界を感じているところです。

海士が都会側からみて「支援する・される」

という関係になるのではなく、

これから日本全土で一緒に迎える人口減少社会という

かつて経験のない大きな共通テーマにむけて、

どうすれば都市に住む人も田舎に住む人も一緒に、

同じ神輿を担ぐチームになれるのか

という問題に取り組むための動きを

手探りでやっていくことにしました。

 

阿部としては、巡の環のこれからや

これまでの多くの海士の人からの温情など

いろいろと熟慮すべき重大な決断であると分かりながらも、

それでも、信岡が「信岡らしい生き方」を

全うすることを応援したいという気持ちを

最優先させたいと思い、

今回の海士を離れるという信岡の決断を受け入れました。

お互いが自分の一番大切にしたい生き方をするための

よきパートナーとして、そして大きな意味では起業当初から変わらず

お互いに同じ夢に向かってこれからも助け合いの出来る仲間として

新しい段階に進もうと思います。

 

信岡は東京に行ってからも、非常勤の社外取締役として

定期的に連絡を取りながら、東京側からできることを模索しつつ

変わらず巡の環の活動には参加していきます。

 

このような形で、傍目から見れば不安定な会社でありますが、

自分たちらしくしっかりと生き、これからの世の中に必要とされる

価値を提供し続けていきます。

 

今後も巡の環も信岡も含め、

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

120916_104844_000.JPG

株式会社巡の環

  代表取締役 阿部裕志

  取締役    信岡良亮


2014年3月31日 19:34


親愛なる皆様へ
 
お世話になっております。巡の環の信岡です。
海士にきてはや丸6年が経ちました。
 
昨年末にはしゃん山に自分の名前で商品を出すという
島に来た当初に阿部と冗談で話していた目標も叶いました。
 
さて、このたび一つ報告がありまして、ちょっとお手紙のような
文章を書かせて頂いております。
 
この5月をもって、私、信岡は海士を出る事にし、
新しい環境に身を置く事に決めました。
突然のご連絡になってしまい本当に申し訳ありません。
 
この6年間、海士の多くの人に公私ともども支えて頂き、
会社の心配やらご飯の心配やら、
うまく島での暮らしに馴染めるかなど
見える所、見えない所含めてご配慮いただいていたことと思います。
自分自身、海士に来る前と今とではまるで違う自分で、
ずいぶんと自分のことを好きになれるようになったと思います。
田んぼも少しは育てる経験ができ、
畑は草刈りのままならぬ不格好ながらも
家でとれたシソを夕食に出来るようになり、
島の多くの人と道行くときにかける挨拶の心地よさは
6年前とはまるで違うものになりました。
 
本当にありがとうございます。
 
そんななかで自分でも驚くような感じなのですが、
海士を離れるという決断を12月の終わりに致しました。
 
海士を離れる理由は、なんと伝えていいものか
あんまり分からず、
会社もこの島の自然も、海士の人も
一緒に酒を飲み交わせる友人もとても好きなままです。
 
ただ島でいろんなことにトライさせていただき、
自分の出来る事、出来ない事、見えてくる世界そのものが
ちょっとづつ変わってきました。
 
海士に来た当初、僕は都会での
「誰のために働いているのか分からなくなる」という
大きな仕組みの経済の中で働くことに身体が
拒否反応を示してしまい、
「何の為に働いているのか」が見える小さな経済を
よくすることにむけて頑張れないかという思いで
海士に来ました。
 
小さな経済を回すというのは、
世の中でいうと「地域を元気にする」ということかもしれません。
 
そこに向かって6年間いろんなことをやってきた中で
自分なりに
・地域を元気にするって、いったいどういうことか、
・どうすればそれが出来た状態といえるのか、
・それは本当に出来るのか
そんなことをずっと考え続けてきました。
 
その中で僕の中で変わってきた感覚が
「地域に元気がないことが問題なのではなく
 地域と都市との繋がり方=関係性の問題で
 その繋がり方の感覚を変えないと
 この少子高齢化していく社会の中で
 地域が元気になるというのは達成出来ないんではないか」
というものでした。
 
これは例えば、
生活習慣病の患者が病気の症状が出たときに、
薬を処方するという対処療法ではなく
そもそもその患者が生活習慣病になりやすい
生活スタイルをその町から減らすために
ラジオ体操を一緒に楽しむというのに
近いかもしれません。
 
これは患者と医者の関係ではなく、
一緒に良い生活習慣を楽しむチームになるという
関係に変わる事です。
 
決して、医者としてその形が偉いといいたいわけではなく、
自分自身も同じ生活習慣を営むものとして
その人と関わろうとすることだと思うのです。
 
僕にとって地域を元気にするということが、
そういう、都市と田舎の関係を
一緒の未来を見る関係になるためには
どう変えていくかに変化したとき
 
一度島を離れて声を届けたい都会の人側の世界に
身を置いてみようと思ったのです。
 
立場の違う人同士がどうすれば
同じ未来を見れるようになるのか
 
その部分に注力して、自分の出来る事を
増やしていきたいと思うようになり
この決断に至りました。
 
具体的な方法やどうすればその思いが
達成出来るのかはまったく未知です。
 
この選択が攻めか逃げかは自分でも分かりませんが、
人生は一度きりだ ということを
感じることがいくつかあり、
自分の直感に従ってみようと思い、
巡の環の仲間や海士の人の
僕に対する今までの気持ちを幾分か損なうだろうことも
ちゃんと承って、次のステージにいこうと思います。
 
あまりうまく説明ができずにごめんなさい。
またぜひ飲みながらでもちゃんと話せるといいなと思うのですが、
まずは一度こちらにて、ご報告させて頂ければと思います。
 
長文お付き合いくださり、ありがとうございました。
 

2014年1月23日 18:22


現在、隠岐諸島を世界ジオパーク(世界遺産とともにユネスコの認定)に
認定してもらう動きがでているらしいです。

ジオパーク??ってなんだということで、

少し引用「ジオ(地球)に親しみ、ジオを学ぶ旅、
ジオツーリズムを楽しむ場所がジオパークです。」

隠岐諸島は、国立公園に指定されるほど、
自然豊かとは聞いていましたが、
改めて自分たちの足元の魅力を勉強する機会ということで、

ジオパーク認定に向けた取組の一環として、
ふるさと再発見ツアーが開かれ、参加してきました。
(主催、海士町教育委員会)

最初は座学で学びながら
ジオパークの説明や隠岐のどんなところが
地質学や植物の生態系として面白いかを学びました。

P7130845.JPG

そしていよいよフィールドワークへ

P7130865.JPG


隠岐神社や、明屋海岸など普段も行くところですが
改めて話を聞くと知らないことがいろいろと・・・。


P7130870.JPG

お、こんなところにこの植物が! 珍しい!!
なぜかって・・・。

それは来てのお楽しみです(笑

ヒントは、「大陸性」。

ただ珍しいとか珍しくないとかっていうのは
それだけを見て分かるものではないので、
広く他の植物や、分布などを知っていないと
希少性が分からなかったりするので
奥が深いですね。

浮世絵がずいぶんと安価で外国に流出した歴史もありますが、

目利きの人がいるといないで、ずいぶん守れるもの守れないものが
違ってくるのだろうと感じました。





2011年7月13日 17:14