アーカイブ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        






こんにちは久々のブログです。

銭谷です。

最近事務所で昼食を作って食べることが多いので、

その中から選りすぐりのものをご紹介ww

先週知夫中学校からきてくれていた安藤君と最後の昼食をしました。
久々にみんな集まってわいわいできました。

miniP1080708.jpg

作ったのは白イカのカレーピラフと安藤くんが手伝いで掘ってくれた
さつまいもです。うまいっ!

miniP1080706.jpg

こちらは米子にある「玄米Cafe 日々の糧」さんが作り置きしてくれたグリーンカレー。

ココナッツがきいててすんごい美味しかった!
オクラ、かぼちゃなど夏野菜もゴロゴロとはいってて夏バテにぴったりでした。
ごはんは五穀米でした。

miniP1080750.jpg

そしてこちらが今日つくったあごだしの粉末をつかったペペロンチーノです。

パプリカと白イカをいれてみました。
もうすぐ新発売するあごだし(580円)ですが、

やはりレシピがないと使い方が難しいということで
社内で試食会をすることに。
意表をつくものと組み合わせたかったので、パスタにしてみました。
感想としてはちょっといれすぎたのか、粉っぽくなってしまい
舌触りがよくなかったのと、魚の匂いが苦手な人には食べにくいかもしれないということです。
おいしく食べられるレシピをまたつくってみよっと。

海士の食材がネットから購入できます。

海士Webデパートのサイトはこちら→http://www.ama-webdepart.com/index.html

miniP1080753.jpg


2012年8月30日 13:33


こんにちは。
新事務所に移って約3週間がたちました。
日々片付けをしたりしています。

みなさんお近くに来たときにはお立ち寄りください。

さて、↓の写真は新事務所の玄関にペンキを塗っているところ。
手作りでいろいろと工夫して良くしていけたらいいですね。
miniP1070845.jpg

じゃ~~ん!!

仕上がりはこんなかんじ。 
どうせなら上の部分とかも色統一したほうがいいかも。
おいおいやっていきます。
miniP1070847.jpg

オレンジのは立て看板。
私が島に来た当初やっていた「さざえさんカフェ」で使ってたもの。

今後週一とかでお茶会できたらいいな~。
まだもう少し先になるかもです。
**

それから今週はじめに歓迎会を行いました。
まだスタッフページにも載っておられませんが、
6月から巡の環にはいった吉村さんの歓迎会をしました。

miniP1070889.jpg

おいしいイタリアンのケータリングをお願いして、
みんなで楽しいひとときを過ごすことができました。

最後に登場したケーキ!!
イタリア語でなんてしゃれていますよね^^
miniP1070892.jpg

会社のメンバーがそろうのは珍しいけど、
またやりたいですね。

これからもどうぞよろしくです。



2012年6月13日 17:37


いい天気に恵まれた田んぼツアー第1弾。
島外から7名の方がきてくれました。

今回のツアーは年4回を予定しており、
日本の原風景を守りたいという想いと、
日本の食や、文化の原点であるお米づくりについて
もっと知ってもらいたいという思いで開催しています。

ツアー一日目はお昼のフェリーで到着した後、
島のブランド、隠岐牛を味わってもらい、
役場の課長さんから町の取り組みについて話を伺いました。
その後は、最近NHKのテレビ放送で爆発的に注文が入った、
「いわがき春香」の生産場所を見学に行きました。
巨大ないわがきに感動しつつ、試食をさせてもらいました。

盛りだくさんの一日ですが、ここから釣りに出かけて、約2時間。
10人いて、1匹しか釣れなかった・・(このおかげで2日間毎朝釣りに出かけることになる)

