TOP > ニュース&プレス > イベントのお知らせ > 12月11日 海士と大地の守人の対話 行います




12月11日 海士と大地の守人の対話 行います


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ●海士と大地の守人の対話   「地域活性」×「一次産業」 = 残したいものを自分たちで守るために   -------------------------------------------------------------------                 12月11日(土)16:00~18:00 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 12月11日(土)16時~18時 地域活性の先端地の1つである「海士町長 山内道雄さん」と 有機野菜の流通で有名な「大地を守る会 会長 藤田和芳さん」との 対談を、Ustreamを用いて生放送で島からお届けします。 テーマは 【「地域活性」×「一次産業」 = 残したいものを自分たちで守るために】 詳細はこちらから。 http://megurinowa.jp/amatodaichi/ 島という小さな場所から、でも全部が詰まった現場で 最前線のお二人の話が聴ける時間にします。 海士に関わるいろいろな人との繋がりをリアルタイムで結べる、 そんなイベントになるよう頑張りますので ご参加および応援よろしくお願いいたします。 今回の参加形態、楽しみ方のご紹介がありますので、 ぜひ下までお読みください。 ┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... ┃1 ┃このイベントは楽しみ方、いろいろです! ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... お申し込み、詳細はこちら。 http://www.megurinowa.jp/amatodaichi/join/ ●ツアーに参加する。 藤田さんと島で2泊3日を一緒に過ごす(12月10日~12日まで) 藤田さんと2泊3日一緒に島を回る貴重なツアーにご参加しませんか? 応募締切:11月30日 ●賛同カフェでみんなで盛り上がる。 サッカー観戦のようにパブリックビューイングで 賛同店舗にてご覧になっていただけます。 各店舗ごとに海士の食材を味わっていただいたり 語り合うイベントを企画してくれております。 http://megurinowa.jp/amatodaichi/shop/ 賛同店舗もまだまだ募集しております。 また、カフェ側にコーディネーターとして入ってくれる ボランティアスタッフも大募集しております。 ●海士の食材をつかって、ホームパーティを楽しむ。 CASシステムで有名な 第三セクター「ふるさと海士」が運営する「島風生活」や 株式会社 巡の環が運営する「海士webデパート」などから インターネットで島の食材をご購入いただけます。 せっかくの機会に島の食材を友人たちと取り寄せて、 島の話を、島の恵みを食べながら聴いて語らう時間を過ごしてみませんか? 「島風生活」http://www.shimakazelife.com/ 「海士webデパート」http://www.ama-webdepart.com/ ●家でLIVE配信にて楽しむ。 島に直接は来れない方も、対談の様子をパソコンで観ることが可能です。 ●Twitterにて、当日の生放送に、ぜひコメントしてください。 対談用のハッシュタグ「#amatodaichi」をつけてつぶやいていただければ 当日、島内の対談会場にて、そのつぶやきの様子を島にもフィードバックします。 ┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... ┃2 ┃藤田和芳さんについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... 「大地を守る会」をご存知でしょうか? 藤田さんは、日本で最初に有機野菜の個別宅配を始めた「大地を守る会」の会長をされており、100万人のキャンドルナイトの代表幹事でもあります。社会起業家としても注目されており、2010年シュワブ財団の第2回「Socila Enterpreneur Of the Year」の審査員特別賞を受賞しています。 「Socila Enterpreneur Of the Year」についてhttp://center.isl.gr.jp/seoy/ 大地を守る会http//www.daichi.or.jp/ 100万人のキャンドルナイトhttp://www.candle-night.org/jp/ 正式なプロフィールはこちら↓ 大地を守る会会長、株式会社大地を守る会代表取締役。 1947年岩手県生まれ。出版社勤務を経て、1975年に有機農業普及のNGO「大地を守る会」設立に参画。1977年には、大地を守る会の流通部門として、社会的企業のさきがけとなる「株式会社大地」(現・株式会社大地を守る会)設立。有機農業運動をはじめ、食糧、環境、エネルギー、教育などの諸問題に対しても積極的な活動を展開している。 韓国、タイ、インドネシア、中国、モンゴル、パレスチナ、ドイツ、スペインなどへも度々訪れ、アジアを中心に、世界各国の農民との連携を深めている。1980年、「全国学校給食を考える会」設立に参画、事務局長に就任。 1993年、農林水産業の復権を目指し活動する全国ネットワーク「DEVANDA(でばんだ)」設立に伴い、その代表に就任。94年秋より、「国産のものを食べよう」「市民の手で、コメ、麦、大豆の自給を進めよう」と提案する「THAT'S(ザッツ)国産」運動を行なっている。 2003年から、夏至と冬至の年2回、電気を消してキャンドルを灯し、ゆっくりした時間を過ごそうとよびかける「100万人のキャンドルナイト」、 2005年からは、できるだけ近くでとれたものを食べようとよびかける「フードマイレージ・キャンペーン」に取り組んでいる。 現在、「100万人のキャンドルナイト」よびかけ人代表、DEVANDA代表、アジア農民元気大学理事長、全国学校給食を考える会顧問などを兼任。 著書 『いのちと暮らしを守る株式会社』(共著:学陽書房)    『農業の出番だ!「THAT'S(ザッツ)国産」運動のすすめ』(ダイヤモンド社)    『ダイコン一本からの革命』(工作舎) ┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... ┃3 ┃山内道雄さんについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... 島根県海士町長。1938年海士町生まれ。海士町議、同議長を経て、2002年海士町長に初当選し、現在3期目。民間企業(NTT)での経験を生かした大胆な行財政改革と産業創出策で、島の生き残りを目指して奮戦中である。 著書 『離島発 生き残るための10の戦略』(NHK出版) ┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... ┃4 ┃海士(あま)町とは ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...... 島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の一つの島(町)。後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残る一方、島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。 現在人口は約2400人。年間に生まれる子ども約10人。人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行政改革と産業創出、人づくりによって注目される島となる。 町長は給与50%カット、課長級は30%カット(公務員の給与水準としては当時全国最低となる)。その資金を元手に最新の冷凍技術を導入。海産物のブランド化により全国の食卓を始め、海外へも展開する「(株)ふるさと海士」。農業特区を取って、新たに肉牛の業界に参入し、松坂牛に匹敵するレベルと評価されて幻の肉として知られるようになった「隠岐牛」。 この5年間で200人以上のIターン者を全国から受け入れるなど、新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしのモデルとして全国の自治体や国、研究機関などから注目を集めています。 海士町HP http://www.town.ama.shimane.jp/ 海士町の情報サイトhttp://ama-sns.net/amana/