TOP > ニュース&プレス > イベントのお知らせ > AMAカフェ@奄美大島 開催!!




AMAカフェ@奄美大島 開催!!


     ☆AMA×AMAMIのステキな時間を☆ ☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★          AMAカフェ @奄美大島        -2010.10.23(土)開催!- ☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★ 島根県隠岐郡海士町(あまちょう)の食材を使ったお料理や 音楽などを通して、海士の魅力を全国にお届けし、 旬の食べ物やそこに集まってくれた人たちとの出会いを 楽しむAMAカフェ。 今年度、第4回目となるAMAカフェは 海士から遠く離れた琉球列島の一つ、 奄美大島で行います! 目に飛び込む景色が赤、青、黄色と色鮮やかな 南国の空気に包まれた、南の島・奄美大島。 AMAとAMAMI。 名前は似ているけれども 自然環境や文化のまったく異なる 二つの島が織り成すAMAカフェに ぜひ遊びに来てくださいね♪ 会場は「NPO法人まちいろ」が運営する 奄美市の商店街・アーケード通りにある「まち色カフェ」。 商店街の活性化を目指して日々頑張っています! http://blog.machi-irocafe.com/ AMAカフェ当日は東京在住の写真家・伊藤菜衣子さんが 撮影した海士の美しい写真を展示します♪ メインであるお料理は 海士の食材と奄美の食材を使ったオリジナル料理となります。 どんなメニューが出てくるのかお楽しみに♪ そして、今回もナチュラル音楽家・入江規夫さんが 東京から駆けつけてくださいます。 入江規夫さんの夜のライブには 「海士×奄美」料理の他、海士の地酒もお出しします♪ 日本海の離島と南国の離島のコラボレーションを ぜひ味わいに来てくださいね^^ ============================= ☆開催日:2010.10.23(土) ☆内容: ■11:30~14:00:ランチタイム  ♭海士の食材と奄美の食材を使ったワンプレートランチを   お出しします。 ■14:00~17:00:カフェタイム  ♯海士で昔から飲まれている島のハーブティー「ふくぎ茶」などを   お出しします。 ■18:00~20:00:ライブタイム  ※先着30名!! 要参加費:3,500円  ♪ナチュラル音楽家・入江規夫さんが東京から駆けつけてくださいます!  ライブの時間は音楽を楽しみながら  「海士×奄美」料理や海士の地酒等を堪能していただきます。 ◇当日は東京在住の写真家・伊藤菜衣子さんが撮影した  海士の美しい写真を店内に展示いたします。 ☆参加費: ■11:30~17:00のランチタイム、カフェタイムは参加費は不要です。  オーダーしていただいたメニューのお代金だけいただきます。 ■18:00~20:00の生ライブはお1人様3,500円を参加費として頂戴いたします。  ただし、先着30名様限定!! ☆お問い合わせ先:株式会社巡の環(めぐりのわ) 叶(かのう)まで   →08514-2-1966     kano@megurinowa.jp ☆場所:まち色カフェ      http://blog.machi-irocafe.com/            住所/鹿児島県奄美市名瀬末広町9-10       ※奄美市商店街・アーケード通り内。        市役所近くの入り口から入ってすぐの左手。        三洋スポーツ真向かい。 ┏━━━━━━━━━┓      AMAカフェとは? ┗━━━━━━━━━┛ 島根県隠岐郡海士町(あまちょう)の魅力を 全国に伝えるべく、 海士の食材を使った料理や音楽などを通して 楽しみながら海士町のことを知ってもらうPRイベントです。 全国に海士ファンが増えることを目指しています! ┏━━━━━━━━━┓      海士(あま)町とは? ┗━━━━━━━━━┛ 島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の 一つの島(町)。後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、 神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残る一方、島すべてが 国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。 現在人口は約2400人。年間に生まれる子ども約10人。 人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。 人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行政改革と 産業創出、人づくりによって今や日本で最も注目される島となる。 町長は給与50%カット、課長級は30%カット(公務員の給与水準としては 当時全国最低となる)。その資金を元手に最新の冷凍技術を導入。海産物の ブランド化により全国の食卓を始め、海外へも展開する「(株)ふるさと海士」。 農業特区を取って、新たに肉牛の業界に参入し、松坂牛に匹敵する レベルと評価されて幻の肉として知られるようになった「隠岐牛」。 この5年間で200人以上のIターン者を全国から受け入れるなど、 新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしの モデルとして全国の自治体や国、研究機関などから注目を集めています。 海士町HP http://www.town.ama.shimane.jp/ 海士町の情報サイト http://ama-sns.net/amana/ ☆AMAカフェ運営事務局:株式会社巡の環(めぐりのわ) 住所/島根県隠岐郡海士町大字海士1508-8    TEL・FAX/08514-2-1966  担当/叶雅美(E-MAIL:kano@megurinowa.jp)