最後は夕食交流会で初日を終えました。

前おきが長くなりましたが、ここからがツアーの本番。

【田植え】

朝8:30に集合して、宇受賀地区へ。
まずは神社にご挨拶。(「上手に稲が育ちますように・・」)

a2.jpg

田植えメンバーは(島外ツアー参加者 7名、地元高校生 2名、 商品開発研修生1名と友人1名、スタッフ4名)
総勢15名の初心者に加えて、地元のベテランの助っ人3名がきてくれました。

a6.jpg

植える前のポイントをご紹介。

地元で「ばば」と呼ばれているこの道具。

ぱっとみただけでは何に使うのかわかりません。

a3.jpg

実は手植え専用の線引き。
これをまっすぐに引いて、この線の上に苗を植えていきます。

a4.jpg

さぁ~て やるぞ!!
と全員 田靴(田んぼ専用の長靴)を履いて泥の中へ。
去年はだしでやったときに比べて断然足が動かしやすい。
田靴の効果バツグンです。


a7.jpg

神社の神様が見守るすぐそばでできるなんて光栄です。
スタッフもみんな田植えに夢中でほとんど写真がないのが残念><
だって田植えが楽し~い。

a8.jpg

10時になったのでお茶の時間にしました。
冷たいお茶にビスケットでほっと一息。
a9.jpg

通りかかった地元のじっちゃんも苗を投げてくれたりと手助けしてくれました。

a11.jpg

休憩の後は文明の利器を体験。

二畳の苗植えの機械に挑戦。
「はや~い」の歓声が上がるも、まっすぐ進むのは難しいです。
a12.jpg

地元の高校生も初体験。

a10.jpg

最後に登場したのが、6畳用の田植え機。これは車と同じで乗ったまま作業できます。
泥に一切足をつかないので、スーツ姿のままでも田植えが可能に・・。

a13.jpg

やってみて思ったのは、やはり手植えが一番丁寧でいいなぁと感じたこと。
でも人手がなくて、大変なのも事実。

2畳用の機械くらいがちょうどいいのではないかとみんなと議論してました。
もちろん植え方でそんなに味に差は出ないと思いますが、
気持ちの問題かな。

文明の進歩を体感できた田植えでした。

ツアーの続きはまた次回に書きます。

次回のツアーは【草刈とえいそづくり】
7月27日~29日を予定しています。
興味のある方は詳細をお伝えしますので、ご連絡ください。
定員10名です。
info@megurinowa.jp


2012年5月 8日 11:47



こんにちは。巡の環の萩原です。
怒涛の3月が終わって、ぼちぼち振り返りながら3月のことを書いています。

かわちゃん(川島)がありがとうの会のことを書いてくれたので、
私は夕食交流会について書こうと思います。

とその前に少しだけありがとうの会の感想。
私自身海士で初めて司会をさせてもらいました。
一人じゃなくて、かわちゃんと一緒だったのでまだ安心感がありました。
笑いをつくりだせない司会ですみません><
今後の課題ですね。

あとあの場はとっても楽しかったです。
手伝ってくれたメンバー含めて、楽しみながら、柔らかく、温かい空間にしたいね
と話していたので、場の雰囲気にあらわれていたかなぁと思います。
もちろん地域の人があれだけたくさん来てくれて、内心緊張していましたが・・。

さてさて夕食交流会はどうだったかというと、
食事はいつもお世話になっている桑本千鶴さんのイタリアンのごちそうが並びました。
卒業メンバーも大喜びでした。

P1070058.JPG

本当にたくさんの方とお食事をさせてもらいました。
信岡の名司会で途中で席替えをしたり、おもしろアナウンスが入ったりと
場を盛り上げてくれました。

P1070075.JPG

盛り上がりのピークはやはり民謡。
三味線、歌は生演奏。(ありがとうございました^^)

日々練習に励むヤングつば喜のメンバーで躍らせてもらいました。
P1070092.JPG


舞台での民謡のあとは、みんなで「キンニャモニャ」!!
しゃもじの代わりにみんなおはし持ってます(無礼講で(笑))

P1070108.JPG

生演奏に合わせてみんなで踊って。
飲んで騒いで歌って・・と楽しい時間は流れていきます。

最後に卒業生それぞれからコメントをもらって、
「う~さ~ぎ~お~いし♪」の歌の大合唱でしめました。

P1070100.JPG

阿部さんもすごい楽しそう^^

このあと二次会に流れて、夜は更けていきました・・


2012年4月13日 17:27


こんにちは。萩原です。
久々のブログ更新なので、どんなテンションで書いていいか迷いますが、
いつもながら、ゆるゆるな気分で書かせていただきます。

さてと
今年にはいって、えびす祭りが盛大に行われ、1月のメインイベントは終わったかのようですが、
巡の環にはもう一つ大きなイベントがありました。

1月27日から29日の2泊3日で2社合同の合宿を米子で行いました。
もうひとつの会社は、現在巡の環といっしょにプロジェクトを動かしている会社です。
本当は社員の方とそのお子さんも一緒に参加する予定でしたが、
雪の状況もあり、社員の方は来れませんでした。

