アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        






こんにちは。
普段は島根県隠岐郡海士町にある街づくり会社(株)巡の環所属の松島です。

震災後、実家のある宮城県白石市に戻り、
その後活動の舞台を宮城県亘理町に限定しはや2週間。

やっと一つの形が出来ました。

今後も粛々と現場の問題解決に挑んでいければと思っております。

やればやるほどやるべきことがみえてきて、怒涛のように過ぎ去る日々、あと一ヶ月程度は島に戻らなさそうです。

今後も目の前の現実に真摯に向き合い、
粛々と現場の問題解決に貢献していければと思っております。

今度とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
●東北太平洋沖地震:
温泉宿に滞在するボランティア@宮城県亘理郡亘理町
-------------------------------------------------------------------
4月8日(金)~4月20日(水)まで
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3月11日に日本を襲った大震災から早3週間が経過しました。

津波の映像がテレビに流れる度、何か私にできることはないか?
そう考える方も多いと思います。

しかし、こんな悩みをお持ちではありませんか?
・現地での移動手段がない、宿泊先がない、テント泊は不安
・現地で長期の滞在を考えている。しかしテント泊だと燃え尽きないか心配...

こういった方々を対象に、
20名限定で大浴場つき温泉宿に宿泊提供いただきます。

ご協力頂くのは、宮城県 蔵王町 の遠刈田温泉にある「温泉山荘だいこんの花」。
震災の影響で休業中のため、宿泊場所の協力を頂くことになりました。

期間は4月8日(金)~4月20日(水)まで。人数の上限は20名。
申し込み多数が予想されます。お早めのお申し込みお願い致します。
大浴場ももちろんご利用頂けます。

興味ある方は是非いらしてください。

■ 企画詳細
【日時】
4月8日~4月20日まで(滞在は1日~可。長期滞在者優遇)
【定員】
20名(個人、グループ問わず)
【参加費】
1泊1500円(ガソリン代、車の保険代、その他経費)
宿に関しては無償でご提供頂いております。
【宿泊場所】
遠刈田温泉温泉山荘「だいこんの花」(宮城県亘理町まで車で約1時間)
http://www.ichinobo.com/daikon-no-hana/
宿での過ごし方についてはオリエンテーションさせて頂きます。

注意:
掃除は自分たちで行います。 
洗濯機はありませんので必要な替えの衣類をご持参下さい。 
食事は含まれません。 
1部屋に6~7名、相部屋でお泊まり頂きます。 
ボランティア受け入れ終了後、宿ではすぐに営業再開のため 
マナーを守りきれいに使用するよう協力的な施設利用をお願いします。

【内容】
活動:宮城県亘理郡亘理町
ボランティア窓口:亘理町災害ボランティアセンター
http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?g...
・民家での片付け手伝い:ヘドロの撤去・家具移動等
・避難所での泊まりこみ
・その他必要な作業

現場の状況は日々刻々と変化しているため、
作業も日々変化しております。
ご要望に添えない場合もございますが、ご了承下さいませ。

■参考URL
・ヘドロの撤去作業風景はこちらのブログから(動画付き)
http://blog.livedoor.jp/mattsun00/arc...
・亘理町、山元町の被害状況の大きな写真
http://www.flickr.com/photos/shinjon/...
・よくある現地での質問(ライフライン、交通手段、持参物)への回答はこちらのブログのコメント欄参考にしてください。
http://blog.livedoor.jp/mattsun00/arc...

■参加申し込み
担当:志村 
volunteer.watari@gmail.com
090-3648-7971

※参加申し込みは以下の項目をご記入頂き、メールでご連絡下さい。
件名:亘理町でのボランティア企画_氏名_開始日_終了日
1.氏名(グループの場合は代表者名と人数)
2.年齢
3.性別
4.携帯電話番号
5.携帯メールアドレス
6.住所
7.希望日程:現地到着日時+宿泊日+現地出発日時
8.行き、帰り交通手段
9.参加動機

■お問い合わせ:
下記ブログへのコメントにてお願いいたします。
こちら同じ質問へ回答する労力を避けるためです。ご協力頂けますと幸いです。
http://blog.livedoor.jp/mattsun00/arc...

