TOP > ニュース&プレス > イベントのお知らせ > AMAカフェ@オールスターズ 終了レポート




AMAカフェ@オールスターズ 終了レポート


11月3日
東京のアーキテクトカフェ汐留
http://www.architectcafe.com/shop/shiodome.html
にて行われた
海士カフェ@オールスターズが無事に終わりました。


定員70名のところ、キャンセル待ちも出るという、
申し訳なくもありがたい結果で
海士から20名ほど、東京側で手伝ってくれた人、お店のスタッフの方とあわせると、
総勢100名のイベントとなりました。



島からのスタッフとして
教育委員会の課長や地元企業の社長様、歌と踊りと料理の達人の方々、Iターンで活躍する若者、
島で育った漁師の方などが参加。

また参加者として高校生から70代の方まで、
行政・教育・飲食・メーカー・音楽・マスコミ・学生などなど幅広い層が集まってくださっていました。


遠く離れたこの幅広い人々の交流ができ、

助けてくださった島側のスタッフの方々、
貴重な時間を割いてご参加下さった参加者のみなさまのおかげで、

オールスターズと題した企画として恥じないものとなりました。

第1部の14時から17時半までは、
CASのいわがきや隠岐牛の試食だしながら、海士町の取り組みのプレゼンや、
「行政」「教育」「農業」「漁業」「観光・商品開発」「くらし・Iターン」といったトピックでグループ討論を
行いました。
町長も応援に駆けつけてくださり、グループ討論では「島の方の熱い想いに触れれた」という
嬉しいコメントもいただけました。





第2部では、18時から21時まで海士から用意した食材で海士のお母さん方が調理してくださった料理にて
会場のみなさまをおもてなしすることができました。

わざわざ今回のために、自分たちで山に入ってとってきた山ブドウでジャムをつくってくれたり、
とにかく来ていただける方においしいものを食べていただこうと一生懸命準備をしてくださっていました。
海士の日常で食べる料理をみなさんに味わっていただきました。




乾杯には、海士のお米と名水百選の水でつくったお酒を提供しましたが、
このお米を作っている農家さんもその場にいたので、本当に顔の見える食事になりました。

交流会の終盤では、海士の民謡・踊りの披露があり、最後には、海士の「キンニャモニャ踊り」を全員で踊りました。
しゃもじを持ちながら、はっぴを着た海士の先生をみながら、100人が踊る。
会場全体が楽しく一体感をもてる時間を過ごすことができました。




手伝ってくださった島の方々、ご参加下さった参加者の方々の両方から
「次はいつあるのか?」「またやる時はぜひ声をかけてほしい」と
ご声援いただけるイベントが出来たこと、

心より感謝いたします。