規模は縮小されましたが、その代わり濃い~交流できたと思います。

miniP1060307.jpg

研修ホテルの部屋から大山がみえました。
宿泊した施設は「シャトーおだか」というところで、
温泉の大浴場や、体育館、研修ルームが整っていました。
米子駅からも近くて便利で、とても良いところでした(^0^)

miniP1060308.jpg
結構立派なところ。

さておき研修はですね。
交流(体育館)と対話を交互に行いました。

体育館での写真を撮り忘れてしまったことが残念(:_;)
あまりに楽しすぎて、熱中して忘却していました・・><

ほんとに子供のようにはしゃいでやったことは
ドッジボールに、おにごっこに、だるまさんが転んだ?!まで・・
極めつけは信岡がスターになれるバスケ(笑)

いや~スポーツは本当に体で語るかんじがいいですね。
真冬に汗だくになりながら、心を通わせていきました。

みんな目が本気だし、体育館シューズをわざわざ持っていった甲斐がありました。
巡の環の男性陣の3人も必死のダッシュで、そろそろ筋肉が悲鳴を上げているかも。
miniP1060321.jpg
午後は他社の方とペアを組んでンタビューし合いました。
自己紹介も兼ねて、「自分が普段している仕事について」と「仕事をする上で大切にしていること」
それから「将来どうなりたいか」というテーマで互いにインタビューしました。

・プロ意識をもって仕事をすること
・物事はとらえよう、常に楽しむ意識で取り組むなど
違う会社だからこそ、様々な意見が聞けてよかったです。

午後昼食をはさんでペアを変えて
「過去、仕事のトラブルに対して、今ならどうするか」
これはそれぞれが経験したミスを共有して、今後も同じことが起きないようにするために話し合いをしました。

厳しい企業人ともなれば、立たされる場面も相当なプレッシャーを伴うことが多い。
そんな場面でのミスは、ひとりの責任で済まないこともあるということを知りました。
本当に冷や汗、脂汗が出ますね・・。

miniP1060351.jpg

最終日は参加者が話し合いたいテーマを出していきました。
これから独立して進んでいく人にとっては、会社の雰囲気をどうしていくかは重要なポイント。
どんな人と一緒に働きたいか、足りてない要素は・・などなど
それぞれこれからに向けて考えるきっかけとなりました。

miniP1060354.jpg

初めての試みが終了し、それぞれが色んな気づきと感想をもっていました。
他社の方とは、3日間を通じて、打ち解けられてとても仲良くなったのですが、
もっとひとりひとりと話したかった。という感想が多かったです。
隠岐にも興味をもってくれて、家族をつれて、今年中に来てくれると約束してくれました。

次回はどこで、どんな合宿になるのでしょうか。(フフッ)

