TOP > ニュース&プレス > イベントのお知らせ > 2016年8月27日(土) 家入一真さん×AMAカフェvol34@東京・竹橋




2016年8月27日(土) 家入一真さん×AMAカフェvol34@東京・竹橋


家入一真さん×AMAカフェvol.34

「地域で小さな物語の集積をつくろう」

家入さん.jpg


▼AMAカフェとは
AMAカフェとは、島根県隠岐郡海士町(あまちょう)の食材を使った料理などを通して、
海士の魅力を全国にお届けし、島からの旬の食べ物や
そこに集まってくれた人たちとの出会いを楽しむ一日限定カフェです。


▼趣旨

毎回、いろんなテーマや企画で開催しているAMAカフェですが、
今回は、ゲストスピーカーに、
 
『地域×クラウドファウンディング』などで活躍中の
CAMPFIREというサイトの運営をされている
家入一真さんをお迎えして
 
「小さな物語をどんどん生み出す」ということについて、島という視点を交えて
海士町の株式会社
巡の環の取締役、信岡とでトークセッションを行います。
 
 
その後は、その話を聴いていただいた皆様と、
島の食材を使っての交流会をさせていただければと思います。
 
たくさんの方のご参加、お待ちしております。


▼開催日時
2016年8月27日(土)
開場 16:30
第1部 17:00~18:30  家入さんとトークセッション
第2部 18:40~20:30  島のご飯で交流会

▼定員
先着40名様、お申し込み必須

▼参加費
4,000円 (食事代、資料代として。交流会フリードリンク)
※当日、受付にてお支払いください。

▼会場
千代田プラットフォームスクエア内のカフェ「しまゆし」

050-5783-1849
〒101-0054  東京都千代田区神田錦町3-21 1F



▼当日の話し手
■株式会社CAMPFIRE  代表取締役 家入一真さん


1978年、福岡県生まれ。デザイン会社、コンピューターシステム会社にてウェブデザインの技術を習得。2001年に合資会社マダメ企画を設立し、自宅で低価格レンタルサーバー「ロリポップ!」を立ち上げる。2003年に有限会社paperboy&co.を設立し、代表取締役に就任。2004年3月に株式会社化し、本社を福岡から東京に移す。2008年12月にジャスダック証券取引所に上場し、当時、同市場の最年少社長となる。その後、代表取締役CCOを経て、2010年3月に取締役に就任。同年4月にカフェ・レストラン事業を手がける株式会社パーティカンパニーを設立し、代表取締役に就任。2011年1月に株式会社ハイパーインターネッツを設立し、代表取締役に就任。クラウドファンディング型のプラットフォーム「CAMPFIRE」を立ち上げ。

家入さん(小).jpg

■株式会社巡の環 取締役・株式会社アスノオト 代表取締役 信岡良亮

株式会社巡の環 取締役。関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら、大きすぎる経済の成長の先に幸せな未来があるイメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。小さな経済でこそ持続可能な未来が見えるのではないかと、島根県隠岐諸島の中ノ島・海士町という人口2400人弱の島に移住し、2008年に株式会社巡の環を仲間と共に企業。6年半の島生活を経て、地域活性というワードではなく、過疎を地方側だけの問題ではなく全ての繋がりの関係性を良くしていくという次のステップに進むため、2014年5月より東京に活動拠点を移し、都市と農村の新しい関係を模索中。2015年5月株式会社アスノオト創業。

13900428_726560570819874_66739119_n.jpg


▼申し込み締め切り
8月22日
※以降のご参加希望についてはinfo@megurinowa.jpへお問い合わせください。

▼キャンセルについて
食材の準備の関係がございますので、
都合が悪くなりキャンセルの場合は8/22までに
上記連絡先までご連絡頂ければ幸いです。

▼海士町とは
島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の一つの島であり町である。
後鳥羽上皇がご配流になられた遠流の島としても有名で、
神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残っており、
また島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島である。
現在人口は2373人(2013年10月末現在)。年間に生まれる子どもの数約10人。
人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。

人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行財政改革と産業創出によって、
今や日本で最も注目される島の一つとなる。
町長は給与50%カット、課長級は30%カット。
公務員の給与水準としては全国最低となる(2005年度)。
その資金を元手に最新の冷凍技術CASを導入。海産物のブランド化により全国の食卓をはじめ、
海外へも展開する。

産業振興による雇用拡大や島外との積極的な交流により、
2004年から2013年の10年間には294世帯437人のIターン(移住者)、
204人のUターン(帰郷者)が生まれ、島の全人口の20%を占める。
新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、
まちおこしのモデルとして全国の自治体や国、研究機関などからの注目を集めている。

▼主催・共催
主催:株式会社巡の環


▼お問い合わせ
株式会社巡の環 担当 角
TEL/08514-2-1966 MAIL/ info@megurinowa.jp

▼お申込み方法
下記お申し込みフォームからお申し込みをお願いいたします。
※お申し込み後、お申込み完了のメールが巡の環より送信されます。
お申込み完了のメールが届かない場合、
info@megurinowa.jpまでお手数ですがお知らせください。


8/27(土)【AMAカフェvol.34】お申し込みフォーム

これはA-Form Bamboo for MovableType 評価版です