■現地までの送迎、その他に関して
・亘理町災害ボランティアセンターに17時集合です。
・バスで亘理駅まで居らっしゃる方:災害ボランティアセンターまで
事前にご要望頂ければ8時15分に亘理駅にお迎えにあがります。
住所:宮城県亘理郡亘理町字旧館62-1

作業前後にお申し込み下さった皆様を、
宿と亘理町災害ボランティアセンター間で送迎いたします。

【協力】
亘理町災害ボランティアセンター
株式会社巡の環
ソーシャルブリッジ株式会社
アースデー東京タワーボランティアセンター
温泉山荘「だいこんの花」
有限会社竹鶏ファーム
有限会社グリーンアトリエひらきゅう
有限会社但木

関連企画:東日本大震災復興支援 天ぷらバス ボランティアチーム
http://www.eco-tourismnet.org/


2011年4月 7日 23:14


おはようございます。
巡の環、最年少の松島です。

ここ数日、ドタバタしておりました。


■ 近況報告

ここ一週間は、毎日宮城県亘理郡亘理町を訪れ、今は小さく小さく、現場で戦っている方々の問題解決をお手伝いする日々です。(なお企業としてではなく個人で動いているのでご注意下さいませ)

・亘理町へランドセルを赤15個、黒15個手配:土屋鞄製造所様より
・今後連携する東京の方々現地コーディネート
・自分自身も、民家片付けボランティアにほぼ毎日参加
・一人、亘理町で連携して動く仲間あらわる。

その他色々種まきをしています。少しずつ現地での情報を公開できればと思っております。

今回の記事では外から考えるボランティア内容と実際に体験して感じるボランティア内容が大きく異なるのでこちらレポートいたします。

■ 亘理町災害ボランティアセンターの雰囲気(3日の風景)

まず、亘理町の災害ボランティアセンターへ。県内で数少ない県外からのボランティアを募集。
たくさん人がいます。


 
センター内では中学生?もボランティアで仕分け作業中です。



■5日の作業内容

5日は、床板を一枚一枚はがし、その後床下に10cm近く溜まったヘドロをひたすら運び出す作業をしました。9時開始で16時まで。休憩は昼食入れて全部で1時間半位。実作業時間5時間半。かなり腰にきました。。



地元のおじちゃんたちと、本気で取り組んだ大人の泥遊び。
今日はヘドロとお友達になりました。

是非下記動画をご覧になって下さい。
ヘドロをひたすら運び出す作業風景です。
(ナレーション+撮影:@hhhoriken  さん)

  

ヘドロ、まだ匂いはひどくないです。
しかし、仮に夏までにヘドロ撤去作業が終わらなければ恐ろしい悪臭がし始めます。5月か6月くらいまでにはヘドロ撤去を終えなければ。本当に人手が足りない。。
皆様のお力が欲しいです。

興味ある方はこちらまで。
2.松島へメール:ura.chikka@gmail.com か @mattsunn かブログへのコメント
 

■ 残念なことがおきました。


この記事を見て、やっぱり現地にはいかないほうがいいんだ、と思う人が増えることが怖いです。現場では圧倒的にマンパワーが足りていないので。僕は「ただの被災地観光」はやめるべきだと思っています。しかし、災害ボランティア+被災地で消費活動(宿泊や飲食)をセットで行う場合には積極的に現地入りすべきだと考えています。
 

■最後に
今まで亘理町でひとりで動いていたのですが、新しく現地で動いてくださる方が見つかりました!
某外資系IT企業を退職後、世界一周をされていた方。

色々仕掛けていきます。

参考:@hhhoriken さんも今日のことブログに書いてくれてます。
http://ameblo.jp/jinseitanoshindenanbo/entry-10852624929.html