おまけ①
初日と2日目のごはんでお世話になったのは、いつも巡の環を見守ってくれている「日々の糧」さんです。

おまけ②
1月29日は巡の環の誕生日(設立記念日)☆(オメデトー)
miniP1060364.jpg
カメラマンがのせ上手でみんないい笑顔^^

阿部しゃんのイタズラっこな一面ww
miniP1060360.jpg

ではでは風邪を恐れずに元気にスポーツしていきましょ~~。


2012年1月30日 15:14


こんにちは。巡の環の萩原です。
隠岐國商工会さんからの紹介で、海士町出身の川本くん(専門学校生)が
今日1日、巡の環にインターンをしに来てくれました。

1日という短い時間でしたが、巡の環の事業内容を知ってもらったり、
少しだけ巡の環の活動を体験してもらうことができたかなと思っています。

以下は川本くんの感想です。
*******************************
1日インターンシップ体験をしに来ました、川本です。

私自身海士出身ですが、実は海士のことをあまり知らないということが
今日インターンシップをさせてもらって分かりました。

例えばさくらの家でふくぎ茶が作られていることや、
隠岐自然村の取り組みについても初めて知りました。

商品開発について、インタビューの体験をさせていただきました。
インタビューでは何を重点的に聞いて良いかや、
話のまとめ方が難しかったです。

商品開発については自分が思っていたより難しいことなんだと感じました。
・商品開発に携わる人の意見の違い
・値段の設定 などです。

今日1日を通して、インタビューのまとめ方や分からないことを聞くといった
自分の足りていないところが分かって良かったです。

お昼に巡の環のみなさんと食べたオムライス(桑本さん手作り)が、とても美味しかったです。

miniP1060055.jpg




2011年12月12日 16:45


こんにちは。萩原です。
先月の11月12日から14日に「サステナビリティ日本フォーラムのエコツアー」が海士で行われました。
このエコツアーは「海士で日本や世界が持続可能な未来に向かうヒントを得る」という目的で行われました。

来られたのは、サステナビリティ日本フォーラムの事務局や会員の方々です。
みなさん顔見知りの方がほとんどで、最初の自己紹介の場面から終始和やかな雰囲気でした。

miniPB123837.jpg
(自己紹介の場面、簡単に所属と今回のツアーに期待していることを話してもらいました)

1日目スケジュール
●オリエンテーション
●町内観光
●海士の取り組み説明
●山内町長を訪ねる
●夕食交流会

町内観光では、現在世界シオパークの加盟に向けて活動している隠岐ジオパーク事務局の
野辺さんに、地球が誕生してからの地質の変化や地域の歴史、文化などの話を聞きながら廻りました。

miniPB123860.jpg
(金光寺)さまざまな民話となっているお寺です。


明屋海岸も廻りました。
miniPB123954.jpg

赤い土や絶壁などおもしろい地形の成り立ちなどを伺いました。

その後開発センターに戻り、役場の課長さんから
海士の取り組みについて話を伺いました。
バブル期~平成の大合併の嵐期~自立の道
当時の時代背景と課長の想い、住民の方の声などを聞いて
身近に感じることができました。

その後は山内町長を訪ねて、自然エネルギーの話や
海士が持続可能な社会のモデルとしてどの位置にいるのかを
参加者の方と一緒にお話しました。

夜は夕食を食べながら交流し、二次会、三次会と歌って、飲んで、笑って
よそ者、若者関係なく、とても楽しい時間を過ごしました。

*****
2日目スケジュール
●宇受賀地区でしめ縄づくり
●明屋海岸でランチ
●社会福祉協議会の片桐さんとお話
●御歳100歳になられる波多さんとお話
●島民の方を交えたお話会
●夕食交流会

この日は午前中から地域の方に教わりながらしめ縄をつくりました。

miniPB134152.jpg

初めての経験で、参加者の方々は縄をなうのがとても難しく、
しめ縄をつくるのに、ひたすら「縄ない」の練習をしました。
ちょっとずつうまくなって、最後には自分でつくったしめ縄が出来上がりました。

miniPB134149.jpg

じゃじゃ~~~ん これは三つ網バージョンです。

地域によっていろんな形のしめ縄があることを知りました。
私もつくったやつをお家に飾ります。

天気が良かったので、明屋海岸でランチをしました。
海士産のものがふんだんに使われているお弁当をいただいて
少しのんびりとリラックスをして、参加者は思い思いの時間を過ごしました。

午後からは2つのグループに分かれて、
社会福祉協議会の片桐さんと御歳100歳になられる波多さんにお話を伺いに行きました。

波多さんはとても100歳とは思えない軽やかな足取りと頭の回転の速さで
ハキハキとお話をしてくれました。
いつも目が輝いて、元気いっぱいの波多さん。
これからもどうぞお元気でいてください。

miniP1050851.jpg
(波多 壮一さん)

2つのグループが開発センターに戻ってきてから、
島内のさまざまな分野で活動されている方とお話会をひらきました。

大きなテーマは「海士町が持続可能になるためには」です。
堅いテーマですが、町内の方と参加者の方で、本当にさっくばらんに
お話しをさせていただきました。

「海士で感じる幸せ」というお題でグループに分かれて
お互いどんなことを感じているか出し合いました。
「創意工夫ができること」ー自然に近いからこそ、自然をつかってなんでも遊び方、暮らし方を工夫できる楽しさ。
「人と人のつながり、人と自然のつながりがある暮らし」ーつながりを大切に暮らしていることはとても幸せ。
海士で感じる幸せをよそからきた参加者の方が語っているのも興味深かったです。

miniP1050857.jpg

次にフィッシュボールというやり方で「幸せな未来をつくるために今から進めたいこと」というテーマで
話をしていきました。

最後には「2030年海士物語」をつくりました。
これは色んな分野「教育」「エネルギー」「食」「インフラ」「住まい方」など細かい分野ごとに
理想的な社会の具体的なイメージを出して、そこで大切とされる価値観を出していきました。
時間が短くてしっかりとイメージを描くことは出来なかったのですが、
島内の方も参加者も一緒になって考えるきっかけとなり、とても良い時間でした。

