TOP > ニュース&プレス > イベントのお知らせ > 2/8(日) AMAカフェ vol.28 × ソトコト副編集長と海士の観光協会と一緒に楽しむ「島旅 企画 会議」@東京




2/8(日) AMAカフェ vol.28 × ソトコト副編集長と海士の観光協会と一緒に楽しむ「島旅 企画 会議」@東京


 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015.2.8(日)開催!!╋
 
  AMAカフェ vol.28
 
     ソトコト副編集長と海士の観光協会と一緒に楽しむ
     AMAカフェ × 島旅 企画 会議 @ 東京
 
    ー  島旅は、裏事情こみで楽しもう    ー
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 
 
 
 
DSCF5335.JPG P1014056.JPG
IMGP0116.JPG IMGP0130.JPG
 
 
 
AMAカフェとは、島根県隠岐郡海士町(あまちょう)の
食材を使った料理などを通して、海士の魅力を全国にお届けし、
島からの旬の食べ物やそこに集まってくれた人たちとの出会いを
楽しむ一日限定カフェです。
 
毎回、いろんなテーマや企画で開催しているAMAカフェですが、
 
今回は、ゲストに海士町観光協会にIターンして8年目の
青山敦士さんと、ソトコト副編集長の小西威史さんをお呼びして
 
田舎に旅するときの味わい方を探る会議を行います。
 
近頃、地方や田舎といった言葉が身近に溢れるようになり、
いろんな場所に出かける方も増えて来たと思います。
 
最近私自身も、いろんなところに呼んで頂いたりして、
いろんな田舎に出会うことが増えてきたのですが、
昔よりもずっと、島に暮らしてみると
田舎を見る目が育ってきて、楽しみ方が増えて来たことを感じます。
 
田舎を旅して一番楽しいのは、実はその土地に詳しい
知り合いにいろいろ紹介してもらうことだなと思うのですが、
 
実際にはまだ多くの人が、旅行雑誌かインターネットの情報だけで
田舎と出会っている。なんともったいない。
 
田舎の魅力を語れる人も、田舎の魅力に触れたい人も
溢れてくる未来を感じるなかで、
どうすればそんな二つがもっと出会って、
田舎と都会の楽しい繋がりが出来るようになるか。
 
そんなことをみなさんと一緒に
ソトコトの小西さんと、海士町観光協会の青山さんとの話を
聞きながら考えていくような時間にしてみたいと思います。
 
(会場のみなさんと一緒に未来の島旅を考える
 ワークショップのような時間も想定しています)
 
 
その後は、その話を聴いていただいた皆様と、
島の食材を使っての交流会をさせていただければと思います。
 
たくさんの方のご参加、お待ちしております。
 
※申し込み必須です。
 
 
【AMAカフェ実施概要】
 
 
 ●日 時:2015.2.8(日)
  16:30 開場/17:00 開始/
    19:00 夕食/20:30 終了
 
  ※17:00からがトークイベントで、
   19:00からが夕食交流会を行う予定です。
 
 
 ●会 場:
   「会話・想像・行動が生まれる場所」TIPS
   http://tips.smrj.go.jp/
   東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル6F 662区
  TEL 03-6202-9577
 
  ※中小機構が運営する、多様な人との「出会い」や「つながり」を通じて
   新しいアイディアを「共創」する場です。
   地域」や「イノベーション」などをテーマに活動していきます。
 
 
 ●当日の話し手
 
 
【小西威史 雑誌「ソトコト」副編集長)】
 
  http://www.sotokoto.net/
 
月刊ソトコト副編集長。1968年兵庫県生まれ。92年神戸新聞社入社。社会部記者などを経て、98年退社。
同年、動物写真家を目指し、ケニアへ移住。ナイロビを拠点に活動し、2002年帰国。
編集プロダクションであるトド・プレスに入社後、月刊ソトコト編集部に配属。
ソトコトのテーマである「環境」を軸に、地域の暮らしを楽しくするような取り組みの取材や、
離島の活動を紹介する連載などを担当している。
 
 
【青山敦士 (海士町観光協会職員・株式会社島ファクトリー代表取締役)】
 
  http://oki-ama.org/
 
 一般社団法人海士町観光協会職員。観光協会の子会社「株式会社島ファクトリー」の代表取締役。
 北海道札幌出身。東京都内の大学を卒業後、在学中の旅行がきっかけとなって、
 海士町観光協会へ就職。観光協会では島の小さな宿「島宿」のブランド化に取り組む。
 2013年には観光協会から分社化をした「株式会社島ファクトリー」を立ち上げ、
 宿泊施設のシーツや浴衣などのリネンサプライ業を島内で取組む。
 また「島会議」というテーマを掲げて人が集うシンポジウム型のイベントを企画し、
 2014年度には6回の開催を予定している。
 
 
 
 【信岡 良亮 (株式会社巡の環 取締役)】
 
  http://megurinowa.jp/
 
 株式会社 巡の環 の取締役。関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、
 東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら
 大きすぎる経済の成長の先に幸せな未来がある
 イメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。
 小さな経済でこそ持続可能な未来が見えるのではないかと、
 島根県隠岐諸島の中ノ島・海士町という人口2400人弱の島に移住し、
 2008年に株式会社巡の環を仲間と共に企業。6年半の島生活を経て、
 地域活性というワードではなく、過疎を地方側だけの問題ではなく
 全ての繋がりの関係性を良くしていくという次のステップに進むため、
 2014年5月より東京に活動拠点を移し、都市と農村の新しい関係を模索中。
 
 
 ●プログラム(予定)
 
    16:30 開場
    17:00 島旅の楽しみ方と未来に向けてのトークセッション
    18:00 みなさんと一緒に戦略会議
    19:00 夕食交流会
    20:30 終了
  
 
 ●募集定員:先着40名様、お申し込み必須
 
 
 ●参加費:4,000円 (食事代込み)
   ※当日、受付にてお支払いください。
 
 ●主 催:株式会社 巡の環  http://www.megurinowa.jp/
 
 ●お問い合わせ:株式会社巡の環 信岡(信岡)
   TEL/08514-2-1966     MAIL/ info@megurinowa.jp
 
 ●申し込み方法:下記「お申し込みフォーム」からお申し込みをお願いいたします。
 
 
 
【海士町とは】
 
島根県の北60キロ、日本海に 浮かぶ隠岐諸島の中の
一つの島(町)。後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、
神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残る一方、島すべてが
国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。
 
現在人口は約2300人。年間 に生まれる子ども約10人。
人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。
 
人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行政改革と
産業創出、人づくりによって今や日本で最も注目される島となる。
 
町長は給与50%カット、課長 級は30%カット(公務員の給与水準としては
当時全国最低となる)。その資金を元手に最新の冷凍技術を導入。海産物の
ブランド化により全国の食卓を始め、海外へも展開する「(株)ふるさと海士」。
 
農業特区を取って、新たに肉牛の業界に参入し、松坂牛に匹敵する
レベルと評価されて幻の肉として知られるようになった「隠岐牛」。
この6年間で300人以上のIターン者を全国から受け入れるなど、
 
新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしの
モデルとして全国の自治体や国、研究機関などから注目を集めています。
 
海士町HP http://www.town.ama.shimane.jp/
  海士町の情報サイト http://oki-ama.org/
 
 
10/31(土)【AMAカフェvol.31】お申し込みフォーム
10月27日をもって受付を終了しました。キャンセル待ち等に関しましては、info@megurinowa.jpまでお問い合わせください。

これはA-Form Bamboo for MovableType 評価版です