2011年4月 6日 07:07


皆さん

こんにちは。海士歴10ヶ月の松島です。
実は私、2011年3月11日よりずっと島外におります。

088.jpg

(3月19日、宮城県石巻市にて物資届けボランティアをしたときの様子:松島撮影)

■ M9.0 地震の衝撃

2011年3月11日、M9.0 の地震が日本を襲いました。
3月30日午前10時点で、死者11,232名、行方不明者16,361名、計27,593名。

私の実家は宮城県白石市、
大学入学までの18年間私が育った地です。
幸い津波の被害はありませんでしたが、
震度6弱の地震に襲われた市です。

高校の同級生や親戚には、
宮城県の沿岸部で暮らしていた方もたくさんいます。

だから、身近に今回の地震によって影響を受けた人々がたくさんいます。

幸い家族は無事だったのですが、
・ 警察官として働いていた高校の同級生が津波で殉職したり
・ 実家が津波でまるまる流された友人や
・ いちご農家として生計をたててきたが、いちご畑がすでて津波で駄目になった親戚
 ...etc 

今回の震災、
決して人ごとに捉えられません。

■ 自分にできることは何か?

そんな中、今私は実家のある宮城県白石市にいます。
ここを拠点として、今回の被災者に対して自分にできることはないか?
と考え動き続ける日々です。

今後、最低週2回、私の震災への取組みレポートを
巡の環ブログにアップしていこうと思っております。

この記事は、簡単に3月11日から今までの動きを共有して
終りにしようと思います。

・宮城県石巻市、仙台市へ:富山県の有志の方による物資届けボランティア
・宮城県白石市: メディアに出ない情報を個人ブログに流す
・福島県相馬市: 白石市にあるNPOの方々と、物資届け手伝い+情報収集

また、現在は宮城県亘理郡山元町で活動しております。
こちら複数プロジェクトが同時進行中でして、
詳細はまた別のブログにてお知らせ致します。

皆様の無事を祈って。

松島宏佑


2011年3月30日 11:38



こんにちは。
HPリニューアル後3回目のブログは、海士歴9ヶ月の松島がお送りいたします。

今日は、「島流地域インターンプログラム」の打ち合わせで、
島の素敵おじさまのお宅にお邪魔してきました。

nakamaesan_ama.JPG

この方、実はすごい方。

80歳を越えても「かなぎ漁」をされ、あわびやさざえを捕ってらっしゃいます。
若い頃は、北極行きの船の乗組員をされてた時期もあるとのこと。

本題はここからです。

ふと、テレビの下を見たらこんな紙切れを発見。。

song_bokenaiuta.JPG

この歌を、地域のおじちゃんおばちゃんが、三味線を引きながら歌ってるらしいです。

恐るべし、、、

---------------------------------------------------------------------------------------------

ボケない歌

風邪を引かずに、転ばすに笑い忘れずよくしゃべり
頭と足腰使う人、元気ある人ボケません

スポーツ、カラオケ以後俳句、趣味のある人味もある
異性に関心持ちながら色気ある人ボケません

歳をとっても白髪でも、頭はげてもまだ若い
演歌唄ってアンコール、生きがいある人ボケません


ボケやすい歌

何もしないでぼんやりと、テレビばかりを見ていると
のんきなようでも、歳をとりいつか知らずにボケますよ

仲間がいないで一人だけ、いつもすることない人は
夢も希望も逃げてゆく、歳をとらずにボケますよ
お酒も旅行嫌いです、唄も踊りも大嫌い、お金と
ストレス貯める人、人の二倍もボケますよ

---------------------------------------------------------------------------------------------

皆さん、海士でこの歌を一緒に歌って
長生き目指しましょう!



2011年3月 1日 21:00