この日も夕食交流会では、大いに盛り上がって夜は更けていきました。

*****

3日目スケジュール
●定置網漁船で体験漁
●魚捌き、簡単料理タイム
●元漁労長の田仲さんにお話を伺う
●さざえカレーランチ
●全体の振り返り
●フェリーで帰港

この日は朝4:50に菱浦の旅館を出発して、崎の漁港に向かいました。

朝早く、真っ暗な海にでていく漁船はとても静かで、不思議な世界でした。

miniP1050878.jpg

真剣に作業を見つめています。
船員が協力して大きな網をたぐり寄せて、魚を一箇所に集めていきます。

miniP1050894.jpg

最後は向こう側でまっている船と合流して、魚を囲み
網からすくって、魚を船に引き揚げていきます。

この日はサメがかかっていて、魚が食べられてしまったため、量が少ないとのことでした。
自然界だからなにが起きるかわからない。
そんな日もあるんだなぁと感じました。

菱浦に戻って阿部さんの家で新鮮な魚を捌いて、刺身を食べました。
このちょっとした時間で、スタッフと参加者の距離が縮まりました。

元漁労長の話では、「仕事をする上で大切なこと」や「好きなことを仕事にするということ」
「責任感」など田仲さんが長年海を相手に仕事をし、責任者として実践し続けてきたことを
お話いただきました。

最後の振り返りのお話では、感想と海士で感じた可能性についてみんなで話をしました。
・海士には氏神様文化がまだ残っている。それは人の精神的な健康を保つ意味でもとても大切なこと。
・持続可能な取り組みに対するリアリティが感じれた。社会面は進んでいるが、自然環境の保全などはもう少し。
・とても参考になった。都会に帰って、どうやって人の価値観、社会の価値観を変えていくかをやっていきたい。

2泊3日の中で参加者が感じたことは様々で、私たちにとってもとても学びと気づきの多いツアーになりました。
こうして、参加者の方とつながれたこと。出会いに心から感謝したいです。












2011年12月 9日 14:38


miniP1050183.jpg

はで干し完了です。

稲の種まきにひたすら通った4月。
5月にみんなで田植えをし、途中機械が故障したのも記憶に新しく、
それから毎日「田んぼ当番」を順番で回して
水がなくならないかを管理して、
田んぼの周りの草刈に、田んぼの中の草抜きを行いました。

そして稲刈り準備で、えいそ(縄)づくりに、はで木組みをやって
ようやくたどり着いた稲刈り。

miniP1050158.jpg

この日は天気に恵まれて、朝から総出で頑張りました。
またまた役場の方と、地域の方のお手を借りながら2時間程で刈り終わり。

miniP1050166.jpg

バインダーで刈ったものを大きな束にしてえいそ(縄)でしばります。

隠岐自然村に新しく入ったインターン生の方も力仕事頑張ってます!
「昨日東京から隠岐に引っ越してきて、さっそく自然や地域の人と触れ合う機会があって嬉しい」
と喜んでいました。

