TOP > ニュース&プレス > 新着情報 > 【募集終了】2015年11月28日(土)AMAカフェVol.32 × 武蔵野大学生 × 崎みかん再生プロジェクト@有明




【募集終了】2015年11月28日(土)AMAカフェVol.32 × 武蔵野大学生 × 崎みかん再生プロジェクト@有明


2015年11月28日(土)
AMAカフェVol.32 × 武蔵野大学生 × 崎みかんプロジェクト
たくさんの人と一緒に、プロジェクトベースで広がる未来
 @ロハスカフェ有明
 
 
 
================================= 
 
▼AMAカフェとは
AMAカフェとは、島根県隠岐郡海士町(あまちょう)の食材を使った料理などを通して、
海士の魅力を全国にお届けし、島からの旬の食べ物や
そこに集まってくれた人たちとの出会いを楽しむ一日限定カフェです。
 
▼今回のAMAカフェの趣旨
多くの人に興味を持って頂けるようになった、人口約2300人の島、海士町。
成功事例として取り上げられるようになりつつも、
島の姿勢としては、ずっと挑戦者として、たくさんの人と共に
未来に向かってチャレンジしているところが魅力なのだと思っています。
 
今回はそんな海士町の「うまくいっている部分」ではなくて、
「まさに今、次の挑戦に向かって動いている部分」に焦点を当て、
海士の今の「取り組み」ではなく「動き方」を
一緒に共有していけるといいなと思っています。
 
具体的にいま動き始めているプロジェクトとして
崎みかん再生プロジェクト
(海士の南に位置する崎地区という集落のみかんを再生するプロジェクト)に
Iターンとして飛び込んでくださった丹後さんを
一つ目のゲストとしてお呼びしました。
 
またもう一つのプロジェクトとして、
武蔵野大学ー海士ゼミ(都会の大学生が地域とどんな風に関われるのかを探るゼミ)の
大学生たちが、全9回のゼミを通して、実際に海士にも訪れて、
ただ観光として遊びにいくだけでない島との関わり方を
模索している生の姿を、見せて頂けることになりました。
 
今回は、崎みかん再生プロジェクトと武蔵野大学ー海士ゼミの
プロジェクトの進み方も含めて、みなさんと一緒に共有していきたいと思います。
 
============================
 
▼開催日時
2015年11月28日(土)
開場 17:00 
第1部  17:30~18:15 武蔵野大学ー海士ゼミでの活動レポート
第2部  18:15〜19:00 崎みかん再生プロジェクトの挑戦
第3部 19:00〜20:00  大学生が振る舞う島料理での交流会
 
▼定員
先着60名様、お申し込み必須 
 
▼参加費
4,000円 (食事代、資料代として。交流会フリードリンク)
学生割引枠 3,000円(先着15名まで。交流会ワンドリンクのみ)
※当日、受付にてお支払いください。
 
▼会場
ロハスカフェ ARIAKE
 http://www.lohascafe-ariake.net/
 
〒135-0063 東京都江東区有明3-3-3
武蔵野大学有明キャンパス低層棟3号館2F
 
tel.03-6457-1150
 
 
▼当日の話し手
ゲスト
■丹後貴視さん(海士町役場・崎みかん再生プロジェクト)
1990年島根県雲南市生まれ。
島根県立大学卒業後、事務職として働く。
学生時代の飲食店でのアルバイトを通し、食への興味を深め、
いずれ、食に関わる仕事を・・・と、考えていた際に、
崎みかん再生プロジェクトに出会う。
特技はスイーツづくり。島内での人気も高く、町のイベントなどでも販売中。
 
崎みかん再生PJのFacebookページ
 
崎みかん再生PJの紹介スライド
 
■武蔵野大学ー海士ゼミ(総勢12名:代表から一言)
 
 環境学部と留学生1名の12名からなる海士ゼミは、
 全員が初めての海士町となりました。
 大学の先生が言った「きんにゃもにゃ」というフレーズ(島の民謡)に
 心をつかまれて参加した生徒も多いです。
 海士町から見えてくる地方の現状と日本の未来について、
 海士町に行ってきたから伝えられる
 大学生という立場から見えた物語があると思い、
 自分たちなりに模索しながら海士ゼミで学んだことを
 全力でアウトプットしてみたいと思います。
 
 自分自身の思いとしましては、
 地方の最先端を走っている海士町で学ぶことができるとは思っていませんでした。
 現在長野県の天龍村という地域に関わる中で感じていること、
 海士に実際に行ってみて感じたことを織り交ぜながら
 将来は、海士町のように地方を盛り上げる一員になりたいと思っています。
 
 武蔵野大学環境学部三年 福本明花
 
 海士ゼミの様子(灯台もと暮らしHPより)
 http://motokurashi.com/amazemi
 
■モデレーター
 信岡 良亮
 
 株式会社 巡の環 の取締役。関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、
 東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら
 大きすぎる経済の成長の先に幸せな未来がある
 イメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。
 小さな経済でこそ持続可能な未来が見えるのではないかと、
 島根県隠岐諸島の中ノ島・海士町という人口2400人弱の島に移住し、
 2008年に株式会社巡の環を仲間と共に企業。6年半の島生活を経て、
 地域活性というワードではなく、過疎を地方側だけの問題ではなく
 全ての繋がりの関係性を良くしていくという次のステップに進むため、
 2014年5月より東京に活動拠点を移し、都市と農村の新しい関係を模索中。
 
▼お問い合わせ
株式会社巡の環 担当 岡部
TEL/08514-2-1966     MAIL/ info@megurinowa.jp
 
▼お申込み方法
下記お申し込みフォームからお申し込みをお願いいたします。
※お申し込み後、お申込み完了のメールが巡の環より送信されます。
 お申込み完了のメールが届かない場合、
 info@megurinowa.jpまでお手数ですがお知らせください。
 
食材の準備の関係がございますので、
都合が悪くなりキャンセルの場合は11/22までに
上記連絡先までご連絡頂ければ幸いです。

1/22(日)【AMAカフェvol.35】お申し込みフォーム

これはA-Form Bamboo for MovableType 評価版です