miniP1050167.jpg

さいごに「うらすけ」をします。
干した稲の後ろからもはで木で支えて倒れないように補強です。

miniP1050182.jpg

阿部も信岡も地域の方に習って縄できつく縛っていきます。

そしてなんと
さいごのさいごに軽トラが田んぼの泥にはまってしまいました。

男たちが力の限り押してます。

あまりの勢いで前に倒れてしまったK氏。
田んぼの勲章をあげます。

miniP1050177.jpg

皆様お疲れ様でした。
そしてお手伝いいただいた隠岐自然村の皆様と地域、役場の方々に御礼申し上げます。

新米が出来上がったら、ぜひ収穫祭(試食会)やりましょう~~^^

2011年9月27日 13:49


先週の三連休に稲を干すための「はで」をたてました。

地域の方に教わりながら(というかほとんどやってもらった・・)
木と竹を組んでいきます。

最初に穴を掘って、木をさしていい具合にななめに倒します。




mini110918_142142.jpg

そのあと竹を横にして、木に結び付けて 
ズリ落ちないようにします。

ロープを使って縛っていくのですが、
このロープでの結び方に知恵がありますね。
地域の方はこれを一人で組んでいたそうで、関心しました。

通りがかった役場の方の応援もあって、なんともスピーディにできあがりました。
本当にありがとうございました。

できあがったはでに刈った稲をのせていきます。

miniP1050149.jpg

このはで組みのやり方は地域特有の珍しいものだそうです。

稲を二股にしてかけるタイプではなく、
わら束をそのまま竹の間にのせるタイプです。

ここから約一ヶ月間天日干しにします。

なので、はで干し新米の味レポートはもうしばらくお待ちください^^

2011年9月21日 11:04


miniP1040918.jpg

こんにちは。萩原です。

今日田んぼ当番なので宇受賀の巡の環の田んぼにいってきました~。

たわわに実ったお米たち。
そろそろ稲刈りが来週くらいから始まる見込み。
一斉に稲刈りがされていく風景も
秋の風物詩ですね^^

ただ台風が近づいていて稲が倒れないか心配です。
稲が倒れると機械での作業が難しくなるので、
農家さんは困ると聞きました。


miniP1040917.jpg

黄金に輝く稲たち。

青い服をきて田んぼの中に入って「ナウシカごっこ」をするとかしないとか・・。(^^;)




2011年9月 2日 14:31


こんにちは。萩原です。

私もすっかり夏らしく日焼けをいたしました。

昨日から始まっている研修のリハーサルですが、

今回はサバイバルのようなものです。

食料は自分たちで海に潜って確保。

火もライターとか使わずに手で火をおこします。

(やったことないから感動するだろうな~)

miniP1040505.jpg

青いシャツを着ているのは、東京からきているスタッフですが、

アドベンチャーキャンプに参加したので、都会の方ですが、すでに真っ黒。

海が似合いますね。

miniP1040508.jpg

 

今日は潜って、さざえやアワビなどを採りに行きました。
(漁協や地元漁師さんの許可を得て行っております)

採ったさざえはその場で殻を割って、踊り食い。

口々に「うまいっ!」の声が聞こえました。

miniP1040520.jpg

 

そのあとは社長の船にのせてもらい

豊田までクルージング。

海から海士町を眺めるとここはどこ?の景色。

映画がとれそうな雰囲気漂っています。

miniP1040529.jpg

島の色んな側面をこれからも探して行きたいな。


2011年8月10日 16:13


こんにちは。萩原です。

最近地域のおじいちゃんがつくってくれた布ぞうり。

すんごいかわいい!!

センス抜群ですね。

miniP1040114.jpg

自分でも作れるように、作り方を教えてもらっています。

四本の紐の間に布を編んでいく。

昔は小学校での上履きなどなく

ぞうりをつくってはいていたとのこと。

miniP1040119.jpgのサムネール画像

3日間くらいかかって、教えてもらいながら完成しました!

いらなくなったスカートの生地をつかいました。

自分の好きなはぎれでできるから、リサイクルにいいですね。

どんどん練習してひろめよう★

miniP1040122.jpg

 


2011年7月21日 13:55


こんにちは。萩原です。

今日は豊田地区の無人島松島にある月輪神社の祭事に参加してきました。

船に揺られて岩だらけの岸に到着。

そこからは道なき道をゆくサバイバルトレッキングとなりました。

miniP1010871.jpg

うっそうと茂る草をなたで切りながら道を作ります。

miniP1010899.jpg

急なところを登っていきます。

コケが生えているところは滑るので気をつけながら。

6人のキャラバン隊は進んでいきます。

miniP1010913.jpg

 

大きく成長した木が木陰を作ってくれます。
少しずつ平らになってきたところをズンズン進んでいくと・・・。
miniP1010916.jpg

月輪神社の祠を発見!

ここが松島の頂上にあたる場所なのです。
そう思うと意外と距離は短く感じました。

miniP1010959.jpg

お供え物を用意して、玉串奉納を行いました。

それから200年受け続かれるであろう木札を中に納めます。

江戸時代、明治、大正の札も一緒に入っています。

歴史のつながりが感じられて、とても不思議な気分になりました。

miniP1010979.jpg

豊田の区長 和泉さんも大工の棟梁として祠の修繕ができて笑顔です。

これからも末永く繁栄することをお祈りします。

 

 

 


2011年6月15日 15:53


こんにちは。萩原です。

今日武石港の奥のくらた海岸に行ってきました。
今年の夏にアウトドア研修をすることが決まったので、
下見にいってきたのです。

miniP1010533.jpg

長靴を履いて、滑らないように気をつけながら、岩場を渡っていきます。
miniP1010539.jpg

ついたら草原と石ころがある空間で、
とっても遊べそうな場所だと思いました。
ハンモックとかつけたり、昼寝が気持ちよさそうにできるとこがあったら嬉しいな。

miniP1010548.jpg

上からみたらこんな感じです。
海は澄んでいて綺麗でした。
miniP1010543.jpg

「ごみがたくさん落ちてますね」と話してたら
「ごみとみるか、素材とみるかだね~」といっていて
落ちてるもので楽器にしたり、キャンプファイヤーに使ったり
釣り道具にしたり?

知恵を絞ればなにかに使えるかもしれないですね。
リサイクルできるものはリサイクルしたいですね。


2011年5月25日 17:19


こんにちは。萩原です。

昨日田植えをしました。
今年は生産者がどのように作業して、お米がつくられるのかを
自分たちで体験して売りたいという気持ちから米づくりに挑戦します。

天気は良好。
絶好の田植え日和です。

miniP1010346.jpg

田植え機を地元の方にお借りしてスタート。

miniP1010360.jpg

普段なにげなく通っている景色ですが、中に入っていざ作業しようと思うと広く感じました。

miniP1010374.jpg

お世話になっている生産者の方に使い方を教わって、いざっ!

miniP1010379.jpg

なかなか機械を扱うのが難しいようで。

まっすぐにいかない。

miniP1010382.jpg

う~ん。曲がっています。

初心者なのでご愛嬌です。

このあと順調に進めていき、まっすぐになってきて慣れたところで
なんと機械が故障。

miniP1010383.jpg

トラクターでひっぱりあげてもらいました。

miniP1010384.jpg

なかなかはじめからそう上手くはいかないものですね。

miniP1010402.jpg

機械でできない、隅のほうは手植えを丁寧にしていきました。

 

miniP1010407.jpg 

小さめの機械をお借りして、手植えとでなんとか一日で終了しました。

これから毎日水の管理をして大切に育てていきます。

****************************

海士WebデパートへGO
今回お世話になった生産者はサンライズうづかの皆さんです。
有機米研究会をひらいたり、化学肥料を使わずにアイガモによるお米の生産をされています。

海士町の味をお試しください。(海士Webデパートのお米のページに飛びます)

http://www.ama-webdepart.com/fs/amadep/c/kome

*******************************

 


2011年5月16日 10:06


こんにちは。巡の環インターンの萩原です。
2月も中旬に入り、ますます春の気配が漂ってきましたね。

さて今日は宇受賀地区にある、宇受賀命神社のお話。

miniP2161881.jpg

ここは1000年以上も名前が変わらない、由緒ある神社で

「宇受賀命」という神様を祀っています。

地区の名前も「うづか」
祀っている神様の名前も「うづか」
神社の名前も「うづか」

という日本で唯一の神社であり、場所でもあります。

昔から変わらない伝統のお祭り「祈年祭」が
本日2月18日に行われました。

神様にお供えするもの(米、玄米、お酒、お餅、魚、さざえ、野菜、果物、塩と水)
玉串奉納など、昔から続く形で執り行われていました。

普段は作業服の生産者の皆さんも
スーツ姿で参列され、太鼓に合わせて儀式が進んでいきました。

miniP1000461.jpg

 

儀式が終わり、ちょっとしたなおらい(お疲れさん会ー飲み会)のあと

午後のフェリーで、生産者の御一行は、出雲大社へ参拝に出発されました。
出雲までいくのか~と驚いた反面。
これを毎年続けていることに感動しました。

今年も豊作、豊漁を願っています。

 

 


2011年2月18日 16:31